menu

毎日食べるだけで痩せられる!驚異の「生大根ダイエット」で目指せ!スリム下腹♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生でも過熱しても美味しく食べられる大根、実は驚きのダイエット成分が含まれているということで話題になっています。その成分こそ、大根の辛み成分のもととされる「イソチオシアネート」と「アミラーゼ」です。この成分は、生で食べることでこそ効果を発揮します。生大根ダイエットで、美味しくキレイに痩せよう!

 

大根の成分に注目しよう

注目成分①イソチオシアネート

アブラナ科の野菜にだけ含まれる成分であり、辛みの正体です。そのままでも辛いですが、切ったりおろしたりすることで辛みが増すのがその特徴。辛いものを食べると唾液も増えるので、消化も促進され、ダイエットにも効果的。脂っこい料理が好きな人には、胃腸の負担がかかりにくいので胃もたれなどの症状が改善するという嬉しいメリットもあります。
抗酸化作用も高く、活性酸素を水に溶かしこみ、体の外へ輩出!代謝をアップさせてくれるのです。食べ続ければ、脂肪がつきにくい体にもなれるでしょう。

注目成分② アミラーゼ

でんぷんやグリコーゲンなどの消化を促す効果が期待できる酵素です。炭水化物の消化を助けてくれるので、便通が良くなる!というのも嬉しいですね。小腸に溜まっていた宿便もキレイにとれるので、お腹もぺったんこに!ちなみにアミラーゼは大根以外にも、カブや山芋にも含まれます。

 

生大根ダイエットのやりかた

大根おろし

まず、大事なのは生で食べること。イソチオシアネートはすりおろすことで、何十倍もの効果が出ます。大根おろしにして食べるのがいいでしょう。おろし汁にも栄養がありますので、それごと飲んでしまってもOK!

大根は、1日3回食べるのがおすすめです。食事をする前に6センチほどの長さの大根をすりおろして食べることで、代謝をアップさせましょう。グラム数にすると150グラムから200グラムほど食べましょう。食事量を抑えることも可能です!1日3回も大根を食べられない!という人は、朝だけ食べてもいいでしょう。たくさん食べられない人は、小分けにしてちょこちょこ食べ続けるのもおすすめです。自分の体調と相談しながら量を増やしていき、食べ続けるのがいいかと思います。

イソチオシアネートは大根のしっぽや皮にも入っています。辛み成分が強いところにこそ、イソチオシアネートは隠れているのです。
ただし、すりおろしたまま放置すると、すぐに酸化してしまいます。つくりおきをしても意味がありませんので、その点は注意しましょう。

ダイエットの効果をアップさせたいなら、朝食はフルーツと生野菜だけにして、油は取らないようにするのもいいかもしれません。ただし、お腹が冷えてしまう可能性がありますのでその点は注意しましょう。

 

飽きずに続けるためにやってみたいちょい足しレシピ

・青汁

すりおろした大根100グラムに50グラムの青汁を加えましょう。青汁にピリッとした辛みが加わります。ビタミンCもたっぷり!

・ハチミツ

小さじ1杯を大根100グラムに入れるだけで、大根の青くさい感じが緩和されます。

・ヨーグルト&白みそ

いきなり意外な組み合わせなのがヨーグルト!すりおろした大根100グラムとヨーグルト100グラムを合わせると、意外にも美味しいと評判です。辛みがマイルドになるでしょう。そこに白みそ大さじ1を加えてみてもOK。腸に嬉しい発酵食の組み合わせに、お腹も元気に動き出す!噛むように食べれば、満腹中枢も刺激されます。

・ショウガのすりおろし&オリゴ糖

大根とショウガを組み合わせるのもおすすめです。ショウガを1カケラおろしたものと、小さじ1杯のオリゴ糖を大根100グラムと一緒にしましょう。辛みが強まるような印象もありますが、オリゴ糖が優しく中和してくれます。免疫力をアップしてくれるので、オリゴ糖が腸の強化を助けてくれます。

・バナナのすりおろし

こちらもユニークな、バナナのすりおろしとの組み合わせ!バナナ1本と大根100グラムをそれぞれすりおろして混ぜると、とろっとした食感が加わって食べやすくなります。バナナの味もアクセントになってくれます!

 

大根おろしがつらくなった時に試したい!追加レシピ

大根サラダ

大根おろしばかりがつらくなったら、生野菜のサラダに切り替えてみるのもおすすめです。大根は千切りにして、下ごしらえをして食べやすく切ったえのきを加えます。そして花かつおやゴマ、煮干しなどの小魚を入れて混ぜ合わせましょう。カイワレ大根や水菜などを加えても、また食感が変わります。黒酢を入れると食べやすくなります。市販のオイルドレッシングをドバドバかけてしまうとそれだけでカロリーが急増しますので、シンプルなドレッシングを自作するか、ノンオイルドレッシングで召し上がることをおすすめします。

 

まとめ

生大根というと辛そう!と思われるかもしれませんが、意外とサラッと食べられます。辛みが後からきますので、一気に食べないほうがいいかもしれませんね。お肌もキレイになりますし、腸内環境も整えられます。朝食だけでもチャレンジしてみたい生大根ダイエット、ぜひあなたも食卓に生大根を並べてみて下さいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)