menu

イヤ~な足のニオイに気を付けて!足のニオイを改善するための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足がくさくなるのは、男性だけだと思っていませんか?7女性だって、足がくさくなることはあります。
「冬のブーツはくさくなりやすい」のは有名ですが、夏だってたくさん汗をかいているうちに、いつの間にか臭っていた……なんてこともあります。
誰かの家にお呼ばれする時、飲み会で座敷席に案内されて靴を脱ぐ時……「なんかクサ~イ」「誰、この臭い?」なんて言われたら、立ち直れないでしょう。

そもそも、足の裏は汗腺が多いとされています。
そのぶん、汗をかきやすいというわけ。しかし顔などのように、すぐに汗を拭きとったり顔を洗ったりすることはできません。
また、靴によっては通気性がなく、足の汗が溜まってそのまんまになってしまうこともあります。これを放置していると、臭いだけでなく水虫の原因になってしまうかもしれません。

それでは、足の臭いはどうしたらなくすことができるのでしょうか。
基本的には、「清潔に保つ」ことができればOK。
それ以外にも心がけるべきことをご紹介しましょう。

・足を洗う
大前提ですが、足をしっかり洗うことが大事です。
足の裏、かかと、足の甲、指の間などを良く洗います。爪の間もしっかり洗っておきましょう。

・同じ靴を何日も続けて履かない
できれば、数足の靴を履きまわすようにしましょう。
また、雨の日用の靴も用意して、防水スプレーなどをかけて準備しておくことが大事です。数日おきに履くようにするのがいいでしょう。

・靴は乾燥させる
脱いだ靴を汗でびしょびしょのまま放置しておくのはダメです。
乾燥させるようにしましょう。消臭スプレーなどを利用しながら、風通しの良いところに置いておきます。

・消臭・防臭グッズを上手に活用する

消臭・防臭グッズをうまく利用することで、足の臭いを抑えることができます。
臭いが気になる人は、こまめにシートなどを利用して足の汗をぬぐいましょう。
靴下やストッキングもまめに取り換えると効果的です。

また、靴の中敷きなどを利用するのもおすすめです。
水洗いできる商品や使い捨てタイプの商品などもありますので、用途に合わせて使い分けましょう。

また、靴下やストッキングの洗濯方法にも気を付けましょう。
匂いや汚れをしっかり洗い流さなければ、臭いが改善することはありません。
足が臭いやすい人は、靴下専用の洗剤を使ったり、つけおき洗いなどをしてしっかり汚れを落としましょう。
生乾きで履いたり、汚れが落ち切っていない状態でまた身に付けたりすることはやめましょう!

上記のことをしっかり守れば、足の臭いは改善することでしょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)