menu

心も体もデトックス!美人を作る瞑想ダイエットのすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガの流行から広がりを見せてきたのが「瞑想」。最近では、メンタルの改善だけでなく、美容やダイエットにも効果があると言われています。モテ美女のなかには、瞑想を始めている人も少なくありません。しかもそのやり方もすっごく簡単なのです!どんな人でも気軽に挑戦できる「美人になるための瞑想」、あなたも始めてみませんか?

 

瞑想がダイエットに役立つ理由

瞑想のやり方

瞑想というと、心を整えるために行うものというイメージがあります。「座禅」などと同じように、姿勢を正して気持ちを落ち着かせるためのもので、美容とは全く関係がない!とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?ですが、瞑想だって美容やダイエットに役立つのです。それはなぜなのでしょうか。

まず、イライラ・ムカムカといった負の感情を、瞑想で落ち着けることができます。こういった感情は、ヤケ食いやアルコールの暴飲につながりがちです。ストレスは肌を荒れさせたり、内臓の働きを悪くすることもあるでしょう。しかし、瞑想を行うことでストレスから心が解放され、「食べて気持ちをスッキリさせよう」という考えを持つことがなくなります。必要以上にドカ食いしなくなるので、自然と痩せられるのです。

また、瞑想の時には「片鼻呼吸」を行います。これは、自律神経のバランスを整えることができる呼吸法とされています。自律神経を整えることで基礎代謝もアップして、痩せやすい体質になることができるのです。

片鼻呼吸のやり方

右手の人差し指と中指を眉間に置きましょう。そして右親指で右の鼻の穴をふさぎます。そして、塞いでいない側の左の鼻の穴からゆっくり吐き、ゆっくり吸いましょう。次に、左の鼻の穴を右の薬指で塞いで、同じようにゆっくり呼吸します。瞑想している間には、この呼吸法をするようにしましょう。

 

それでは、さっそく瞑想をしてみよう!

瞑想

まず、自分の安心して瞑想できる場所を探しましょう。どんな場所でもいいですが、他の人に邪魔されやすい場所は避け、安心できるところを選びます。時間も、ゆったりできる時間にしましょう。

そして、自分の好きな座り方で座ります。背骨が自然にS字を描くように座ることができれば、どこでも構いません。イスに座っても、床でもソファーでもベッドでもOK!

そして座った状態で、目を閉じましょう。表情は意識せず、ただ口元は微笑むように口角を上げます。

その状態で片鼻呼吸をします。ゆっくりと呼吸をしながら、それに集中しましょう。

最初は1分から2分程度挑戦します。慣れてきたら、少しずつ時間をのばして3分、5分と行います。

終わりにする時には、急に「ハイ、終わり」としてはいけません。呼吸を自然なものに戻して、足を触ったり、指を自由に動かしたりして、リラックスした気持ちのいいタイミングでようやく目を開けます。

 

「浄化ワード」でダイエットを成功させよう!

ダイエットがうまくいかない人は、精神的に不安定になっているのかもしれません。そんな時には、この浄化ワードを唱えてみてはどうでしょうか。

・つい食べちゃっても「美味しかった」

我慢できずに、ダイエット中なのに好物を食べちゃった。そんな時には、やっぱり落ち込んでしまいます。「どうして我慢できなかったの、私のバカ!」とイライラしても仕方ありません。その落ち込みで、代謝もダウンしてしまうかも。食べたいと思ったのならば、食べることを心から楽しみつつ「美味しかった」と満足感を持つようにしましょう。そうすれば気持ちだって明るくなりますし、ダイエットも心が折れずに継続できます。

・停滞期でも「大丈夫」「理想のワタシになっている」

ダイエットにも停滞期があります。また、なかなか結果が出ないこともあるでしょう。そんな時には、「大丈夫だよ」と自分に声をかけてあげましょう。「キレイになってるよ」「理想の自分に近付いているよ」と3回唱えるようにしましょう。自分の言葉を口に出して、耳から聞くことで、「今の状況もダイエットの途中に必要なものなのだ」「まだあきらめるのは早いのだ」と思うようになれます。

・「痩せない」は絶対にNG!

言葉には力があります。「痩せないなあ」「太ってるなあ」と言い続けることで、本当に痩せにくく太りやすくなってしまうでしょう。まず、「痩せない」と口に出すことをやめましょう。それだけでポジティブな気持ちになれます。
そのうえで、痩せないと何が嫌なのか?なぜ満足できないのか?を、突き詰めて考えるようにします。するとそれを解決するために何をすべきなのか、客観的に考えられるようになります。

 

まとめ

ダイエットを頑張りたい人は、自分の痩せて喜んでいる姿をイメージするのをおすすめします。痩せてキレイになって、モテモテの自分を想像してみましょう。そのイメージがはっきりすればするほど、ダイエットにかけるモチベーションもグングン上昇します。片鼻呼吸を3回ほど行ってからやれば、より明確なイメージが浮かぶことでしょう。さあ、瞑想ダイエットを始めよう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)