menu

あなたのシミはどのタイプ?知っておきたい5種類のシミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌にできたくすみは全部「シミ」だと思っていませんか?
「美白化粧品でお手入れをすれば、シミは予防、もしくは改善できる」
というのは正しい知識でもありますが、間違ってもいます。
美白化粧品で手入れをしても、改善しないシミだって存在するのです!
「いくらお手入れしても、シミが全然薄くならない」という方は、もしかしたらケア自体が誤っているのかも。
また、いくら美白ケアをしても、UVケアをしなければシミが改善されないこともあります。

シミと呼ばれているものにも、いろいろと種類があります。自分のシミがどういうものなのかを知って、その原因を正しく理解し、お手入れをする必要があるのです。

■あなたのシミは、どのタイプ?

①老人性色素斑

これがいわゆる「シミ」というものです。
紫外線の影響でできてしまうものであり、頬骨のラインに沿ってできやすいとも言われています。数ミリ程度の小さなシミもあれば、数センチ大になってしまうシミもあります。
丸みを帯びた形をしているものが多く、最初は薄茶色をしているものの、放置しているとだんだんと濃く、はっきりとした色合いになってくるでしょう。
何年も放置していると、肌がボコボコと隆起してしまうこともあります。

美白化粧品のケアは、初期のシミならば効果をあらわすこともあります。ただし、肌に定着してしまったものは簡単に消すことはできません。これは、既に皮膚に定着してしまっているから。できあがってしまったシミは、レーザー治療などでないと、消すことは不可能とされています。

②脂漏性角化症

①のシミがさらに進行すると、肌表面が盛り上がってきてしまうことがあります。イボのような形状になり、より目立つことになるでしょう。これが脂漏性角化症です。

こうなってしまうと、化粧品でのケアはできません。レーザー治療や凍結治療で改善することができます。

③ソバカス

正式には「雀卵斑」というものです。日焼けでできた小さなシミのことをソバカスということもありますが、本来は遺伝でできたものだけを指します。

遺伝でできるソバカスは、10代の頃からできるとされています。「鼻を中心に、ほっぺたにも広がってできる」「シミのひとつひとつの形状が角ばっている(丸みを帯びていない)」のがその特徴でしょう。日本人にはあまり見られないものでもありますが、色白の人にはできやすいとされています。

美白化粧品が効果をあらわすこともありますが、「薄くなる」程度です。
レーザー治療は効果的とされていますが、時間をあけるとまた肌に出てきてしまうというケースもあるそうです。

④色素沈着

正式には「炎症性色素沈着」と呼ばれるものです。これは、ニキビ跡や傷跡、虫刺されなどが原因で色素が沈着してしまい、シミのような形状になってしまうものです。

このようなシミには、美白化粧品が効果的です。また、ピーリングなどの治療も効果的ではありますが、シミを除去できるまでにかなり時間を必要とすることもあり、個人差が出やすいでしょう。
また、色素沈着してしまったシミがあるにも関わらず日焼けしてしまうと、より消えにくくなるとされています。

⑤肝斑

CMでもたびたび耳にする「肝斑」。これって普通のシミとどう違うのでしょうか?

肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れからくるとされています。頬骨の上のラインにできやすいので、普通のシミと間違える女性も多いようです。
ただし「形状がわかりにくく、肌がくすんで見える(一般的なシミのように、丸みのある形ではない)」「左右対称にできやすい」「茶色だけでなく、グレーがかった色になることもある」「鼻の下や額に出ることもある」といった特徴もあります。

この肝斑は、老化で出るのではありません。「妊娠している人」「ピルを飲んでいる人」「更年期の人」などに症状が出やすいそうです。

この肝斑には、美白化粧品や内服薬が効果的です。漢方薬などもおすすめです。併用することで、より早く改善できるでしょう。

反対に、肝斑はレーザー治療で取り去ることはできません。

■美白化粧品の選び方とは?

それでは、シミの予防や改善に効果的な美白化粧品はどうやって選ぶのがいいのでしょうか?

美白成分といっても、驚くほどたくさんの種類が存在します。
それらを配合した商品もたくさんありますから、選ぶのが大変でしょう。そのなかで、もっとも効果がある成分とは何なのでしょうか?

これは、答えを出すのが難しい問題です。「ビタミンC誘導体を配合した美容液が一番効果的だった」という人もいれば、他の成分のほうが効いた!という人もいます。敏感肌の人、乾燥肌の人、オイリー肌の人など、その肌質によって選ぶべき商品も変わってくるでしょう。

ですから、ある程度は試してみるしかありません。サンプルなどを上手に利用して、自分の肌に合った美容液を選ぶことが大切になってきます。

美容皮膚科などでは「ビタミンC誘導体」や、カモミールに似た成分だとされる「カモミラET」を使用することが多いそうです。
肌の弱い人でも使いやすく、アンチエイジング効果も期待できるのでおすすめです。

なお、化粧品を選ぶのに慣れていない方は「医薬部外品指定」の成分が入っているものを選ぶのもいいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)