menu

「バターコーヒー」に「夜バナナ」!2016年に流行するダイエット・スーパーフード9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年もいろいろ流行ったスーパーフード。2016年には新顔のフードがさらに登場しそうです。美容に敏感な女性のために、今年ブレイクしそうなスーパーフードや、身の回りのフードをまとめてご紹介します!

 

ネクストブレイク間違いなし!のスーパーフード

359507cb23ea2f295c1cb44aa4ee0e95_s

もずく

もずくに入っている食物繊維「フコイダン」は、腸内環境を整えてお通じを促してくれます。おまけに血糖値の上昇もゆるやかにしてくれるうえ、コレステロール値を下げてくれる効果もあります。
他にもミネラルがたっぷり入っているので、肌もキレイになると評判!

スピルリナ

生物最初の栄養源とされる「スピルリナ」。その正体はずばり、藻!タンパク質だけでなく、炭水化物や脂質、ビタミン、ミネラルなど人体に必要な栄養素がすべて含まれています。便通を良くしてくれるという嬉しい効果も!さらに、デトックス効果も期待できます。

カカオニブ

チョコレートの原料となるカカオ豆。このカカオ豆を砕いたものがカカオニブです。チョコレートと同じく、ポリフェノールやミネラル、食物繊維もたくさん入っています。そのままおやつ代わりにポリポリ食べるのもいいですが、サラダのトッピングにしたり、スムージーに入れたりしても美味しい!満腹中枢を刺激させる効果もありますので、ぜひチェックしたい食べ物でもあります。

タイガーナッツ

もうひとつ注目の“豆”が、ターガーナッツです。こちらはカヤツリグサという食物の根!実は野菜の仲間なんです。食物繊維だけでなく、豊富な栄養が含まれているのでスーパーフードとしても注目度急上昇!

ブラッククミンシードオイル

質のいい油は、健康にも美容にもいいと言われています。酸化していないオイル、上質なオイルを買い求めるようにしましょう。いろいろあるオイルのなかでも、旬とされているのがブラッククミンシードオイル。エジプトではなんにでも効く万能薬とも言われており、欧米では健康のためにハチミツと混ぜて飲んでいる人も多いのだとか。
ちなみにその飲み方もご紹介しておきましょう。ティースプーンに1/2杯の生ハチミツと1杯のブラッククミンシードオイルを用意して、混ぜて飲みます。朝食の30分前と就寝前に飲んでいる人が多いそう。

 

こんなのアリ?注目のダイエット法!

coffee-1031142_640

バターコーヒーでダイエット

海外でも大ブレイクしていると噂のバターコーヒー。ブラックコーヒーに牧草飼育バター(牧草だけで飼育された牛から作られたバター)を大さじ1杯、もしくは2杯入れてかき混ぜ、そこにさらにココナッツから抽出したMCTオイルをプラスして撹拌します。それを飲めば脂肪が燃焼しやすくなるそう!腹持ちもいいので、間食も我慢しやすくなります。

夜バナナダイエット

食欲旺盛で困っている人におすすめなのが、夜バナナダイエット!夕食前にバナナを2本と水200ミリリットルを摂取するだけです。なお、ディナーの内容はなんでもOK。好きなものを食べてかまいまぜん!バナナは腹持ちが良くて食べ応えもあり、かつローカロリー。さらに、「我慢しない」ダイエットなのでリバウンドしにくい・挫折しにくいというメリットもあります。
バナナ自体は栄養も豊富で、食べ続ければ便秘も解消します。食物繊維やマグネシウムも豊富なので、足りない栄養を補って。

自然塩ダイエット

「えっ、塩だけで痩せられるの?」とビックリする人も多そうなダイエット法です。塩はむくみの原因というイメージもあり、あまり食べないようにしている人も多いかもしれません。ですが、食べ物から塩をむやみにカットするより、適切な量を食べればいいのです。
そんな時に注目したいのが自然塩。ミネラルが豊富なので、精製された食塩よりも安心して口にできます。なお、塩を摂らなさすぎると代謝がダウンしますので気を付けて。

 

今年絶対に流行する!?パレオダイエット

steak-988352_640

数年前からアメリカで流行しており、今では日本にも上陸の兆しが見える「パレオダイエット」。そもそもパレオとは旧石器時代の略語だそう。狩猟や採集が生活の軸になっており、それを最小限の調理法で食べていた原始人の生活を再現したものが「パレオダイエット」です。
「パレオダイエット」には食材ピラミッドがあり、「肉・魚・たまご」の動物性たんぱく質を最優先で摂取。次に「野菜・果物」を適度に食べ、最後に「ナッツ・ベリー」をちょっぴり食べます。このダイエットは無理な食事制限がなく、野菜や肉、魚を好きなだけ食べていいというルールがあるので、挫折しにくいでしょう。ただし、穀物や豆、乳製品を食べるのはできるだけ避けましょう。なお、食材はスーパーで買えば大丈夫。有機野菜などにこだわる必要はありません。調理法も、「生で食べる」「茹でる」「焼く」などの方法で賄えるので楽なんです!

 

まとめ

2016年にもまだまだスーパーフードや新顔ダイエットは流行しそうです。毎回挫折してしまっている人は、今回こそ続けられるものを見つけてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)