menu

ダイエットしてもリバウンドしちゃう!その原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをしている女性にとって、永遠の悩みのタネ。それは「なぜ、リバウンドしてしまうのか?」というものではないでしょうか。

もちろん、ダイエットしてスリムな体型になり、それをキープし続けている人もいます。しかし、ほとんどの人がダイエットをして痩せては太り、痩せては太りを繰り返しているはずです。

■ダイエットに関する考え方を改めよう

そもそも、ダイエットは何をもって成功というのでしょうか?
たとえば、絶食して体重を減らす。そして、また食事を元に戻したら元の体重に戻った。これは、ダイエットとはいいがたいですね。
ダイエットとは、痩せた体型をキープできてはじめて成功といいます。
リバウンドしない人こそ、ダイエットに成功した人と言えるのです。つまり、ダイエットを成功させたいのならば、痩せてからしばらくして「リバウンドしていない」ことを確認しなければいけません。

ダイエットをしていると、体重が減っていく状況に体が危機を感じ、サインを出します。つまり、元に戻ろうと体のなかで動きが生まれてしまうのです。
そのままダイエットを続けても、体重は減りにくくなります。

しかし、この停滞期にあなたがとる行動やその心理が、ダイエットを成功に導くきっかけにつながるかもしれません。

■「いつでも痩せられる」「どうしたって痩せられない」と思うのはNG

ダイエットにリバウンドしやすい人は、どういう心理に陥りがちなのでしょうか。まず、「いつでも痩せられる」と信じている人は痩せにくい・リバウンドしやすいと言われています。
体重が一時的に減ったことで、「私はいつでも痩せられる」と思い込み、ついダイエットをさぼりがちになります。

また、リバウンドしがちな人は逆に「自分は何をしても痩せられない」と思いがちです。いつもリバウンドしてしまうという体験を重ねているうちに、ダイエットに苦手意識が生まれてしまうのです。

ダイエットを成功させたいのならば、体重が減りにくくなる停滞期になったとしても、そのままダイエットを続けることが大事です。
停滞期を乗り切れば、また体重が減少するでしょう。ダイエットを続けられない状況にあるならば、そのダイエット法自体を見直してみることも大事です。

そもそも、リバウンドをしている人は、ダイエットについて考えを見直してみましょう。
一時的に体重を減らすための工夫をするだけでなく、「体型をスリムに保つための工夫」は半永久的にしなければいけません。太りやすい体質の人はなおさらです。
健康的に体を動かしたり、暴飲暴食をしたとしても翌日カロリーを調整したり、よりヘルシーな食材選びをするようにしたりして、いろいろとライフスタイルを変えなければいけません。
「スリムでいるための生活習慣」でもって、体型を美しく保つようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)