menu

あなたのケアでは毛穴がたるむ!?毛穴たるみを作らない・続けないケアまとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の毛穴のこと、見なかったふりをしてそのままにしていませんか?そのまま放置していると、とんでもないことになりかねません。でも、間違ったケアを続けているのもNG!放置しているよりももっと毛穴が目立っちゃうかもしれません。あなたがやっている毛穴関連のケアは、本当にあっていますか?

 

Tゾーンの毛穴ケア

テカテカしすぎなTゾーン。美容ケアを同じようにしていても、そこだけ浮き立ってきてしまうように見えることもあります。でも、顔全体を同じようにケアしないと!と乳液をつけて、クリームをつけて……としていると、皮脂が過剰に出てきてしまうかも。Tゾーンに脂が浮きがちな人は、毛穴を目立たせないためにも乳液などは省略しても大丈夫です。

 

小鼻まわりのケア

毛穴ケア 正しい

小鼻にたまってしまうしつこい角栓。そのままにしておくと気持ち悪い!角栓をスルッととるのがキモチイイ!という人は、毛穴パックや酵素洗顔などをしているかもしれません。でも、意外と角栓ケアは難しいもの。そのやり方をしっかり理解しておきましょう。

たとえば、毛穴パック自体、肌に負担をかけるものだということを忘れてはいけません。特に、肌が弱い人やアラフォー世代に近付いている人は、毛穴パックはダメ!パックをベリッと剥がす時に、大事な皮膚やバリア機能が一緒に剥がれ落ちている可能性があります。鼻まわりの肌がボロボロになってしまう可能性がありますので、あまりおすすめはしません。さらに、その後に毛穴を引き締めるケアをしてしまうと、もっと肌を痛めつけてしまうかも。ケアのやりすぎには要注意です!

もうひとつ、既製品のクリームをパックに使用するケア方法が流行しています。ですが、勝手な使用方法は肌を傷付ける可能性がありますので、それを理解して自己責任でやりましょう。医薬品のクリームは副作用の心配もありますので、不適切な使用方法を続けると、肌の乾燥やかゆみが出てきてしまうこともあるので、使用法は守りましょう。
ただし、商品によっては「保湿ケアに使ってもOK」など公式HPにも表示されているアイテムもありますので、そういったものを上手に選んでケアをするのが大事です。

そして、こちらも流行の酵素洗顔についても触れておきましょう。皮脂や古い角質が混ざってできる角栓の正体は、タンパク質の塊です。なので、そのタンパク質を分解してくれる酵素洗顔料は効果バツグン。ただし、ケアをまめにやりすぎると、肌が薄くなりすぎてしまう可能性があります。肌が薄くなると、肌トラブルが起きやすくなります。乾燥しやすくなる・アレルギーが起きるなどの不具合も起きるかもしれませんので、毎日やるのは絶対にダメ!

ちなみに、鼻が脂ぎっている時にはこまめに拭き取ることがいいでしょう。脂取り紙でも、ティッシュでも大丈夫!脂は放置するよりも、拭き取るほうが肌には優しいのです。

 

頬のケア

頬にも肌荒れがあって、毛穴が目立っちゃう!そんな人は、つい「収れん化粧水」を選んでしまいがち。収れんとは、引き締め効果のことを指します。つまり、頬の目立つ毛穴を引き締めようと、そんな効果がある美容液や化粧水を選んでいる人が多いのですが、実はこれが大間違い!そもそも収れん化粧水とは、過剰な皮脂を抑制して毛穴を引き締める効果があるコスメです。通常はスキンケアをした後にTゾーンに塗って、肌のノリを良くすることができます。ですので、頬のたるみ毛穴に使っても意味がないのです!逆に肌が乾燥しやすくなってしまう傾向にありますので、頬のケアに使うのは完全に無意味です。

 

毛穴全般のケア

毛穴ケア たるみ

毛穴のケアでは、「評判の美容液を使ってケアすればいいよね」「とにかく値段の高いものを使えば問題ない!」と考えがち。ですが、毛穴を消したい人はその種類別にケアをすることをおすすめします。毛穴がつまってボツボツが目立つイチゴ鼻の黒ずみ、肌のたるみのせいでできる毛穴。毛穴もトラブル別に対処しなければ、なかなか解決しません。値段や人気で使う化粧品を決め手はいけません。

また、たるみ毛穴防止のためにレチノールが配合された化粧品を使っている人がいますが、これは夜使うようにしましょう。朝は使ってはいけません。それはなぜか?実は、レチノールは紫外線のダメージを肌に残しやすくする成分なのです。シミやそばかすの原因になりますから、使うのは夜!と決めておきましょう。

 

まとめ

たるんだ毛穴をケアで改善しつつ、うまく隠したい!そう考えている人は、しっとりしたクリームファンデーションを選ぶのがおすすめです。毛穴用下地は、過剰な皮脂を吸着して、毛穴をカバーする力があります、なので、たるみが原因の毛穴開きにはうまく対応できないこともあります。それどころか、乾燥が目立ってしまうことも。

毛穴ケアのやり方は、その症状に合わせて行うこと。メイクも同じです。また、その美容液や化粧水、洗顔料なども、毛穴開きの原因や自分の肌質に合わせて選ぶようにしましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)