menu

ミランダ・カーも経験者♡ゆるグルテンフリーで、小麦食品から卒業しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエッターの間でも注目された「グルテンフリー」。人気モデルのミランダ・カーもチャレンジしたということで話題になりました。
グルテンとは、小麦に含まれているタンパク質の一種です。このグルテンですが、食べれば食べるほど小麦製品を食べたくなる作用があると言われており、太りやすくなる原因のひとつとされています。食欲が増加する上に、パンやケーキ、パスタなどをもっと食べたいと思ってしまうという作用があるのです!
また、小麦で作られた食べ物は、血糖値を急上昇しやすいとされています。脂肪が増える要因はここにも隠れているのです。その理由は、小麦のなかに入っているでんぷんのせい。このでんぷんには、アミロペクチンAという成分も含まれています。これは素早くブドウ糖に分解される成分であり、血糖値を上昇させるパワーをもっているのです。これが砂糖よりも強力に血糖値に働きかけると言われています。

でも、パンもパスタも大好き!なかなかやめられないという人のためにおすすめなのが、ゆるグルテンフリーです。名前のとおり、ゆる~くグルテンフリーをやってみようというダイエットです。内容も簡単で、1日1食は小麦製品を使わないメニューにしてみようというもの。他の食べ物を代用しながら、1週間から始めてみましょう。

 

ゆるグルテンフリーのNG食品と“代用”食品

spaghetti-863304_640

ゆるグルテンフリーにチャレンジするなら、これらの食品は避けましょう。

・パスタ、パン
・カレー、ホワイトソース
・焼きそば、お好み焼き
・餃子
・フライ(揚げ物)
・ケーキやドーナツなどの洋菓子

小麦が主材料の食べ物はもちろんNG。また、カレーはルーのなかに小麦粉が使用されています。フライは衣のなかに小麦が使われているので、同様にダメ。「全粒粉ならば健康にいい」とされていますが、こちらも排除します。
また、ホワイトソースは牛乳やバターだけで作られていると勘違いしている人もいますが、実は小麦粉が使われています。

その代わり、小麦製品の代用品として使えるのは、こちらの食べ物です。

小麦 白滝

・お米、米粉
・豆腐
・ビーフン、しらたき

 

ゆるグルテンフリーに慣れるための3ステップ

小麦食

それでは、ゆるグルテンフリーのやり方を勉強していきましょう。

第一ステップ:小麦食を続けないようにする

朝食にトースト、昼にはパスタ。昼にカレー、夜に揚げ物。こんな風に小麦を使ったメニューが続くのは避けましょう。朝にパンを食べたら、昼は小麦を避けるなど工夫して。

第二ステップ:小麦を使ったメニューは1日1回にする

次に、1日1度の小麦食にしていきます。夕食は脂肪になりやすいので、小麦製品は排除しましょう。おかずに小麦粉が使われていないかどうかもしっかりチェックしましょう。

第三ステップ:小麦食を2日に1度にする

小麦製品を1日おきにします。2日のうち、1食だけは小麦を使ったものでもOKにしましょう。これだけでも、体がだいぶ変わってくるそうですよ!

 

おすすめの「グルテンフリー」アレンジ例

ここからはアレンジ例をご紹介しましょう。

・パスタの代わりにビーフンを使用

ビーフンはお米で作った麺ですので、ヘルシーです。こちらをパスタの代わりに使用してみましょう。おすすめはたらことあえたたらこパスタ風。生クリームや牛乳、塩コショウとで味付けをしながら、バターでいためた長ネギとからめます。上に小ネギを散らすのもおすすめです。

また、スープパスタのように使用することもできます。タマネギやニンジン、ソーセージ、ブロッコリーを入れ、トマトジュースをベースにして、ミネストローネのような味付けをしても楽しめます。

・焼きそばの麺の代わりに、しらたきを使用

焼きそばを食べたい人は、代わりにしらたきをしようしてみましょう。具材は普通の焼きそばと同じでいいですし、使うのも通常のソースでOK。麺だけをしらたきにしてみましょう。

・お好み焼きの粉の代わりに豆腐と米粉を使用

水切りした豆腐は、お好み焼きの材料に代用することができます。
水切りした豆腐を電子レンジで加熱して、米粉や調味料を混ぜ、お好み焼きを作ることができます。

・餃子の皮の代わりに野菜を使用

餃子の皮の代わりに、野菜を使うことができます。でも、どうやって野菜を?と思われるかもしれませんが、大根の輪切りを餃子の皮のようにすることができるのです。スライスした後に水気をとって片栗粉を薄くふりかけ、餃子の具をのせて半分に折ります。そうすることで、カロリーカットもできるんですよ!

 

ゆるグルテンフリーの意外な注意点!

・「つなぎ」の小麦粉にも注意

肉団子やハンバーグなどのつなぎには、小麦粉(もしくはパン粉)が入っていることがあります。材料をしっかりチェックしましょう!
外食をする時にも、小麦が入っていそうなメニューは避けること。ただし、そば粉や米粉ならOKです!

・「皮」にも注意しましょう

餃子やしゅうまい、春巻きなどの皮にも、小麦粉は使われています。美味しいのはわかりますが、できるだけ避けましょう。
また、天ぷらやかきあげの衣もダメです。

 

まとめ

ゆるグルテンフリーを1週間続けるだけでも、体が変わってきます。小麦を好きな人も、一度は試してみる価値がありますよ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)