menu

疲れたお肌に効果的!美肌をキープできる生活習慣4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋はお肌が疲れる季節でもあります。まだまだ強い日差し、乾燥してくる空気。
美肌をキープしたい人には大変なシーズンとも言えるでしょう。
どうも最近肌の調子が良くないな……という女性は、より一層お肌に気を付けてみましょう。
お肌にいい食材を選んで料理を作ったり、イライラを溜めこまないようにしながら、美しいお肌を保つようにしてみてはいかがでしょうか。

今回は、美肌をキープするためのコツについてご紹介していきます。

■食事は規則正しく、同じ時間に摂る!

食事は同じ時間に摂るのがいいとされています。
その理由は、自律神経が整うから。しかも1日3回、適度に食事を摂ることが胃腸にも刺激を与え、便秘解消にも役立つそうです。

■夜のスマートフォンや電話は控えめに

深夜にスマートフォンを眺めながらいじったり、電話をしたりすると自律神経が乱れてしまいます。
「長電話でストレス解消する」人もいるでしょうが、同じ姿勢をとり続けていると、体にも負担がかかります。
ほどほどにしましょう。

寝る前には音楽を聞くのがおすすめです。

■夜飲むのは、炭酸水がおすすめ!

炭酸水を飲むと、胃腸の血行がよくなります。
お腹が冷えやすい人、内臓脂肪がたまっている人は、お風呂に入りながら飲んでみて下さい。血の巡りが驚くほどよくなって、体もポカポカ温かくなるはずです。

■美肌におすすめの食材は「豚肉」「発酵食品」「玄米・海藻」「キウイ」

美肌をキープするのにおすすめの食材は、「豚肉」です。
疲れやイライラにもいいですし、代謝も良くなります。お肌の潤い感もアップするはず!

また、発酵食品も体にいいでしょう。塩麹やお漬物、納豆、味噌などを積極的に摂取しましょう。
漬物といったら、キムチもおすすめです。
唐辛子に含まれているカプサイシンは交感神経を刺激するので、アドレナリンも出やすくなります。そうなると、脂肪の分解にも効果があるリパーゼを活性化してくれて、脂肪を燃やしてくれるでしょう。また、発汗作用によって、老廃物を輩出してくれます。美肌のために、定期的に食べてみるのも良さそうです。

また、発芽玄米もビタミンが豊富なので、美肌が気になる方は白米よりも玄米に切り替えてみて。
ただし、人によってはうまく消化できない方もいます。無理はやめましょう。
海藻もヒアルロン酸の量を増やしてくれる成分が入っています。
海藻を摂ることで、お肌もつやつやになりそう。お味噌汁にして手軽に食べちゃいましょう。

フルーツならばキウイがおすすめ。腸内環境を整えてくれるうえに、水溶性の食物繊維が豊富です。
1日1個キウイを食べると美容にいいという話は本当!

美肌のためにできることはまだまだあります。自分だけの美容法の組み合わせを見つけてみて下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)