menu

日焼けしたくない!美肌のために知っておきたい「使える日傘の選び方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線対策に欠かせないのが、日焼け止め。ですが、日焼け止め以外にも用意しておきたいのが、帽子や手袋、そして日傘です。直接、紫外線をカットしてくれるアイテムがあると心強いですよね♪
でも、モテ美女だからこそ日傘にはこだわりたいもの。実は、日傘によっては「使ってもあまり意味がない」ものもあるってこと、ご存知でしたか?

 

日傘は何色を選ぶといい?

日傘 紫外線カット

日傘にはいろいろ種類がありますが、やっぱりメジャーは「白」と「黒」。でも、どっちを選ぶのがいいの?と迷われている人もいるかと思います。
白い日傘は、紫外線を反射させて紫外線をカットします。それに対して、黒は紫外線を吸収するカラーです。どちらも効果が高いですが、黒のほうがよりカット率が高いと言われています。というのも、濃い色のほうが紫外線を防ぐ効果が高くなるからなんですって!

ただし、UV加工がなされていればどの商品でも差はありません。まず商品を購入する時には、UV加工がちゃんとなされている商品なのかどうかを確認しましょう!

日傘を選ぶ時に気を付けたいのが、裏地です。でも、傘の裏がどう関係してくるの?と思われるかもしれませんが、アスファルトの照り返しのせいで日焼けしてしまうことがあるのです!だからこそ、日傘の裏地は黒いものを選ぶのがベターです。
日傘の裏地が白だと、照り返しの紫外線がさらに反射され、日焼けしやすくなりますので注意しましょう。シルバーや淡いパステルカラーなどの色も同様です。顔がシミだらけ・シワだらけになってしまうこともあるかもしれませんので、注意しましょう!

柄モノはアリ?ナシ?

日傘にもいろいろ種類がありますが、なかには柄が入っているものもありますよね。花柄やワンポイントのイラストが入っているものは、日焼け止め対策にはどうなのでしょうか。
実は、柄物は日焼け止め対策にはあまり向いていません。
柄が入っている部分だけ、紫外線を通してしまう可能性があるからです。表記も、もっとも遮光性が高い部分のみを記載している可能性がありますので、できればシンプルなデザインのもののほうが安心かもしれません。

 

日傘は何年もつ?

どのアイテムにも寿命があります。では、日傘はどのくらいもつのでしょうか。UVカット加工は、実は日傘を染色する段階で、紫外線を遮断してくれる薬品を混ぜ込んで染めています。なので、雨に打たれたり、持ち歩いたりしているうちにUVカット加工の効力は低くなっていき、2~3年で効果は切れてしまうそうです。
しっかりお手入れをしていて2~3年ですから、雨傘と兼用している場合にはもっと寿命が早まる可能性もあります。

「濡れたら乾燥させること」「直射日光の当たる部分で保管しないこと」などに気を付けましょう。

 

日傘のおすすめ素材は?

日傘 日焼けしないために

日傘の生地にも好みがありますよね。レース風の日傘はかわいらしさも満点♪女子力がアップしそうな感じもします!ですが、これではちゃんと紫外線をカットできません。生地は厚めで、布目が詰まっているものを選んだほうが日焼けしないで済むのです。

紫外線カットより、涼やかに過ごしたい!

紫外線カットもいいけれど、暑いのが何よりイヤ!メイクは崩れるし、肌はベタベタ。それを防ぎたい!という人は、UV加工がしてある白やシルバーの日傘を選んだほうがいいでしょう。熱の反射を抑えてくれます。素材は、綿や麻、絹などがおすすめです。熱がこもりにくい素材を選べば、蒸れにくくなります。

 

日傘は折り畳み?それとも通常タイプ?

日傘 日焼けしたくない

さて、傘自体のタイプはどんなものがいいのでしょうか。普通の長傘タイプがいいのか、折り畳みタイプがいいのか?それぞれのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

通常タイプの日傘は、とにかくしっかりしているのが長所です。デザインも凝ったものが多く、いろいろアイテムを選べるでしょう。その代わり、持ち運びが面倒というデメリットもあります。

折り畳み傘は持ち運びに便利ですが、傘の骨の強度が充分ではないこと、フォルムがあまりキレイに見えにくいこと、傷みやすいといったデメリットがあります。また、いちいち折り畳むのが面倒という人もいるでしょう。
荷物が多い女性や、お子さんがいるママさんにはおすすめです。

もうひとつ、あまりメジャーではありませんがショートパラソルという商品もあります。通常タイプと折り畳みタイプの中間くらいのサイズであり、持ち手が伸縮するのが特徴です。通常タイプより、傘の部分が小さくなっているのも特徴的でしょう。
小振りな日傘が欲しい女の子は、ショートパラソルもおすすめですよ。

紫外線を徹底カットしたいなら、複数持ちが一番いいでしょう。

 

まとめ

美女ならば、日傘のひとつくらい持っていて当たり前!お出かけの目的や時間などによって、使い分けるのもおすすめです。帽子やサングラスだけでなく、日傘を差して日焼け止めを塗ることで、夏でもよれないキレイ素肌な美人になりましょう♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)