menu

痩せやすい体質になろう!血液型別ダイエット《B型篇》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血液型別にダイエット方法がある!こんな話題、ご存知だったでしょうか?
今回はB型の方がダイエットをする時におすすめの食材や避けたほうがいい食材、さらにはやってみてほしいトレーニング法などを紹介していきます。
B型の方はダイエットをする際の参考にしてみて下さいね!

■B型におすすめの食材・避けたほうがいい食材

B型 食事

B型の方は、食事の内容が限定されにくいタイプの人です。
つまり、何を食べても太りにくいそう。これは、B型は消化酵素の分泌が活発だとされているから。そのため、食べてもいい食材が他の血液型よりも多いそうです。といっても、もちろんドカ食いはNG!節度のある食事を心がけるのが大事です。

B型には、赤身の肉など高タンパクの食材が向いているそう。ラム肉とも相性ばっちりなので、ジンギスカンなどは特におすすめです。食べたことがないという方も、これを機に積極的に食べてみてはどうでしょうか?

また、チーズやバター、ヨーグルトなどの乳製品とも相性はいいとされています。朝食のメニューに、ハチミツかけのヨーグルトを加えてみてはどうでしょうか?
さらにほとんどの野菜は摂って大丈夫なものばかり。野菜はもりもり食べよう!

おすすめの食材
・牛肉、ラム肉
・野菜全般
・乳製品
(チーズ、ヨーグルトなど)
・バナナ

避けたほうがいい食材
・鶏肉、豚肉
・コーン
・アボガド
・ごま
・ナッツ類
(アーモンド)

B型の人にとっては避けたほうがいい食べ物はあまりないとされています。
食べ過ぎに気を付ける程度で大丈夫だそうです。
また、小麦から作られているパスタやパンなどよりも、玄米などを積極的に摂取するのがいいそう。

しかし、驚きなのがごまやカボチャ、カイワレなどはNGだということ。トマトなどはB型の胃腸を荒れやすくしてしまうので、あまりたくさん摂らないようにすべきでしょう。

B型の人は低血糖になりやすい体質だそうなので、食事制限が必要なダイエットなどは向いていないかもしれませんね。
体を動かしながらできるダイエットのほうがいいかもしれません。

■B型におすすめのトレーニング法

なお、B型もA型の人同様にストレスによる耐性があまりないタイプとされています。
できれば、気分転換ができるようなスポーツを選んで、楽しく体を動かすことをおすすめします。

ゴルフやテニス以外にも、格闘技なども向いているそうです。
自分が楽しいと思えるスポーツを見つけて、それを無理のない範囲で続けることを目標にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)