menu

冬になると肌が乾燥するのにはこんな理由があった!その原因は?保湿剤の選び方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールシーズン乾燥肌に悩まされている女性もいれば、冬になると乾燥してきた!と感じる人もいます。しかし、冬になると乾燥肌になってしまうと感じる人はなぜ多いのでしょうか。
「冬になると肌がカサカサして、かゆみが出てくる」「ひっかいて、肌がぼろぼろになっちゃった」という女性もいるのではないでしょうか。肌をかきむしると、その刺激でますます肌荒れが加速します。女性の肌荒れは、ストレスの大きな原因のひとつにもなるでしょう。
寒くなってくると乾燥肌を意識する女性も、ケアをしなければいけないのです。

■あなたは乾燥肌?チェックしてみよう!

乾燥肌とは、どういう状態の肌を指すのでしょうか。

・肌がかさついている。ツヤがなく、粉をふいたようになっている
・うるおいがない。スーパーの袋や紙がめくりにくい
・ストッキングやタイツを履く時、かかとにひっかかってしまう
・皮膚のカスが服や寝具によく落ちている
・気が付けば、肌をかいている

こういう状態にいくつも当てはまる方は、乾燥肌の傾向があるといえます。

■どうして冬になると乾燥するのか?

乾燥肌は、気温だったり湿度だったりが変化することで生まれることもあります。また、エアコンで空気が乾燥してしまい、乾燥肌に拍車をかけている可能性もあります。

冬ならではの影響もあります。冬は、気温が低くなればなるほど、血の巡りが悪くなります。これは血管を収縮させて、体温が下がりにくくするように体が働くからです。そのせいで、肌の表面や指先、つま先などには血液が行きにくくなるでしょう。血行が悪くなると、体のすみずみまで栄養が届かなくなります。こうなると、肌荒れしやすくなるのです。感想の原因はこんなところにあるのです。

■乾燥肌の原因になるもうひとつの理由・加齢

もうひとつ、乾燥肌の原因のひとつになりがちなのが「老化」です。肌をうるおわせる皮脂の分泌は、ホルモンと深くつながっています。しかし、ホルモンは20代で分泌のピークを迎え、その後はゆるやかに減少していくのです。年齢と共に肌がかさつき、乾燥しやすくなるのにはこんな秘密が隠されていたのです。

■こんな生活習慣が乾燥肌を招いている!

生活環境や加齢だけではありません。生活習慣が乾燥肌を招いていることもあります。

・体を洗いすぎる
体や顔、手などを必要以上に何回も洗っていると、大切な皮脂が肌から失われます。
「毎日、たくさんの洗い物をしている」「強い洗剤を使っている」場合にも、同様のことが言えます。

・ちゃんと眠っていない
生活が不規則で、なかなか眠れていない。こういう人は、皮膚の新陳代謝もうまくいっていません。

・食生活が乱れている
毎日、食事を外食やファストフードで済ませている人は要注意。肌に必要な栄養がとれないからです。

・喫煙する習慣がある
タバコを吸う習慣は、美しい肌を作って維持するビタミンを壊してしまいます。喫煙は美肌の天敵となるでしょう。

■大事なのはスキンケアと、生活習慣の改善

乾燥肌に必要なのは、スキンケアです。 あきらめずに、手入れをすることが大事なのです。

また、肌の乾燥をより悪化させるような生活習慣も改めましょう。いくら保湿剤などを利用したとしても、ライフスタイルが乱れているならば問題解決にはなりません。

「皮膚のカスがたくさん服につく」のは、不衛生だからではありません。必要以上にシャンプーしたり、体を洗ったりするのはやめましょう。洗ったらきれいな肌になるわけではないのです。
気を付けたいのは背中。胸や顔や皮脂が多く分泌されるパーツでもありますが、背中は乾燥しやすいとされています。背中の洗いすぎには注意です。

そして、エアコンの温度設定には気を付けましょう。そして、その風が直接体に当たらないようにするのも大事です。もっともすぐできる対策は、加湿器などを使うこと。パソコンとUSBケーブルで接続できる加湿器などは、気軽に使うことができるものです。

食生活も見直しましょう。コラーゲンの材料になってくれるたんぱく質、ビタミンなども積極的に摂取します。忘れてはいけないのは水分です。温かいハーブティや紅茶などをたびたび飲んで、失われがちな水分を摂取しましょう。夏ほど水分を摂取しなくなる冬ですが、体から水分は失われているのは同じこと。何も飲まなければ水分が失われてしまいます。

■スキンケアに欠かせない、保湿成分の選び方

それでは、ここで保湿剤を選ぶ時のコツをお教えしましょう。

保湿剤の成分には様々なものがあります。
たとえばワセリンです。皮膚の表面に油の膜を作ってくれ、水分の蒸発を防いでくれます。刺激はほとんどないですし、保湿効果も高いでしょう。しかし、ベタつきがありますので、気になる人は多いようです。

セラミドは、角質の水分保持に大事な役割を持つ成分です。保湿効果が高く、かたくなった皮膚を柔らかくしてくれるでしょう。

尿素は、体内の水分を角質のなかに取り込む作用があります。角質のかたい部分を柔らかくしてくれるでしょう。含有量が高ければ高いほど保湿効果は上がりますが、刺激があると思う人もいるようです。

聞き慣れないヘパリン類似物質は、角質のなかの水分含有量を増やしてくれます。皮膚をうるおわせてくれるうえに、血行を良くしてくれるでしょう。

このような保湿剤は初期の乾燥にはいいですが、乾燥トラブルに悩む女性には刺激が強く、かゆみを引き起こすことがあります。
どうしても肌のかゆみが強いと感じたら、皮膚科などを受診してください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)