menu

たったこれだけで痩せる!?腹式呼吸とおなかさすりで奇跡のウエストダウン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをしてもなんだかお腹がぽっこりしている。でもこれって、便秘のせいじゃないような……それはもしかしたら、お腹の深いところにある筋肉「深層筋」の腹横筋がこわばっているからかもしれません。この筋肉は、内臓をぐるりと囲んでいます。正しい姿勢をキープするには欠かせない筋肉ともされています。

 

「深層筋」を使うのはこんなに大事!

腹式呼吸 理想

ここの筋肉がこわばると、姿勢はだんだんと前かがみになります。呼吸は浅めになり、動きもだんだん小さくなるでしょう。血の巡りも自然と悪くなり、代謝もダウン。太りやすい体質になってしまうのです。下腹が特に出やすくなり、便秘にもなりやすくなります。

それでは、こちらの筋肉をやわらかくすればどうなるのでしょうか?まず、姿勢が正しいところでキープできるので、自然と下腹も引き締まります。呼吸も深くできるようになり、血行やリンパの巡りも良くなります。代謝もアップして、自然と痩せやすい体質になるでしょう。

 

「深層筋」のセルフチェック方法

腹式呼吸 セルフ

でも、筋肉のこわばりは自分でもなかなかチェックしにくいもの。では、どうしたらチェックできるのでしょうか。
まず、腹式呼吸で確かめます。お腹が動くところと、反対に動きにくい部分をセルフチェックしていきます。お腹がまんべんなく動くようならばOK!おへその上も下もしっかり確認するのが大事です。

それでは、まず腹式呼吸をしましょう。お腹に両方の手を当てて、鼻から息を吸いこみます。おへその上、おへその下とそれぞれに手を置いて、動くかどうかを確かめましょう。息を吸う時に肩が動いていたらダメ。また、体に力を入れないようにしましょう。

息を吐く時には、口から吐くようにします。お腹に手を当てたまま、フーッと息を吐き出しましょう。背筋はピシッと伸ばしたままにします。お腹がぺこっとへっこむ人は、筋肉がやわらかい証拠です。へこまない人は、おそらく筋肉がこわばっています。

どこの筋肉も動かない人は、もしかしたらお腹の筋肉全体がかたくなっているのかもしれません。運動不足の人やデスクワークがメインの人、猫背になりがちな人はこの傾向が高いでしょう。

 

腹筋を柔らかくするための2つのトレーニング!

腹式呼吸 リラックス

お腹をさすりがら腹式呼吸!こわばりをほぐそう!

さて、そんなお腹の筋肉がカチカチでお悩みの女性のためにおすすめなのが、腹式呼吸です。しかも、お腹をさわりながら行う腹式呼吸がおすすめ!寝転がってやれるので、お疲れの女性にもおすすめです。

やり方は簡単。まず、横になってお腹の上に手をあてがいます。へその右と左にそれぞれの手を置くようにしましょう。鼻から息を吸いこみます。お腹のあたりに意識を集中しながら、ゆっくりとお腹に空気を入れていきましょう。お腹のあたりを意識するのが難しいというのなら、手に意識を集中させるとうまくいきます。息を吸う時には、ゆっくり時間をかけて行いましょう。

次に、お腹に手を当てたまま、5秒で息を吐ききります。口から少しずつ息を吐くようにしましょう。この行動を、3回から6回を1セットとして、2セットから6セットはやるとウエストのくびれが復活する!と言われています。

腹筋を縦にさするマッサージに挑戦!

お腹をさする腹式呼吸と同じくらいやってほしいのが、腹筋を縦にさするマッサージです。まず、こちらのマッサージをする時にも寝転びます。脱力して、お腹の上に手のひらを乗せます。痛くない程度にお腹をプッシュしましょう。そして、お腹を上下にさすります。これを10回以上はやりましょう。

次に、お腹に力を込めて同じように腹をさすります。軽くで構いませんが、力を入れてお腹をへこませます。また上下にさすりましょう。これも10回以上行います。

なお、痛いくらいお腹をさするのはNGです。また、指先ではなく手のひらでさするのがコツです。

ついでにやりたい!便秘改善のマッサージ!

便秘の女性についでに試してほしいのは、お腹をまるくさするマッサージです。腹式呼吸が苦手な人も、ぜひ試してみて下さいね。

まず、利き手を下にして両手を重ねます。お腹に力は入れないで、背筋は伸ばして立ちます。そしてお腹の上を両手で大きく、時計回りに10回ほどさすります。次に、お腹をへこませるように力を入れます。これで同じように時計回りに10回ほど大きくさすりましょう。この一連の動きを1セットとして、1日2セットから6セットやるようにします。

腹横筋を鍛える3・3・7拍子エクササイズ

腹横筋を鍛えたい女性は、簡単なエクササイズに挑戦してみてはいかが?
こちらも簡単!3・3・7拍子のリズムに合わせて、息を吐きながらマッサージします。両手をおへその横に置き、3拍子に合わせてお腹をさすります。合計6回ほどお腹をさすりましょう。そして7拍子のリズムに合わせて、息を吐き続けます。お腹に手を当てたまま、意識を集中させて7秒以上かけながら、ゆっくり息がはければ成功です!

 

まとめ

腹式呼吸だけでも、腹筋をほぐして鍛えることはできます!体をリラックスさせながら、筋肉のこわばりはほぐしましょう。そして、鍛えるべきポイントはしっかり鍛えるようにしましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)