menu

あなたの食べ過ぎは「ニセ食欲」のせい!?食欲をコントロールするための3つのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ごはんを食べた後でも、ちょこちょことお菓子をつまんでしまう。ついつい食べ過ぎてしまう。最近、食欲が増して困っている……10代の学生ならばまだしも、ただでさえ代謝が下降している年代の女性がたくさん食べれば、あっという間に体重が増加してしまうでしょう。

しっかり食事をしているのに、食欲が止まらない。これはもしかしたら、「ニセ食欲」かもしれません。ニセの食欲に惑わされずに、体型維持を目指しましょう!

 

「ニセ食欲」の正体とは?

食欲 理由

それにしても、ニセ食欲はどうして生まれてくるのでしょうか?
自律神経とホルモンバランスの乱れがその原因とされています。この乱れのせいで、脳がたびたびパニックになってしまいます。空腹ではないのに脳が「早く食べて」とサインを送ってしまい、そのせいで太ってしまうのです。

増加した食欲を落ち着かせるには、ホルモンバランスを整えることが大事。規則正しい生活を送り、食べ方を工夫することでレプチンというホルモンが分泌され、満腹中枢を正しく刺激することができます。
また、自律神経を整えることも忘れないで。夜型生活は改め、リラックスするようにしましょう。
また、ムダに食べてしまうクセは改めて。「ちょっとだけ」もデブのもとです。

 

満腹ホルモンを分泌するためにはどうしたらいい?

食欲 コントロール

ここでは、簡単に満腹ホルモンを分泌するための方法をお教えします。

①ベジ・ファースト習慣を身につける

食事は野菜から食べるのがベスト!血糖値の上昇をゆるやかなものにするためにも、食物繊維が豊富な野菜を食べるようにしましょう。野菜は糖の吸収を抑えてくれる効果もあります。

②たくさん噛むようにする

満腹ホルモンのレプチンが、満腹中枢を刺激するまでには、少し時間がかかります。食べ始めてから20分ほど時間がかかりますので、早食いはNG!まずは食べ物はよく噛むことを心がけましょう。

③濃い味付けの食べ物は控えめにしよう

辛い食べ物が好きな女性は多いですが、ちょっと待って!胃を刺激するような味付けのものは、空腹ホルモンがたくさん分泌されます。辛いものはもちろん、しょっぱいものもほどほどにしましょう。

 

自律神経を整えるための方法はいろいろある!

さて、次は自律神経を整える方法をお教えしていきましょう。最も大事なのは、リラックスして過ごすこと。ストレスをためがちな人は、それをできるだけスムーズに解消できるようにしたいですね。

①洋服の上から乾布摩擦してみよう

乾布摩擦は健康にいいと昔から言われていますが、皮膚を刺激して自律神経を整える働きもあるそうです。ただ、裸になってやるのはちょっと……という女性もいるかもしれません。実は、乾布摩擦は服の上からでも効果あり。ちょっと時間に空きができたら、服の上からタオルやてぬぐい越しに肌をさすりましょう。お腹は時計回りにさするのがコツ。それ以外の部位は、内側から外側へ、上から下へとさすります。

②レギンスを履いて入浴使用

ダイエットにも効果的とされるレギンス入浴。裸にレギンスを履き、そのまま湯船につかります。レギンスの着圧とお風呂の水圧で、血行が一気に良くなるそう!

③呼吸を整えよう

呼吸がおろそかになっていると、疲れがたまりやすくなります。自律神経も乱れがちになるでしょう。そんな時には、呼吸法を変えてみて。特に「吐く」ことを重点的に意識した腹式呼吸をしてみましょう。お腹をふくらませながら、鼻から空気を吸いこみます。そうしたら、今度はお腹をへこませながら口から息を吐き出します。この時に、ゆっくり吐くことを意識します。吸うよりも2倍以上の時間をかけて、息を吐きましょう。

④涙を流す

自律神経のメンテナンスで役立つのが「泣く」という行為。涙を流せば、脳内ホルモンのエンドルフィンが分泌されます。このホルモンは鎮静作用があるので、心も落ち着きます。
ただし、悔し泣きや悲しい涙よりも、感動の涙のほうがデトックス効果が高いそう。心を揺さぶるような映画や小説を読んで、思いっきり涙を流してみてはいかが?

 

食べ過ぎ防止に役立つ『擬音』

食欲 増す

食欲をコントロールしたい時には、口に出してみることが大事。口に出して脳にはっきり「食べるのをやめる」ことをイメージさせると、ムダな食欲を防げます。

・早食いには「モグモグ」

ついついお菓子に手が伸びる時には「モグモグ」と言いながら食べてみるといいそう。自然と咀嚼する回数も増えて、味わいながら食べられるそうです。

・食べ物に手が伸びたら「グーッ」

食べ物に手が伸びそうな時には、「グーッ」と口に出してみましょう。食欲を体内に閉じ込めるようなイメージです。

・食事を切り上げる時には「カチッ」

ダラダラ食べを切り上げたい時には、「カチッ」という言葉で食事を切り上げましょう。食欲をロックするイメージで、脳に「これで終わり!」だと感じさせて!

・太りすぎの自分を戒めるには「ブヨブヨ」

自分を律したい時には、鏡を見ながら「ブヨブヨ」と言ってみましょう。「このまま食べ続けたらブヨブヨになる!」と危機感が増します。

 

まとめ

ニセ食欲をカットするための方法はいろいろあります。食欲に負けず、自分をコントロールしてモテ美人を目指しましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)