menu

小顔効果も!シワやたるみを改善するには手だけでよかった「手のひらマッサージ」まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔のシワやたるみを改善したいなら「手のひらマッサージ」をすることをおすすめします。手のひらを効果的に使用しながら、顔の筋肉のコリをほぐしていき、その衰えを回復させるマッサージ法です。

私たちが普段生活しているなかで、顔の筋肉は酷使されています。ついついしてしまう表情でついたクセや「噛みグセ」のせいで顔の筋肉には偏りが出てきてしまうのです。それが肌をカチカチにして、浸透力を失わせ、シミやシワを作る原因になるのです。

そんな時に役立つのが手のひらマッサージ。「手だけでできる」という簡単さはもちろん、いつでもどこでもできちゃうのが魅力です。さらに、すぐに効果が出てきますので、どんな女性でも覚えておいて損はありません。
手のひらでマッサージをするのと、指でマッサージをするのとでは全く異なります。指先だけでマッサージをすると、肌を傷つけてしまう可能性がありますが、手のひら全体でマッサージするなら肌に傷がつく心配はありません。毎日90秒ほどのマッサージタイムをもうければ、肌のむくみもスッキリしてきれいな肌が手に入ることでしょう。

 

手のひらマッサージでまず、ケアしてほしいのが「額」

woman-658171_640

それでは、どこからマッサージを始めるのがいいのでしょうか?なんと、まずは「額」からマッサージをしていくべきなのです。額には、視神経などの大切な神経が集中しています。また、脳にもっとも近い部位でもあります。つまり、それだけストレスや疲れが出やすい場所でもあります。ここのケアをちゃんとやつことで、目のまわりの小ジワやほうれい線、頬のたるみを予防することもできるでしょう。

やり方は簡単です。手のひらの手首に近い部分(肉厚な部分)で、押しまわすようにマッサージをします。焦らず、じっくりとほぐしましょう。毎日マッサージすれば、顔の表情にも違いが出てきます。額やこめかみに溜まっている老廃物を押し流すことで、顔のくすみがなくなり、肌に透明感が出てきます。眉の真下にある「しゅう眉筋(しゅうびきん)」という筋肉もほぐれて動きやすくなるので、こころなしか目もパッチリ!目を開くための筋肉をほぐすだけで、目の大きさも変わってくるのです。しかも、額をマッサージすればストレスも抜けていきます。疲れている日にマッサージをすると特に効果が高いので、眠る前に揉みほぐしましょう。

額を中心に、眉間、しゅう眉筋、こめかみを丹念に揉みほぐしましょう。ここを丁寧にマッサージすれば、若々しく見えます。

 

「こめかみ」をスリムにすると、小顔効果!

portrait-1130389_640

こめかみをマッサージすることで、実は小顔効果があります。こめかみがくぼんでいる女性は、顔がシャープに見えるのです。反対に、ちょっと盛り上がって見えるような人は、顔がむくんでいる証拠です。寝不足やむくみなど、トラブルがダイレクトに現れるのがこめかみ。頭痛が起こりやすいのも、そのせいです。お手入れをなかなかしないパーツでもありますが、今後はぜひマッサージしてあげて下さい。

 

「しゅう眉筋」で、目元のたるみがスッキリ

しゅう眉筋は、眉毛の真下に沿うように伸びている筋肉です。まばたきに使う眼輪筋を動かす土台となっている筋肉であり、この筋肉が衰えてくるとまぶたがたるんだり、目尻のシワになったり、くまやくすみが出てきたりと、大変なことになるのです。なお、この部位のマッサージをする時には、眉間も同時にほぐしましょう。目の周辺の老廃物が流れやすくなり、目力アップ!

 

もうひとつマッサージしておきたいツボ「けんりょう」

頬骨の下にある「けんりょう」というツボは、水分の代謝を司るツボでもあります。かみ合わせに関する筋肉があるところでもあり、知らないうちにここの筋肉を食いしばっている人も多いでしょう。ほとんどの女性がこの筋肉に凝りを感じています。

「けんりょうの」の位置を確認したい人は、頬骨のもっとも高いところを指で押してみましょう。そのまま指を下にずらしていき、指がグッと埋まるところを見つけます。それが「けんりょう」のツボです。筋肉が硬くなっていて、指が入らない人もいるかもしれません。ここをほぐせば、頬のむくみやたるみもなくなります。顔がむくみやすい人は、よく刺激することをおすすめします。

まずは「けんりょう」周辺の頬のセンター部分、次に口角の脇から耳の前にかけて、最後にあごの先から耳まで、フェイスラインを手のひらを使ってマッサージしていきます。

内側から外側にかけてマッサージをしていくことで、老廃物がフェイスラインの方に流れていきます。最後に仕上げとして、耳の後ろから首のリンパへと老廃物を押し流しましょう。

 

まとめ

手のひらマッサージをする時には、手のひらをよくこすって温めてから行いましょう。両方の手のひらで肌を押し包むようにマッサージすれば、筋肉の凝りもいい感じにほぐれてくるはず♪気持ちよく肌をリラックスさせる効果も抜群です。
いつでもどこでもできて、しかもお金もかからない!こんな手のひらマッサージ法を、ぜひチェックしてみて下さいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)