menu

むくみ知らずの体に!簡単すぎる9つのトレーニングで美脚ほっそり美人を目指そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足のむくみを悩んでいる女性は少なくありません。そもそも、むくみとは何なのでしょうか?実はむくみの正体は、水分。体のなかの余計な水分が、皮下にたまってしまう症状のことを指します。
「インナーマッスルを鍛える」「食事で内臓を温める」「自律神経を整える」ことに気を付ければ、むくみが解消することもあります。また、骨盤の歪みや皮膚のコンディションのせいでもむくみが発生することがあります。自分のむくみの原因が何かを知って、その解消法を見つけましょう。

 

簡単にできる基本のむくみ対策法!

むくみ対策 基本

「自律神経を整える」ための『お尻ウォーク』

むくみに悩んでいる女性にまずやってほしいのが、自律神経を整える。骨盤の歪みを矯正するエクササイズを行い、自律神経を整えましょう。
おすすめなのが「お尻ウォーク」です。

やり方は簡単、床に座って両足を伸ばします。背筋は伸ばし、腕を大きく振りながら左右のお尻を交互に浮かして前へ進んでいきましょう。10歩前へ進んだら、今度は10歩後ろに下がります。これで3往復します。

この動きで、仙腸関節がリセットされます。仙腸関節には、自律神経が集中していますので、しっかり矯正することで自律神経を正し、むくみを防止することができるのです。
ちなみに、デスクワークで同じような姿勢をとりつづけたり、猫背・反り腰といった悪習慣を持って生活していたりしてもダメ。足を組むクセもNGです。

「皮膚を柔らかくする」ための『オイルマッサージ』

足のむくみに悩んでいる女性は、肌がパンパンに伸びきっているように見えることがあるそうです。そんな時には、肌を柔らかくしてコンディションを整えるためのオイルマッサージをやってみましょう。お気に入りのオイルなどを利用して、足の指先から足首、ふくらはぎへと末端から心臓に向けてマッサージをしていきます。お肌をほぐすこともできるうえ、老廃物を押し流すことでむくみを根本的に改善できるでしょう。

 

オフィスでできる!むくみ対策

むくみ対策 オフィス

デスクワークをしている女性は、下半身を動かす機会が少なく、自然と足がむくみがちに。そんな時に簡単にできるむくみ対策をご紹介します。

・ツボ押しマットで、足の血行を良くしよう

手っ取り早いやり方としては、机の下でツボ押しマットを使ってみるのがおすすめです。机の下で靴を脱いで裸足になり、マットを踏んで足の裏を刺激しましょう。

・かかと上げ&つま先上げ

ふくらはぎの筋トレになるのが、かかととつま先を交互に上げるトレーニング。イスに座ったままできますし、足首を動かすので冷え防止になります。血行も良くなるでしょう。

・首のリンパを押し流す

首のマッサージをすれば、リンパを流してむくみ対策をすることができます。イスに座ったまま、首を右側に倒し、右手で左の耳の下から鎖骨の方へと揉みながら肌を撫でます。耳の下を刺激しながら、首へと老廃物やリンパを押し流していきましょう。左右両方やるのを忘れないで。
血行も良くなるので、小顔効果も見込めます。ただし、「痛い」と思う強さではなく、「気持ちいい」と感じるくらいの強さにしておきましょう。

・コピー機の前で足を上げる

コピー機が人目につかない場所にあるならば、コピーをとる時に片方の膝を曲げ、足を後ろに上げてキープしましょう。太ももの筋肉が刺激されます。片足だけではなく、両方の足をそれぞれ曲げるようにしましょう。固まった筋肉をほぐすのにはぴったり!ただし、他の人がいる時にはやりすぎに注意して!

 

就寝前にできる!むくみ対策

・背伸びをする習慣をつけよう

背伸びは足首を伸ばす運動としては最適。むくみや冷え症対策として、日々の動きに「背伸び」を取り入れることをおすすめします。高い位置によく使うもの(食器やタオルなど)を置いておくなど、足首を伸ばす習慣を自然と身につけられるようにしてみましょう。ふくらはぎを動かすことで、血流も良くなります。

・シャワーだけの人は、足を温める習慣を

お風呂は時間がかかるからシャワーだけで済ませている。そんな人におすすめなのは「足湯」です。むくみ改善を考えているなら、お湯をはったたらいなどに足をつけて血行を良くしましょう。血行もアップしますし、リラックス効果も期待できます。

・眠る前には、「自転車こぎ」の動き

就寝前には、仰向けに寝て自転車こぎの動きにチャレンジしてみましょう。手足を上げて、自転車をこぐようにグルグルさせましょう。足を上げることで、下半身にたまっている水分を体全体に戻していきます。

 

まとめ

むくみをとりたいなら、「血行を良くするような動きや習慣を身につけること」が大事。特に、ふくらはぎや足首を動かすようなトレーニングは欠かせません。また、水を摂取しないと水分代謝がよくなりにくいため、毎日1リットルから1.5リットルの水は飲むようにすることをおすすめします。間違っても「水のとりすぎはむくみのもと!」なんて思わないようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)