menu

均一に塗ってはダメだった!肌のシミ、くすみ、くまを隠すファンデーションの塗り方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミやくすみ、ムラを感じさせないような肌になりたい。そうはいってもなかなか難しいものです。そんな時には、メイクを工夫してみましょう。大事なのは、ファンデを均一に塗らないことです。ファンデーションを均一に肌に塗ってしまうと、顔全体が膨らんでみてしまいます。輪郭自体もぼやけてしまい、顔が大きく見えてしまうかも。

ポイントは、逆三角形にファンデーションを塗るということ。気になる生え際や輪郭の部分は指でファンデを塗り広げれば問題ありません。むしろ、自然な仕上がりになり、ツヤっぽい肌になります。

くま、シミ、ほうれい線などは、コンシーラーでカバーするのがおすすめです。ナチュラル美人を目指している人には、ぜひ取り入れてほしいテクニックです!

 

下地やファンデーションは「トライアングル塗り」を目指す

ファンデーションは均一になるように塗るものではありません。それよりも、顔の逆三角形をエリアにのみ塗れば問題ありません。両方の眉尻とあごの先を結んだのが、「顔の逆三角形」のラインです。ここのエリアにだけ、下地やファンデーションを塗るようにしましょう。そうすると、塗ったエリアが塗っていないエリアに比べると、明るく引き立ちます。

もう一つ忘れていけないのが、目頭・目尻・小鼻のまわりをつないだ小さな逆三角形にファンデーションを二度塗りすること。目の下のくまはもちろん、意外と目立つ頬のくすみを解消できます。

なお、それ以外のエリアは、肌の上で余っているファンデーションや下地を指で広げること。顔まわりの色がワントーン落ち着いて見え、小顔効果が生まれます。

それでは、首との境界線はどうしたらいいのでしょうか?顔の輪郭部分まで下地やファンデーションを広げている人もいるかもしれませんが、不自然にならない程度にぼかせば問題ありません。
手を使って、不自然にならないようにうまく広げましょう。ただし、目尻や小鼻のまわりなどを自然に仕上げたい時には、スポンジを使うのもおすすめです。細かい部分にはスポンジを使いましょう。

 

シミやくま、ほうれい線対策で使うコンシーラー

逆三角形ファンデーション

シミやくま、ほうれい線を隠したいなら、コンシーラーを上手に使いましょう。隠したいポイントに合わせて、おなじコンシーラーでもアイテムを変えることをおすすめします。シミには硬めのものがおすすめ。密着度が高いからです。反対に、ほうれい線は柔らかいものがいいでしょう。リキッドタイプのコンシーラーが理想です。クマには乳液状になっている商品がいいかと思います。

・シミに塗るコンシーラー

シミにコンシーラーは硬いものがおすすめですが、使い方は「フタをする」ようなイメージです。ニキビの跡も同じように隠せるでしょう。指でちょんちょんと覆うようにして、外側は肌になじませるようにぼかしていきます。すると、シミの部分だけ浮き立つようなことはないでしょう。

・ほうれい線に塗るコンシーラー

ほうれい線を隠したい人は、そのやや外側のラインに放射線状に2~3本の線を引きます。タテのほうれい線に対して横向きに、猫のヒゲを描くようにコンシーラーを塗りましょう。ブラシではなく、指で広げたほうが目立ちにくくなります。肌よりもワントーン明るいカラーのほうが、ほうれい線が目立ちにくくなります。

・クマに塗るコンシーラー

クマにコンシーラーを塗る時には、クマの部分を覆うように塗るのはもちろん、目頭からふたまたになるようにもう1本線を伸ばします。そしてその線を指の腹でぼかしながら、クマ全体を覆うように伸ばしていきましょう。くま専用のコンシーラーもありますので、そういうものを使えば便利です。

 

唇のラインをキレイに塗ればアンチエイジングに!

アンチエイジング 口紅

あごの輪郭がたるんできたら、老けて見られる可能性がぐっと高まります。それをメイクで隠すことができます。たとえばリップラインです。口角が下がっていると、顔のたるみは目立ちやすくなるでしょう。その影を消して、口紅で口角を上げて描くようにすると、顔も引き締まって見えます。

口角の影は、コンシーラーや色付きファンデなどを使って消しましょう。その後に、リップを唇中央部分にのせ、輪郭に沿って塗ります。おちょぼ口に塗るようなイメージです。その後に、指を使ってリップを塗り広げましょう。唇中央は濃く、口角のほうに行くにつれて薄くなり、ふっくらとした感じになります。

おすすめのカラーはピンク!明るすぎないピンクならば、唇もきれいに見えて肌からも浮きません。

 

まとめ

ちなみに小顔効果を期待するなら、チークはこめかみのほうまで薄く伸ばしていき、ぼかすのがコツです。輪郭が引き締まって見えるからです。
眉はやや太めに、短く描くのが大事。細く長くすると、顔のたるみが目立ってしまいます。
たるみのない顔、くまやシミ、ほうれい線のない肌を目指すのも大事ですが、メイクで隠すテクニックを身につけるのも大事なこと。モテ力をアップさせるためにも、大事な日にはちゃんとメイクで美人を作るようにしましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)