menu

肌のかまいすぎもシミを増やす!?意外すぎる肌の隠れ炎症の原因3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にかシミが増殖中!目の下のクマやほうれい線がどんどん濃くなる!毛穴が広がって目立つのが恥ずかしい。それってもしかして、隠れ炎症のせいかもしれません。

そもそも、肌の炎症はバリア機能が働いているから。細菌など侵入した異物を肌から追い出すために、防御機能が働いているのです。だから肌が赤くなったり熱っぽくなったりするんですね。紫外線で肌が赤くなるのも、炎症の一種です。これを放置しておくと、肌の老化は加速するでしょう。
隠れ炎症とは、人がほとんど気付かないくらいの弱い炎症が起きている状態を指します。シミやたるみがどんどん進行してしまうのに、それを放置している女性がほとんどでしょう。また、最近では近赤外線やブルーライト、排気ガスやPM2.5でも炎症が起きることがわかっています。

 

隠れ炎症の肌は老けて見える!

隠れ炎症を起こすと、肌のくすみが進行します。ハリも失われて弾力もなくなり、シワやたるみ、ほうれい線がはっきり目立つようになるでしょう。リップラインもぼやけてしまい、疲れた印象になります。20代でも年上に見られがちな人は、隠れ炎症を起こしているのかもしれません。

 

隠れ炎症の原因①近赤外線やブルーライト

隠れ炎症 ブルーライト

紫外線はお肌の天敵ですが、LEDの商品が増えて身のまわりでも接することが多くなったブルーライトも、隠れ炎症の原因になります。実はブルーライトは紫外線よりも肌の奥に届きやすく、色素沈着につながりやすいという説もあります。また、近赤外線も同様です。コラーゲンやエラスチンを分解する酵素を増やし、肌の再生を妨害してシワやたるみを招きやすいそう。だからこそ、日焼け止めはオールシーズンちゃんと塗ったほうがいいんですね!

対策法としては、UVクリームを毎日塗るようにすること。外に出る場合は、塗り直しもするようにすること。紫外線以外にも効果がある日焼け止めを選ぶのも大事です。

 

隠れ炎症の原因②PM2.5

隠れ炎症 紫外線

隠れ炎症を引き起こす「空気の乾燥」。しかし、花粉やPM2.5も肌に悪影響を及ぼします。スギ花粉は肌につくと乾燥を招き、肌のバリア機能をも低下させます。そのため、炎症ができやすくなるそうです。また、排気ガスのせいでシミが発生しやすくなるという説も存在します。

そういった刺激から肌を守らなくてはいけませんから、まずは乳液などで保湿ケアを行い、肌の調子を整え、ターンオーバーが乱れないようにします。外出する時には日焼け止めを塗りましょう。そうすることで、日焼けだけではなく、肌の表面をガードすることができます。帽子をかぶることで、大気汚染物質が肌に付着するのも防ぐことができます。帰ったらすぐにお風呂に入って、髪や肌から物質を洗い流すようにしましょう。肌をこするのも我慢しましょう。

 

隠れ炎症の原因③こすりすぎ

肌のこすりすぎは炎症の原因になります。しかしながら、「タオルで肌をこする」「指で顔をひっかく」だけではなく、スキンケアやメイクのやりすぎもこすりすぎにつながります。肌の摩擦のせいで、炎症からくるシミができてしまう人は意外と多いそう。摩擦からくるシミができやすいのは、目の下から頬にかけての逆三角形の部分です。頬骨にシミができやすい人は、タオルで顔をこすりすぎなのかもしれません。これ以外にも「コットンで肌をこすりすぎ」「美顔ローラーで顔を刺激しすぎ」「アイメイクのチップで強くこすりすぎ」など、ついついやりがちな原因も存在しています。摩擦で色素沈着が起きることもありますから、肌がくすみがちな人は注意しましょう。気を付けてこすらないようにすれば、1ヵ月くらいで肌が明るくなってきます。

肌を触る回数を減らし、できるだけ優しく肌に触れるようにしましょう。顔に触れる髪の毛が刺激になってしまうこともありますので、髪の毛はアップにしておいたほうが肌に優しいかもしれません。また、顔を触る癖がある人はできるだけ改善するように気を付けましょう。

 

表情筋のトレーニングもチャレンジしよう

「顔をこすらないようにする」「日焼け止めを使う」などの工夫をしても、表情筋が老化すると、あっという間に肌は老化します。表情筋を鍛えるのに遅いことはありません。顔がたるんでいるかも?と思ったら、トレーニングを始めてみましょう。脂肪が引き上げられて、アンチエイジングになります。口角を引き上げるようにするだけでも、印象はガラリと変わります。

 

まとめ

肌の炎症は、意外な原因でも発生します。それを放っておくと、あとでガックリする羽目になるかもしれません。

・日焼け止めを塗る習慣を身につける
・肌をこすらないように工夫する
・スギ花粉やPM2.5の季節には、肌をそういった物質から守る服装をする

これらの習慣を生活の中に取り入れてみましょう。どれも簡単で、すぐできるものばかり!この習慣を身につけるだけで、つるつるで明るいお肌が戻ってきます!肌のくすみに悩んでいる女性は、ぜひ試してみて下さいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)