menu

食後30分の運動が劇的に脂肪を燃やす!10分のウォーキングでヤセ体質を目指そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事をした後は運動をしないほうがいい!なんて話がありますが、代謝を良くするためには食後の運動がいいとも言われています。
特に、炭水化物が好きな人は食後の運動がおすすめ!
その運動は、何も激しいものではなくてもいいのです。
たとえば、ウォーキングならば運動に不慣れな人でも大丈夫。
さあ、食べたらすぐに運動してみよう!

■炭水化物が脂肪に変わりやすい理由

炭水化物には、たくさんの糖が含まれています。この糖は血糖値を上げ、すぐにエネルギー化します。激しい運動を欠かさずしている人にはいいでしょうが、この糖を使い切ることができなければ脂肪になります。炭水化物の摂りすぎで太ってしまう人は、消費が追いついていないのです。

ただし、すぐにエネルギーに変化するということは、それだけ燃えやすいものでもあります。すぐにカロリーを消費するようにすれば、血糖値も上がりにくくなりますし、脂肪も減るかもしれません。

ちなみに、炭水化物を摂取した後に、糖の消化や吸収がピークとなるのは食事をした後の60分から90分だそう。 その間に運動してみましょう!
おすすめはウォーキング。10分程度で構いませんので、毎日こつこつやってみて下さい。全身の筋肉を使う運動は、糖を燃焼させるのにぴったりです。

■「食後30分」で運動をするのがおすすめの理由とは

食事直後ではなく、食後30分してからはじめるのがおすすめ。 食事のすぐ後に運動するのは、腹痛の原因になることもありますので勧められません。

苦しくなるほどのペースでやる必要はありません。無理のない範囲で10分ほど歩けばいいそうです。食事制限と同じくらい効果的なので、習慣にすれば太りにくい体質になるでしょう。

また、脂肪をより燃やしたい人は、時間のある時にウォーキングをする習慣を身に付けるのがおすすめ。少し長めに歩くだけでもおすすめです。なお、ウォーキングには代謝を良くするだけでなく、体を丈夫にしてくれますし、ストレスを発散できるリラックス効果もあります。

■正しいウォーキングのやり方とは?

正しいウォーキングの姿勢とはどんなものなのでしょうか?まず、あごをひき、視線は遠くを見つめます。背筋はしゃんと伸ばしましょう。
猫背の方や、下を見て歩きがちな人は気を付けて!

また、肩との力を抜き、腕は前後に大きく振ります。慣れていないと恥ずかしいかもしれませんが、思い切ってやってみたら意外と気持ちがいいもの!爽快感もあります。

歩幅は大きめにします。意識して普段よりも前に脚を出しましょう。かかとから着地をして、つま先で地面を蹴るイメージで歩きます。

大股かつ早足で歩くことで、ふくらはぎの筋肉がしっかり伸び縮みします。その影響で、むくみや冷え症、さらには便秘まで改善したという声もあります!

■ウォーキングをする時の呼吸は、腹式呼吸をイメージせよ!

ウォーキングでは、呼吸をする時にもコツがあります。浅くハァハァと呼吸していてもあまり意味はありません。しっかり息を吸い込み、吐くことが大事です。鼻で吸って息を吐くのはもちろん、腹式呼吸を意識するのも大事。息を吸い込んだ時にはお腹をぐっと膨らませ、息を吐く時にはギューッと腹筋を引き締めます。こうすることで、効果が上がることでしょう。

なお、脂肪を燃やすためには長時間運動しなければいけないという話もありました。しかし、最近では研究が進み、こま切れに運動しても効果は変わらないという説も出てきています。まとめて運動することができなくても、まめに体を動かすようにしましょう。
また、毎日続けるのはなかなか難しいという方は、週3でもかまいません。とにかく、定期的に運動することが大事です。

食後のウォーキング ストレッチ

■筋トレやストレッチと組み合わせてみるのもおすすめ

なお、ウォーキングの効果をもっとあげたい!という人には筋トレが、とにかくケガを避けたいという人にはストレッチがおすすめです。筋トレをすると、一時的に代謝が高まります。余裕がある人は腹筋や背筋を鍛えたり、スクワットをしたり、縄跳びをしたりなど、筋トレや有酸素運動を取り入れてみましょう。運動が苦手な人は、ストレッチで足のすじをしっかり伸ばしましょう。しっかり体を伸ばしてからのほうが、ケガをしにくくなります。

■ウォーキングの前には、コーヒーが効く!?

ウォーキングの前には、コーヒーを飲むのがおすすめだという説もあります。これは、コーヒーに含まれているカフェインが脂肪の分解を促進してくれるからだと言われています。他にも緑茶や紅茶にもカフェインは入っていますので、チャレンジしてみる価値はあるかも!
ただし、運動中は水を飲むことをおすすめします。

■まとめ

早歩きを意識したウォーキングで、太りにくい体を作ることができます。成人病予防やアンチエイジングにもおすすめの食後すぐの運動。
食べてすぐゴロゴロするのは卒業して、歩く習慣を身に付けてみてはどうでしょうか。健康的に痩せることで、太りにくい体を目指しましょう!

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)