menu

飲むだけ・食べるだけで痩せる!小豆ダイエットでスリム美女になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットや美容にいいと言われている「豆」。でも、豆もいろいろあるからどれを選ぼうか迷ってしまう!そんな人におすすめなのが「小豆」です。実はダイエットにもスゴイパワーを発揮してくれるんですって!

小豆は糖質でできているイメージがあるかもしれませんが、タンパク質も含まれています。それだけではありません。ビタミンB、食物繊維、鉄分、カリウムが入っています。便秘改善にもいいですし、利尿作用もあります。つまり、老廃物を体外に排出してくれる作用があるのです。

大豆の皮には、サポニンという成分も入っています。脂質の代謝を促し、太りにくい体にしてくれることでしょう。毎日食べれば、痩せ体質になれるかもしれません。

 

小豆を食べれば痩せられる!

小豆は痩せ体質になりたい女性にぴったり。便秘改善だけでなく、脂肪燃焼、むくみ改善にも役立つとされています。
ビタミンB1は糖質代謝にいいですし、ビタミンB2は脂質代謝に効果があると言われています。ビタミンB群は、女性に欠かせない成分なのです。ビタミンB群をとっていないと、体の中のエネルギーがどんどん脂肪に変化しちゃうんですよ。

また、小豆には大量のカリウムが入っているのです。体内の余計な水分を体の外に出してくれるので、顔や脚などの気になるむくみもとれるでしょう。
さらに、小豆には食物繊維がたっぷり入っています。しかも、不溶性食物繊維なので、便通を良くするのに効くとされています。

脂肪の蓄積を防ぐために、小豆を役立てましょう。

それだけではありません。疲労回復や二日酔いの防止にも役立ちます。
さらに、美肌にもイイ!というのは、抗酸化作用が強いポリフェノールが含まれているから。小豆にポリフェノールが入っているとは驚きですね。ポリフェノールはシミやくすみを改善してくれる・予防してくれる効果も期待できます。

 

痩せられるだけじゃない!「小豆茶」

小豆ダイエット 小豆の効果

小豆を料理やパン、お菓子に使用しても効果があるとされていますが、お茶として飲んでもいいんです。そもそもあずき茶とは、煎った小豆で煮出したものを指します。作り方は簡単で、まずはフライパンで10分ほど煎ってから、煮出すだけ!焦がさないように注意しなくてはいけませんが、こうすれば香ばしく仕上がります。なお、保存はあまりききませんので、作った分はなるべくすぐに飲み切った方がいいでしょう。

小豆茶はカフェインを含んでいませんし、カロリーが低いのが魅力です。子どもが飲んでも、妊娠中の女性が飲んでも安心です。

小豆茶にも、小豆本体と同じだけの効果があります。カリウムやサポニンが大量に入っていますので、利尿作用があり、むくみを改善してくれる効果が期待できます。特にサポニンには血中のコレステロール値・中性脂肪値をセーブしてくれる作用がありますので、飲んだら血液サラサラになれるはず。

お茶になっても、食物繊維は失われません。だから、お茶でも便秘に効くんです。健康に気を遣っている人にも、小豆茶はおすすめです。

 

ダイエットにいいとされる「小豆水」

韓国でダイエットにいいとブームになった「小豆水」。小豆が好きな人はチャレンジしてみる価値ありと言えるでしょう!

【材料】
小豆 60グラム
水 900ミリリットル

【作り方】

①水の中に小豆を入れて、一晩ほど漬け込みます。
②翌日、漬け込んでおいた小豆を火にかけます。沸騰したら、中火の状態にしてさらに30分ほど茹で続けましょう。アクをとることをおすすめします。
③できあがったら、熱を冷まします。容器を入れ替えてから、常温ではなく冷蔵庫で保管しましょう。

これを、食事をする30分ほど前に飲むようにします。お腹が減っている時には、小豆を少しだったら食べてもいいんですって。

小豆水は1日5杯以上飲むと、お腹を下してしまうそう。だから、あまり飲みすぎないようにしましょう。また、作り置きはしないほうがベスト。毎日飲む分を作った方がいいそうです。
味は抜群に美味しいとは言えないそうですが、ダイエットにはすごく効果があるそうです。

大事なのは、食事は抜かないこと。しっかり食べて、しっかり痩せましょう♪

 

普通の小豆をストックしたい!

小豆ダイエット 小豆水

料理用に小豆をストックしたいなら、こんな簡単な方法でもできます。

【材料】

小豆 75グラム
お湯 400ミリリットル

【作り方】

①水を沸騰させ、お湯を作ります。小豆は水洗いしておきます。
②保温用ボトルに小豆を入れ、そこにお湯を注ぎます。
③軽く振って、そのまま寝かせます。6~8時間ほど放置したら、できあがりです。

これだけで、料理やお菓子にアレンジできる小豆が作れるんです!ただし、これもできるだけすぐに使い切りたいですね。この小豆であんを作ることもできるそうです。お菓子作りが好きな人は試してみましょう。

 

まとめ

小豆を美味しくアレンジしたい、上手に料理に利用したい。そんな人におすすめのレシピをいくつか紹介しました。ダイエットやデトックスを気軽にやりたい人にもおすすめです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)