menu

老けて見られる額のシワはどうしてできる?6つの改善法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアは毎日気を付けている!と自信を持っている女の子にチェックしてもらいたいのが、額です。髪の毛に隠れているせいで、あまり気が付かない人も多いのですが、額のチェックは忘れてはいかません。

いざおでこ出しをすると、あるものに気付くかもしれません。シワです。額の横ジワは、女性を大変老けさせるもの。笑ったり、上を見上げたりするとできるものですが、そのまま放置していると、いつもシワがくっきり……なんて恐ろしい事態になりかねません!

本来は、年配の女性に現れる症状ですが、最近では20代の女性でも「オデコにシワができちゃった」と悩む方もいるそう。でも、どうして若い女の子の額にもシワができてしまうのでしょうか?

 

額のシワの原因とは?

girl-1360886_640

額にシワができる原因とは、どんなものがあるのでしょうか?

①紫外線や乾燥

シワができる原因として考えられるのは、紫外線や乾燥です。これは額だけではなく、目元や口元、ほうれい線にも言えることですよね。
特におでこは日差しを受けやすく、外部刺激も受けやすいパーツなので、シワができやすいとも言われているのです。また、おでこが脂っこくなりやすい脂性肌の女性も要注意です。脂が気に過ぎて洗顔をしすぎてしまう・皮脂を落としすぎてしまうことで、逆に肌が乾燥してしまうのです。

肌には負担をかければかけるほど、シワやたるみ、くすみなどが進行します。

②表情で肌に負担をかけている

額のシワに関係するのは、外部刺激だけではありません。頻繁に顔をしかめたり、上目遣いしたりしていると、それだけで顔にシワがくっきりと刻まれてしまいます。年をとると、そのシワはより残りやすくなります。
じゃあ、表情を作らないほうがいいの?いつも無表情でいるべき?なんて悩まれる人もいるかもしれません。でも、表情筋が衰えるとそれはそれで問題です。顔がたるみ、保湿力も落ち、シワができやすい環境になってしまうでしょう。

また、寝ている最中に顔に負担がかかっている可能性もあります。ストレスが強い時に、寝ている時でも顔の筋肉がこわばり、自然と難しい表情をしていることがあるそうです。寝ている間、ずーっとしかめっつらをしていたら額にシワができてしまうのは当たり前。
ストレスをほぐし、ゆったり過ごす必要があるでしょう。

それでは、おでこのシワを改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

おでこのシワを改善できるマッサージ

おでこのシワを消すには、手っ取り早いのはマッサージです。おでこの筋肉を鍛え、たるみを改善して、シワを消す効果が期待できるでしょう。
両眉から額へとシワを押し上げたり、眉間からもマッサージをすれば、たるみが改善して、お肌のハリが戻ってきます。

ただし、おでこのシワを消すのにはそれなりの時間がかかります。毎日続けることでだんだんとシワも伸び、血行が良くなってくるでしょう。

それでは、他の方法も合わせてご紹介しましょう!

 

おでこのシワを改善する方法とは?

額のシワ 改善方法

①保湿対策をする

おでこが乾燥していると、やはりシワはできやすくなります。シワを改善するためにも、他の肌トラブルを避けるためにも、保湿は欠かせません!保湿をしっかりすれば、シワやたるみにも効果があります。

②紫外線対策をする

乾燥と同じくらい避けるべきなのが紫外線です。アンチエイジングのためにも、紫外線対策を欠かせません。UVカットのアイテムを使用し、日焼け止めを塗るようにしましょう。

③ビタミンC誘導体の化粧品を使う

肌のコラーゲンを強化すれば、シワができにくくなるんです。そんな時に役立つのがビタミンC。ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使えば、コラーゲン生成に役立ちます。さらに、抗酸化作用も高く、美白にも役立つでしょう。

④ヘッドマッサージも忘れない

頭皮と額の皮膚はつながっています。頭皮の血行が悪くなり、カチカチになると、額にも影響があります。そうならないためにも、シャンプー中に頭皮をマッサージすることも忘れてはいけません。美容院などで、プロの美容師にマッサージしてもらうのもいいかもしれませんね。
頭皮が軽くなれば、肩こりなども改善しやすくなりますよ♪

⑤目元をたるませない!

やはり、目元の皮膚がたるむと額にシワができやすくなります。特にまぶたがたるむと、自然と目や眉を吊り上げるような表情が多くなり、額にシワがよりやすくなります。
また、アイメイクをオフする時に、顔をゴシゴシこすってしまいがち。でもこの習慣が目元をたるませて、額にシワを作る原因になっているかもしれませんね。
目元の疲れもマッサージで改善します。専用のクリームなどをつけて乾燥から守り、優しくマッサージをして血行を良くしましょう。なお、クリームなしでマッサージすると指が肌にひっかかって逆にダメージになることがあります。注意が必要でしょう。

 

まとめ

もうひとつ忘れてはいけないのが、スマートフォンの使用です。スマートフォンのせいで顔がたるんだり、シワができたりするという研究結果も発表されていますので、長時間スマホを見つめて下を向くのはやめるようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)