menu

これだけで痩せられる!背伸びで姿勢を良くして、痩せ体質になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い時間デスクワークをしていたり、スマートフォンをいじっていたりすると、背筋は丸まってお腹もゆるんできてしまうこと、知っていましたか?悪い姿勢は太りやすくなるもとです。でも、背伸びをするだけで痩せやすい体になれるのです!

 

なぜ、姿勢が悪くなると太りやすくなるのか?

でも、姿勢が悪いと太りやすくなるのはなぜでしょうか?それは、姿勢の悪さのせいで体幹が縮んでしまうから。体幹が縮んでしまうと、肩や股関節の可動域も狭まります。大きく動かすこともできません。そのせいで、その周辺は老廃物が溜まりやすくなり、二の腕や肩のまわり、お尻には脂肪がつきやすくなるのです。また、体幹ではなく下半身の筋肉だけを使って歩いていると、足が太くなりやすいそう!また、背中を丸めて歩いていると、自然と骨盤が後ろに倒れてしまいます。そのせいで、下腹部の筋肉はゆるんでしまい、脂肪もつきやすくなるでしょう。さらに血液やリンパの流れも悪くなり、代謝も低下していきます。脂肪がつきやすくなるのはこのせいです。

本来、体幹の筋肉は背骨を支えてくれるためのもの。これがしっかりしていれば、代謝もアップして脂肪もつきにくくなるのです。
この体幹、実は急に鍛えようとしてもなかなか難しいもの。いざ姿勢をまっすぐにして過ごしてみよう!と思っても、逆に腰を反らしすぎて傷めてしまう……ということもあります。

そんな時に、チャレンジしてほしいのが背伸び!立ったままはもちろん、座ったまま・寝たままでもできて、痩せる体作りができます!さあ、痩せたい女性はチャレンジしてみよう!

 

座ったままの背伸びで体幹を伸ばす!

座ったまま背伸び

デスクワークを続けている人にもおすすめなのが、この座ったままの背伸び。長時間そのままでいると、つい体もコチコチになってしまいがちです。そんな時にはこまめに背伸びしましょう!

それでは、イスに腰掛けたままやる背伸びの方法についてお教えします。

①まず、座ったまま、背筋をまっすぐ伸ばします。イスには浅めに腰掛けましょう。おして、両手を体の前で組み、くるりと裏返します。背中やお腹の皮が変に突っ張っているような気持ちになるならば、力が入りすぎたり腰を反らしすぎたりしている可能性があります。

②次に、たっぷり息を吸いこみます。その息を吐きつつ、手をゆっくりと上に上げていきます。視線は手の甲を追いながら動かしていくと、スムーズにできます。

③手が頭上にきたら、もう一度大きく息を吸いこみます。そして、ゆっくりと息を吐きながら、手のひらを押し上げていきます。天井を押すつもりでギューッと上半身を引き上げましょう。この時も、視線は手の甲のほうを向けておきます。この姿勢で5秒キープします。

④次に、上半身を左右に倒します。またまた大きく息を吸い、両腕は伸ばしたまま、上半身を左側に傾けていきます。その時に、右の脇腹をしっかり伸ばすようにしましょう。そして、脇を伸ばした状態で5秒ほどキープします。これを左右しっかりやりましょう。

 

立ったままの背伸びで体幹トレーニング!

立ったまま背伸び

「どちらかの側に体重をかけたまま、立つのがクセ」など、自分にとって楽な姿勢をとりたがる女性にやってほしい体幹トレーニングは、どこでも簡単にできるもの。やり方も簡単です。

①足を肩幅に開いて、背筋をまっすぐにして立ちます。ひざとつま先は前に向けましょう。そして、両手を組み、体の前でクルリと裏返して手の甲側に目線を合わせます。甲を見ながら、ゆっくりと息を吐いて手を上げていきましょう。

②組んだ手が頭上に来たら、一旦大きく息を吸います。視線は手の甲に合わせたまま、息を吐きながら背伸びします。手で天を押し上げるようなイメージでやりましょう。

③同じ動作を、つま先立ちになってやります。できればかかとをそろえて、つま先立ちになりながらやります。体幹がしっかりしていれば、ここでグラつきにくいでしょう。5秒ほどキープします。

④上半身を左右に倒しながら、5秒ずつキープします。片方に倒れている時には、倒れている半身とは反対側の脇腹をしっかり伸ばしましょう。

 

寝起きにグーンと体を伸ばそう!

寝ながら背伸び

朝、寝起きに体を伸ばせば目覚めも爽やか!体幹のバランス感覚を養うトレーニングです。

①まず、べッドに仰向けに寝たまま、お腹の上に両手を置きます。膝から下の部分と、寝ている体、そして床が並行になるようにポーズをとりましょう。つま先は天井に向けます。足はゆっくりと上げていきます。

②右足は90度に曲げたまま、左の手足と体は一直線になるよう、グーッと伸ばします。伸ばしている手足は、床に着けないように少し浮かせます。ただし、腰の裏が浮かないようにしましょう。曲げた右足のつま先は天井を、伸ばした左足のつま先はピーンと伸ばします。腹筋全体が鍛えられるので、おすすめです。これを両方10秒ずつやります。

 

まとめ

背伸びをするだけで、姿勢を正して痩せやすい体質になれるのです!体幹を鍛えて、姿勢美人を目指しましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)