menu

夏になる前にケアしよう♪ひじとひざのガサガサ・黒ずみの原因とケア方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

露出の高い季節になると、気になってくるのがひざやひじのガサガサ。ひじやひざが黒ずんでいたり、乾燥してガサガサになっていたりすると、「スキンケアをちゃんとしていない人なのかな」なんて思われてしまうかもしれません。しかもこういった黒ずみやガサガサは、放置していてもいいことはありません。むしろ、もっと汚くなってしまう可能性があります!
せっかくかわいいファッションと素敵なスタイルをしていても、ひじやひざが汚いだけで美人には見えません。そのケア方法をぜひ知っておくべきでしょう。

 

ひじやひざのガサガサの原因はどこにある?

ひじの角質

ひじやひざがガサガサしてしまう女性は、何に気を付ければいいのでしょうか?
まずは、外部刺激です。ひじは机などについたりすることが多いですし、ひざは床に座って仕事や家事をすることが多い人は荒れてしまいがちです。その刺激のせいでひざの角質はどんどん分厚くなり、肌もくすんできてしまいます。そもそも角質は保湿に役立ち、外部からの刺激を受けにくくするためのものです。
また、ひじやひざは皮脂腺が少なく、汗をかきにくいパーツです。それだけに乾燥しやすい部位でもあるのです。放置するとガサガサどころかカチカチになってしまうかもしれませんので、ちゃんとケアをするようにしましょう。

 

ひじやひざのガサガサケアはどうすればいい?

ひじやひざのケアをする時、まず保湿クリームを塗る人がいます。しかし、角質が厚くなっているところにクリームを塗りこんでも、ほとんど意味はありません。まずは角質をオフしなければいけないのです。

お風呂にゆっくりと入り、角質をやわらかくしてから、スクラブの入った洗浄剤などでマッサージをしていきます。優しくこすりながら角質を落としましょう。この時に、ゴシゴシ洗いすぎてしまうと余計に角質が厚くなってしまうでしょう。軽石でこするなどは絶対にやめてください。
なお、このケアは月に1~2度ほどで大丈夫ですが、継続して続けるようにしてください。

このように、保湿をオフしてから改めて保湿を行いましょう。クリームでもオイルでも、手持ちのものでOK。しっかり保湿して、それでも足らないと思ったらラップをかぶせてフタにします。そうすることで、保湿成分が肌の奥まで浸透しますよ。

角質オフは定期的にでもいいですが、保湿は毎日行うようにします。
また、ひじをついてデスクワークをしたり、床の上をひざで歩いてこすったりしないようにしましょう。

 

ひじやひざの黒ずみはどうして起こる?

ひざの角質、黒ずみ

ひじやひざがくすんで茶色く見える。もしくは、黒っぽく見える。この原因とはどこにあるのでしょうか?
もともと、関節は動きやすくするために皮膚が伸縮しやすくなっており、そのせいで黒ずんで見えやすいパーツです。ですが、ひじやひざをまっすぐ伸ばしている時にも黒っぽく見えるならば、それは明らかに「黒ずみ」です。

その原因は「色素沈着」です。ぴたっと体にフィットする服を身につけていたり、家具や床などにこすれているうちにだんだんとメラニン色素が沈着していってしまうのです。

 

黒ずみのケア方法とは

ひじやひざの黒ずみをケアするなら、まずは何をすべきなのでしょうか?
最初に気を付けるべきなのが、「習慣」の見直しです。ケアをしていても、ひじやひざを黒ずませる習慣を続けていたら意味がありません。ひじやひざをついついてしまうというしぐさのクセ、体を強くこすりすぎたりひっかいたりしてしまうクセなどは改善しましょう。

それでは、すでに黒くなってしまっている部位はどうしたらいいのでしょうか。まずは皮膚をやわらかくするためにお風呂などに入り、スクラブなどを使用してマッサージします。ガサガサに悩んでいる人と同様にケアをするようにしましょう。こちらもあまり頻繁にこするのはおすすめしません。また、角質オフした後は保湿をするようにしましょう。

 

黒ずみケアができる「重曹」もチェック!

掃除や料理にも使える重曹。さらに、角質のケアにも使えるって、ご存知でしたか?
スーパーや薬局などでも購入できる重曹ですが、肌ケアに使うなら食用の重曹を使ってください。そのほうが粒子が細かく、肌のお手入れに向いています。

やり方はこうです。
重曹を大さじ1杯用意して、そこに水を小さじ1加えます。そしてよく混ぜ、ペースト状にしましょう。そのペーストを、黒ずんでいる部分に塗りこみます。円を描くようにクルクルと塗りこみましょう。そうしてマッサージを続けた後、水で洗い流します。そして、タオルで優しく水分を拭き取りましょう。そして、普段使っている化粧水や保湿クリームでケアをします。
これでケアができるんですよ!ただし、少なくとも1週間に1度のケアにとどめましょう。

 

まとめ

角質があまりにガサガサしているようならば、ひじ・ひざ・かかと用の尿素配合クリームを使用してみましょう。
黒ずみやガサガサは、すぐに改善しないこともあります。それでも根気よく治療を続けてみましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)