menu

成長ホルモンの分泌も!美肌とヒップアップに効く「ゆるゆるスクワット」5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまでも今のスタイルをキープしたい!でも運動は苦手だし、毎日ハードにやるのって続かなさそう……そんな女性におすすめなのが、ゆるスクワットです。ゆるゆるのスクワットでも、続ければ成長ホルモンの分泌を促し、アンチエイジングに役立ちます!足の筋肉を使うスクワットならば完璧だそう!美肌をキープしたい人にもぴったりです。
筋トレが苦手な女性は、ゆるスクワットで美貌をキープしましょう!

スクワット 気合

しかし、どうしてスクワットは体にいいのでしょうか。
まず、成長ホルモンの分泌が促されます。肌細胞の再生や筋肉量の増加、脂肪の分解を促してくれるので、いいことづくめ!また、体を動かすとテトロステロンが分泌されるのでやる気もアップするでしょう。ポジティブな気持ちになりたい女性にもぴったり!

 

ビギナーにおすすめ!初心者向けゆるスクワット

太もも ほっそり

スクワットがあまり得意ではないという人は、簡単なものから始めてみましょう。

①椅子に座る直前でストップ!ゆるゆるスクワット

椅子をつかったスクワットです。お尻と太ももを使うので、ヒップアップにも役立ちます!
まず、両手を前に伸ばして立ちます。背筋は伸ばしましょう。つま先は開かず、膝と共に前の方向に向きます。足は腰幅に開きましょう。

次に、息を吸いながら椅子スレスレのところまでお尻を下げます。そして、座る直前でフリーズしましょう。横から見て、すねと体幹(体の中心軸)が並行になっているようにします。そして、息を吐きながらゆっくりお尻を上げていき、膝が伸びきる前に再びお尻を下げます。この動きを10回ほど繰り返してみましょう。お尻を後ろに突き出すように下げていくのがポイントです。

②椅子の背を使うゆるゆるスクワット

今度は、椅子の後ろ側に立ちましょう。そして、両手で椅子の背を持って立ちます。両足は腰幅くらいに開きましょう。つま先は開かず、前を向かせます。

その後は、息を吸いながらお尻を下げていきます。ももの裏側を床に近付けていくようなイメージです。この時にも、すねと体幹が並行になるのを意識して!そして息を吐きながら、お尻をゆっくり上げていきましょう。膝を伸ばしきる前に、またお尻を下げます。これを10回ほど繰り返しましょう。

 

こちらも挑戦して!スタンダードなスクワット

慣れてきたら、椅子なしでもできるスクワットにしてみましょう。筋肉への負荷が高まり、成長ホルモンの分泌が高まります。

①スタンダードなスクワット

両手を前に出して立ちます。背筋は伸ばして、つま先は前にしましょう。そのまま、お尻を下げてももの裏側を床に近付けるイメージで腰を下ろします。息を吸いながらやりましょう。

その後、息を吐きながらお尻を上げていき、膝を伸ばしきるまえに、再び腰を下げていきます。これを10回やりましょう。

なお、膝を内側に入れて「内股」の状態にならないようにしましょう。X脚の人は気を付けて下さい。間違ったポーズで続けると、膝の関節が悪くなることがあります。

 

②内ももの筋肉を鍛えられるサイドランジスクワット

太ももの内側の筋肉を伸び縮みさせて、お尻もキュッと持ち上げましょう。
今度は両足を大きく開きます。そして、体を軽く前に倒します。背中は丸めず、伸ばしましょう。

次に、お尻を突き出しながら下げていきます。体の軸はまっすぐにしたまま、息を吸い、お尻を左に突き出して下げていきます。左尻を下げながら、右足は伸ばしていきましょう。スピードスケートのようなポーズになります。息を吐きながら、今度は右尻を同じように突き出して下げていきましょう。これを左右5回ずつやっていきます。

体全体を倒さないように注意しながらやりましょう。

既に体ができあがっている女性向けスクワット

 

上級者向けのスクワット

内ももを鍛えたい女性にやってほしい!ワイドスクワット

衰えがちな内ももの筋肉を鍛えたい女性におすすめの、上級者向けスクワットです。
腰幅の1.5倍を目安にして、足を大きく開きましょう。つま先は前ではなく、外側に開きましょう。両手は正面に伸ばします。

次に、内ももを意識してお尻を下げていきましょう。息を吸いながらお尻を下げ、桃の裏と床を水平に近付けていきます。次に息を吐きながらお尻を上げていき、膝を伸ばしきる前にまた下げていきます。この時に、膝は内側に入れないようにしましょう。

 

まとめ

ヒップアップ

ヒップアップにも効果的!血行も良くなって肌もきれいになります。お肌が荒れている人は、食生活を改善したりサプリメントを飲んだりするのもいいですが、スクワットをすることで劇的に肌調子が変わるかも!

ただし無理をしすぎず、できるものから始めていきましょう。太ももやお尻の筋肉を意識しながら、体を作っていきます。体の引き締め効果があるのはもちろん、疲れにくい体にもなれます。疲れやすい女性にはまさにぴったり!「最近体力が落ちてきちゃった」という女性は、場所をとらずにすぐできるスクワットを始めてみて下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)