menu

モテ女子ならトーゼン知っておけ!正しい制汗剤の選び方・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かい季節になってくると使う機会が増える制汗剤。でも、もしかしてその制汗剤の選び方はあなたに合っていないかもしれません。自分に合った制汗剤を選ぶこと、そして正しく使うことを心がけるようにしましょう。

そもそも、臭いの原因とは何でしょうか?
臭いの原因となるのは、実は汗ではありません。汗と一緒に毛穴から出てきた老廃物や、そこに繁殖した菌が臭いの原因になるのです。
だからこそ、雑菌の繁殖を抑えることが臭わない女子になるための一歩なのです。さあ、制汗剤で臭いを抑えましょう!

 

制汗剤にはいろんなアイテムがある!

制汗剤 耳垢

制汗剤には、大まかにわけると何種類かあります。たとえば「制汗」作用が高いもの、もしくは「抗菌」作用が高いものです。こんな風に、汗を抑えてくれるもの、菌の増殖を抑えるものは人気がありますし、皮脂を吸着するものもあるでしょう。

一般的なのはスプレータイプです。サッと使えるので便利ですよね。他にも、ワキに塗りこむことができるロールオンタイプやスティックタイプ、直接肌につけられるクリームタイプやジェルタイプ、手軽に使えるシートタイプなどもあります。

 

自分の体臭をチェックする方法

では、自分の体臭をチェックしてみましょう。自分では無臭だと思っているのに、意外と臭う……なんてことがありますので、チェックは必須です。
チェック方法は簡単です。綿棒で耳を掃除してみましょう。カサカサではなく、ジュクジュクでネットリした耳垢の女性は、体臭が強いとされています。ちょっと湿った程度ならば、「もしかしたら臭うかも?」程度。カサカサの女子は、体臭がほとんどないとされています。

 

臭いやすい女子は、普通の抗菌剤でもOK

臭いほどではないけれど、体臭が出やすい女性は抗菌剤が入っているスプレーや、アルコール入りのシートで肌を除菌してから、制汗スプレーを使用してみましょう。
植物性の制汗スプレーやシートを使えば、臭いは充分にセーブできます。サラサラタイプのアイテムで充分臭いはカットできますよ!

 

汗をかきやすい女子は、クリームタイプの制汗剤がイイ

制汗剤 汗かき

クリームタイプの制汗剤は、肌に直接塗りつけて臭いを消すことができるので、高い効果が期待できます。実は汗かきの女の子には、パウダータイプの制汗剤は向いていません。パウダーが汗で溶けてダマになったり、固まったりしてしまうのです。そのせいで、余計に臭うことも……だから、クリームタイプのほうが使い勝手はいいでしょう。

なお、スポーツなどで汗をかいた後にはシートタイプでもいいかと思います。外で汗をかいてしまい、シャワーをなかなか浴びることができない時にはシートで汗を拭いてから、制汗スプレーを使用しましょう。

 

制汗剤の正しいつけ方を知る

制汗剤 正しく使う

制汗剤には、効果のあるつけ方があります。どうせなら、効果がより高いつけ方を選びたいですよね!

まず心がけたいのが、制汗剤は夜つけるということ。特にいいのが入浴直後とも言われています。汗をかいた後ではなく、汗をかく前に使用すれば、菌の繁殖を事前に防げるというわけ!肌をキレイにしてから制汗スプレーを使用すれば、そのパワーがいかんなく発揮されるのです。

もしくは、寝る前につけるといいそうですよ。というのも、夜は日中ほど汗腺が活発に動かず、皮膚も乾燥しているから。実は、制汗剤の成分は24時間は持続するとされています。これならば安心して、夜に使用できますね!

なお、制汗剤は全身にスプレーしてはいけません。汗腺が塞がり、肌トラブルや体調を崩す原因になることもあります。また、体臭を気にしている人が殺菌作用の高い製品を使用すると、逆に臭くなってしまうことがあります。やりすぎは禁物です。
もうひとつ気を付けたいのが、汗の上からかけても効果はありません。まず汗を拭いてからつけるようにしましょう。

 

自分でできる!「ミョウバン」で制汗

乾物屋などで販売されている焼きミョウバンを使用すれば、制汗剤として利用できます。そのままではなく、すり潰して使うようにしましょう。粉末状にしたミョウバンを、臭いが気になるワキの下などにすり込みます。最初にワキを水で湿らせておくと、粉が馴染みやすいでしょう。汗をかいてもサラサラですし、臭いもしにくくなります。

また、おすすめはミョウバン水です。ミョウバンが50グラム・水は1.5リットルで作れますし、それを原液として使用する時にはさらに10倍に薄めます。制汗剤を購入するよりリーズナブルなんですね!
ちなみに、このミョウバン水はニキビ予防としても、虫よけスプレーとしても使えるそう。いろんな使い方があるんですね♪

 

まとめ

制汗スプレーを賢く利用することは大切ですが、それだけではダメ。服やタオルを清潔に保つようにして、臭わないように気を付けましょう。制汗剤をうまく使えば、気になる臭いもしっかり抑えられます。まずは自分の体臭のレベルを知って、自分に合うアイテムを選ぶようにするのがいいでしょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)