menu

老けポイント「唇のシミ」の原因は?改善する方法は?5つの対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミができやすいのは、頬や目元というイメージがあります。ですが、もうひとつ、意外にもシミができてしまうパーツがあるんです。それが唇!キレイなリップラインは、モテには欠かせないポイントです。ですが、その唇にシミがあったら……「老けて見える」「オバサンくさい」なんて思われてしまうかも!?せっかくその他のケアをしっかりしていても、唇がシミだらけならば意味がありません。唇のシミの原因や、その予防策をご紹介します。

 

唇のシミの原因

唇のシミ 原因

唇にシミができる原因は、以下の通りです。

①紫外線のせい

シミの原因といえばコレですよね。唇には皮脂腺がありませんので、外部刺激にも弱いのです。だからこそ、紫外線の影響を他よりも受けやすいと言えるでしょう。

②クレンジングできていない

お化粧がちゃんと落とせていない、クレンジング不足である場合にも、色素沈着のせいでシミができてしまいます。当初はほとんど影響はないでしょうが、長い間「クレンジングをちゃんとしない」状態が続くと、肌に油分が蓄積されてしまい、紫外線の影響でシミ化してしまうそうです。

③こすりすぎ

肌をこすりすぎると、色素沈着してしまいます。唇も例外ではありません。このような刺激は、色素沈着の影響になります。洗顔やタオルでこすりすぎるないように気をつけ、さらに「唇をぬぐう」「唇をこすり合わせる」ようなクセは避けましょう。また、マスクのつけっぱなしも唇のシミの原因になることもあります。注意しましょう。

シミ以外にも、「唇が変色してくすんでしまう」「輪郭がぼんやりしてしまう」というケースもありますので、紫外線対策とちゃんとしたクレンジングを心がけ、こすりすぎないようにしましょう。

唇のシミへの対応策

唇のシミ 対策

では、唇のシミを作らないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

①UVカット効果のあるリップをつける

唇にも日焼け止めをつけることはできますが、肌荒れの原因になることもあります。UVカットができるリップクリームなどを使い、唇の日焼けを防止しましょう。

②無添加の化粧品を選ぶ

普通の口紅は鉱油成分がたっぷり入っているため、肌が弱い人にはおすすめできません。唇への負担もかなりかかりますので、シミが気になる人は無添加の口紅を使うことをおすすめします。

③保湿をするようにする

乾燥すると、シミもできやすくなります。炎症が起こりにくくするためには、保湿をするしかありません!唇が潤うようなケアをするように、心がけましょう。唇の保湿は、やはりリップクリームが欠かせません。

もしくは、リップパックでもいいでしょう。唇にオイルやワセリン、リップクリームなどを塗ってからラップで覆い、ケアを行いましょう。敏感肌の女性にはホホバオイルがおすすめです。

もうひとつ効果があると言われているのがクレイパックです。保湿性が高いので、唇も潤います。

ただし、リップクリームは夜塗ったままで塗るのはNGだそうです。肌の油分が残ってしまったまま放置すると、リップクリームといえども肌に良くありません。リップは落としてから寝るようにしましょう。

④洗顔やクレンジングを欠かさない

「面倒だから」と洗顔やクレンジングを怠ると、色素沈着の原因となります。ちゃんと顔を洗うようにしましょう。ただし、オイルクレンジングなどは刺激が強すぎることがありますので、ちゃんとアイテムを見極めることも大事です。スクラブも、人によっては効果がありますが、肌が弱い人には刺激が強すぎることもありますので同様に注意しましょう。

⑤しっかり保湿!

保湿をすることで、シミの改善に効果があります。シミとり専用の美容液などもおすすめです。

 

皮膚科やクリニックでも改善できる

どうしても唇のシミが目立って気になる人は、皮膚科を受診してもいいでしょう。薬でスムーズに治すことも可能です。その場合には、ハイドロキノンが処方されるかと思います。自分でアイテムを購入する場合にも、ハイドロキノン配合のアイテムを選べば、シミが改善しやすくなります。

すぐにシミを消したいなら、レーザー治療という手段もあります。唇でのレーザー治療は、ほぼ痛みがないとされていますので安心です。ただし、どの病院でも受けられるわけではないそうですから、来院する前にHPや電話で確認しましょう。
唇は粘膜なので敏感な場所でもありますが、代謝がいい部位でもあります。アフターケアが必要なく、回復も早いので、デメリットは少ないとも言えます。ただし、くっきりとしたシミでないと治療できないことがあります。

 

まとめ

シミができてしまっている人も諦めないでケアを続ければ、シミが薄くなります。輪郭もはっきりして、色も明るくなってくるでしょう。すぐに、というのは難しいかもしれませんが、徐々に明るく鮮やかなリップに戻るはずです。
なお、対策をしてもシミが消えない場合には、病気の可能性もあります。心当たりがある方は、まずは病院を受診するようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)