menu

誰にでもわかる!シミの原因とその対策「日焼け止め」選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌にできてしまうと、その後の対策が大変なのがシミ。
シミは作るのは簡単ですが、消すためはかなりの時間と手間がかかります。
「シミを絶対に作りたくない!」と言う人もいれば、「シミをこれ以上増やしたくない!」と頭を抱えている女性もいるでしょう。

そんな方のために、シミの原因について、そしてそのケア方法についてお教えします。

■シミの原因は「紫外線」にあった

シミは、紫外線とは切っても切り離せない関係にあります。「日焼け止めを塗らないまま過ごしていたら、シミになった」という話は誰でも耳にしたことがあるでしょう。

そもそも、シミは肌の中に含まれているメラニンによってできるともされています。メラニンは紫外線を浴びることによって作られますが、そもそも肌を守るために存在しているもの。もしも人間の体にメラニンが含まれていなかったら、皮膚がんを発症してしまうでしょう。

シミはすぐに姿を現すものではありません。少しずつ肌の表面に浮かび上がってきて、角質となるのです。正常な代謝があれば、この角質は肌から剥がれ落ちていくでしょう。しかし、これがうまくいかないとシミが肌の上に残ったままになってしまうのです。

また、紫外線を浴び続けると、メラニンもそれだけたくさん体内に作られます。大量のメラニンが体内にある場合、肌の外にそれを排出するペースが追い付かなくなり、シミ化することがあります。

つまり、シミができる原因は
・代謝がうまくいかず、肌の角質(メラニン)がうまく体の外に排出されない
・メラニンの分泌量が多い
という2つに絞られます。

紫外線は、肌を疲れさせ、細胞自体にダメージを与えてしまうことがあります。肌の正常なサイクルを壊してしまう紫外線。しかし、これは人間の目で発見できるものではありません。ですから、ちょっと油断するだけで肌にダメージが残ってしまうのです。こうして徐々にダメージが蓄積されていき、いつの間にか「シミ」としてあなたの肌の上に現れるのです。

■しかし、紫外線だけがシミの原因になるわけではない

しかし、紫外線だけがシミの原因と言うわけではありません。
肌のトラブルのせいで、普段は処理できるはずのメラニンがうまく排出できなくなることがあります。

そのトラブルの一例として挙げられるのは、以下のものです。
・肌荒れ、乾燥、吹き出物など
・肌を清潔に保っていない環境
(洗顔をしていない、メイク道具やタオルなどが不潔である)
・肌を強くこすったり、ひっかいたりする行為
・ストレス

最後の「ストレス」はどういうこと?と思われるかもしれませんが、ストレスがシミを増やすことがあります。
もしかしてシミがあるかも?とか、シミが増えたかな?濃くなったかな?と考えることで、気持ちがより落ち込んでしまうことがあります。その気持ちの乱れが、代謝のサイクルを乱してしまうことがあるのです。

■シミの対策となる美白化粧品も、ちゃんと選ぶことが大事

シミのケアにうまく活用したいのが、美白化粧品です。
どんな商品がいいのか?というと、はやりシミができた原因やその人の肌質によるところが大きいですが、もっとも大事なのは「三日坊主にしない」ことでしょう。
美肌もダイエットと一緒です。
毎日こつこつ続けることで、美白になることができるのです。

また、商品のなかには「肌にできてしまったメラニンを分解するため」のものもありますが、「メラニンを押し出して、ターンオーバーを促すためのもの」もあります。

しかし、まだシミができていない人はお肌の調子をいい状態に整えながら、毎日地道にお手入れすることです。

肌の調子を整えるために、「輪切りのレモンを肌の上にのせる」という人もいますが、これはあまり意味がありません。むしろ、肌に悪影響があるとされています。柑橘系に含まれている物質のなかには、光に当たると肌に強い刺激を与え、シミを作る手助けをしてしまうものもいるのです。
美容ケアも、正しい知識をもって行うべきでしょう。

■まずは日焼け止めをちゃんと塗る習慣を!ここに注目して選ぼう

まず、シミ対策として簡単にできるのは日焼け止めをちゃんと塗ることです。
ただし、どんな日焼け止めでもいいわけではありません。

・落としやすい日焼け止めを選ぶ

日焼け止めを塗っても、それを落とさないで放置していたらやはり肌の負担になります。
長い時間肌につけていることになる日焼け止め。なるべく負担が少ないものを選びたいですが、落としやすい商品を選ぶのもポイントです。

・SPFやPAの値が高い=効果があるではない

そもそも、SPF値やPA値の高い商品はリゾートやレジャーで楽しむ時向け。
普段遣いは向いていません。普段遣いできるような商品を購入して、こまめに塗り直した方がシミができにくくなるでしょう。

・保湿成分が入っているかもチェックしよう

コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されている商品は、肌を乾燥しにくくしてくれます。
実際に使用してみて、肌がパサついたりつっぱったりするような感覚があれば、別の商品をおすすめします。

■まとめ

シミができたからって、あきらめてしまうのはもったいない。
ちゃんとケアすることで肌のシミも予防・改善できるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)