menu

「毛穴の大きさ」は遺伝と関係していた!?ありがちな毛穴トラブルの簡単改善法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴の黒ずみ、毛穴の開き。どちらも女性のお肌の悩みとしては「あるある」と言えるものでしょう。でも、毛穴とはそもそもどんなものなのでしょうか。

毛穴は、「皮脂腺」とも言われています。
この皮脂腺から毛が生えてきますが、そのへこみだけがやたらと目立ってしまうことがあるのです。これが毛穴が“開いている”と表記される状態です。
しかし、体の毛穴と顔の毛穴を比べると、顔のほうが目立ちますよね。
これは、顔の皮脂腺のほうが大きく、発達しているから。そして、顔に生えている毛は小さくて細く、柔らかいので、他の毛穴より目立ちやすいのです。ちなみに体のなかで皮脂腺が発達しているパーツは、頭皮に次いで顔とされています。

そして、顔の毛穴がやたらと目立つ、肌がボコッとして見える。これって、「毛穴が汚れているから」「洗顔が足らないから」だと思っていませんか。
ですが、そんなことはありません。毛穴から皮脂が出てくるのは当然のことです。それ以外にも原因があるのかもしれません。

また、毛穴は光の陰影で目立って見えることもあります。何も汚れていなくても、黒く見えてしまうこともあるのです。このように、原因を勘違いしてしまうことはありがちです。自分の毛穴トラブルの原因をきちんと把握しておくことが、美肌になるための第一歩なのです。

■毛穴の「大きさ」には、遺伝が関係していた!

「友達は毛穴が小さくて目立たないのに、私は毛穴が大きいのが嫌だ」と悩んでいる方がいるかもしれません。
しかし毛穴の大きさ・小ささは、ケアの良し悪しによって決まるわけではありません。
実は、遺伝が大きく関係しているのです。そしてそこには、男性ホルモンの量が関わっています。
男性ホルモンの量が多い人は、毛穴も目立ちやすくなるのだそう。
生まれもった毛穴の大きさは、化粧品などで縮めることはできません。

しかし、もちろん毛穴の状態は化粧品や美容ケアで改善することができます。

・皮脂で毛穴が詰まってしまい、黒ずんだりしている状態
・肌がたるんで、毛穴が広がって見えている状態

このような状態は、スキンケアを続けることで予防したり、改善したりすることが可能です。
しかし、毛穴の状態によって対処法も変わってきます。まずは、自分の毛穴がどんな状況にあるのかを知るべきでしょう。

■主な毛穴トラブル3種!そしてその対処法とは

毛穴トラブルに悩む女性

①毛穴が詰まった状態

毛穴の中の皮脂腺から分泌されてくる皮脂と、古くなった角質が混ざり合うと、角栓になってしまうことがあります。この角栓は、毛穴を詰まらせてしまうことがあるそうです。
Tゾーンの毛穴が目立ってしまう人はこのタイプかもしれません。
「毛穴の汚れをキレイにする」ことができるだけでなく、保湿について重視すべきでしょう。

まずはデイリーケアを重視すること。余計な角質は肌からちゃんと落としましょう。皮脂だけでなく、角質を落とすための洗顔料やコスメを使うことが大事です。
ただし、保湿も忘れずにしておかないと乾燥肌になってしまうかも!

毛穴パックも角質除去には効果的ですが、このタイプの商品を使用しても毛穴の大きさは変わりません。

②毛穴がたるんだ状態

肌の老化によって毛穴がたるんでしまい、目立つようになることもあります。
毛穴がしずくのような形になっているならば、もしかしたらこのタイプかも。このような毛穴は、頬で目立ちがちです。
だからといって、引き締め効果がある化粧水ばかりを使うのはNG。アンチエイジング専用の化粧品を使用するのがいいかと思います。

予防には「レチノール」入りの化粧品は肌の毛穴の引き締めに効果的とされていますが、刺激が強いこともあります。
ビタミンCを配合した化粧品、特に誘導体型のものを選ぶといいとされています。

③生まれつき毛穴が大きいタイプ

生まれつき毛穴が大きくても、肌の調子とは関係ないのでは?と思う人もいるかもしれません。
こういう肌の方は、オイリー肌や赤っぽい肌になりがちです。それが進化して、敏感肌になってしまう方もいるでしょう。
こういう方は、肌のこすりすぎや毛穴パックのやりすぎに注意したほうがいいでしょう。

肌がテカりやすい人は、こまめに皮脂を取り除くことをおすすめします。
過剰に皮脂を排除しすぎるのも肌に良くありませんが、そのままにしておくと肌の上で酸化を始めてしまいます。
そうならないためにも、放置は避けましょう。

■「糖分の摂りすぎ」「ダイエット」「喫煙」が原因で、毛穴が開くこともある

生活習慣が原因で毛穴が目立つようになることもあります。喫煙や過度のダイエット、不規則な生活はホルモンバランスを崩す原因になります。そのせいで、毛穴の開きも目立つことになるでしょう。また、過度の日焼けも肌の老化をまねき、毛穴をたるませるので厳禁です。

肌トラブルは体の内側からもケアする必要があります。つまり、皮脂分泌を抑えるような栄養素を摂取することがおすすめです。
また、糖分や脂質のとりすぎで皮脂が分泌されることもあります。甘いものは控えて、揚げ物などは避け、食材は「蒸す」「茹でる」「煮る」ことを重視しましょう。

また、どうしても改善できない毛穴トラブルは皮膚科にかかるのもおすすめです。
美容皮膚科でピーリングやレーザーなどの施術をしてもらうことで、よりきれいな肌を手に入れることができるでしょう。しかし、予算は10万円以上かかることもあります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)