menu

顔が伸びるとブスになる!?たるみ知らずの肌を作る「えくぼ筋トレ」まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美人の顔の条件は「造作が整っている」ことではありません。顔半分の長さが、顔の上半分の長さと同じがそれ以下であることが望ましいと言われています。ですが、年齢と共に顔の筋肉を動かさないでいると、だんだんと顔の下半分がたるんできます。すると、見た目も老けて見られやすくなりますし、顔の印象も変わってきてしまうでしょう。

顔を覆っている表情筋は、繊細な筋肉が多いとされています。そのため、普段顔を動かさないようにしているだけで、筋肉が老化してしまうのです。この表情筋が衰えると、上に乗っている皮膚や脂肪を支えきれなくなり、たるみが起きてしまうのです。「顔の筋肉くらい毎日動かしている」と思われるかもしれませんが、顔の筋肉は意外と動かしていないもの。動かさないと、顔の筋肉が硬くなります。

顔筋トレ

硬くなっている筋肉は、簡単にほぐすことができます。トレーニングをすることで、たるみが改善して、顔の下半分の筋肉も引き締められるでしょう。これで美人度もアップします!たるみを放っておくと、顔が伸びて長く見えてしまい、美人には峰にくくなるので要注意。フェイスラインも崩れてしまい、口角も下がりがちになります。

 

まずおすすめ!「えくぼ」マッサージで顔の筋肉をほぐそう

えくぼのところを直接指でつかんで、ゆらしながらマッサージをしていきます。実はえくぼのあたりには「モダイオラス」という重要なツボがあります。ここは顔中の筋肉の重要な筋肉の要となりますので、ここの凝りをほぐせば顔の筋肉も一気にゆるみます。

やり方は簡単です。
口の中に親指を入れます。そして、顔の筋肉ごしに親指を人差し指と合わせてつかみます。えくぼがない人は、口角の先と、ほうれい線ができるラインの上をつないでぶつかるところをつかみましょう。触った行くうちに、コリコリした手触りの部分が出てきます。それがモダイオラスです。その部分をつかんだら、円を描くように優しくゆらします。歯は、上下の歯が軽くくっつく程度に口を閉じましょう。右側の部分は左手で、左側の部分は右手でやりましょう。これは1分ほどやればOK!お風呂の中でやるのがおすすめです。歯みがき終わりに毎日の習慣づけてもいいかもしれません。

追加でやりたい咬筋マッサージ

えくぼをほぐすマッサージに慣れてきたら、今度は咬筋をほぐしてみよう!口の中には親指を入れたまま、頬骨に突き当たるくらいまで指をつっこみます。目尻の下のラインあたりに指を置いて、皮膚ごしに人差し指と親指を合わせて、上下にふるふると揺らします。30秒やったら、もう片方の側もやりましょう。

 

顔の筋肉トレーニングで、頬のたるみを改善

顔筋トレ 笑顔

フルスマイル10秒キープ

思いきり笑顔を作ってほっぺたのお肉を引き上げることで、顔の筋肉を引き締めることができます。頬の位置が自然と持ちあがり、たるみが改善しやすくなるでしょう。
ポイントは、上の歯を8本、しっかり見せること。鏡を見ながらやるとわかりやすいですね。10秒キープするだけなので、どこでもいつでもできます。ただし、目のあたりに力を入れたり、額をこわばらせたりすると、逆にシワになりかねませんので注意です。口元に力を入れると、筋肉が鍛えられないのでそれも避けましょう。

顔の表情筋を全体的に鍛えることができるうえ、アンチエイジングにぴったり。

上唇だけ動かしてアンチエイジング!

鼻の下も、肌の老化で伸びてしまうことがあります。口輪筋がたるんでしまうと、下に皮膚が伸びてしまいます。そのせいで鼻の下の溝は浅くなり、上唇自体も薄くなってしまうのです。そうならないためにも、上唇を動かして鼻の下の筋肉を鍛えましょう。

まず、手であごを押さえます。動かないように人差し指と中指で固定して、上唇だけをピクピク動かしましょう。うまくできない人は、唇を突き出して『アヒル口』を作り、実際に「ピヨピヨ」と言いましょう。1回30秒を1セットとして、毎日2セットやりましょう。

 

パーツごとに鍛えれば、もっと美人になれる

顔の輪郭、目の下のライン、内側の筋肉をそれぞれ鍛えれば、より筋肉も引き締まります。

まず、両人差し指を目尻に置き、その指を持ち上げるようにしながら「あー」と言います。頬が持ち上がるのを意識しましょう。上前歯が8本見えるように、歯を出して筋肉をアップさせます。1秒から2秒おきに引き上げ、それを20回ほど繰り返します。

次に、両人差し指を目の中心下に置きます。その指を上に持ち上げるようなイメージで「いー」と言いましょう。また、頬を持ち上げるようにやります。上前歯は6本ほど見れるくらいでかまいません。こちらも1秒から2秒おきに引き上げ、それを20回ほど繰り返します。

さいごに、小鼻の脇に両人差し指を置きます。この部分を持ち上げるように亜気持ちで、「うー」と言いながら頬の位置をアップさせます。今回は、上前歯が4本見えるくらいをイメージしつつ、口を開けながら皮膚を持ち上げましょう。もし難しいなら、最初は指で引き上げてもいいです。こちらもやはり、1秒から2秒おきに引き上げ、それを20回ほど繰り返します。

 

まとめ

ほうれい線が薄くなる、頬の位置がアップする、顔の下半分がすっきりする!などの声が続出している顔筋トレ。顔のたるみが気になる人は、今からやろう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)