menu

夏はむしろ太りやすい!夏太りするのはなぜ?どうしたら痩せられる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になるといっぱい汗をかくし、食欲も減退するから痩せやすくなる!と思う女性もいるでしょう。ですが、実は……夏は痩せる季節ではありません。むしろ、太りやすい季節なのです。夏太りする人のほうが、夏痩せする人より多いという事実を学び、その対策を知りましょう!夏もすっきりスリム美人を目指しませんか?

 

夏は痩せやすいというのはウソ

夏太り 夏は太りやすい

「夏は気温が高くなり、汗をたくさんかくのでそのぶん痩せる」「暑くて食欲がなくなるので、痩せやすくなる」というのは間違いです。「暑い時期はダイエットに向いている!」というのは、勘違いでしかありません。

むしろ、痩せやすいのは冬です。夏に汗をかくのは、運動による発汗ではありません。なので、代謝が高くなっているわけでもないのです。冬は体温より気温のほうが低くなりますので、代謝が自然と高くなります。夏は体温を上げる必要がありませんので、代謝は上がりません。こういうからくりのせいで、冬より夏のほうが痩せにくくなるのです。

そのため、「夏は痩せる」という思い込みをして油断していると、夏太りするかもしれません。夏太りをする人は、痩せる人の3倍以上はいると言われています。特に、徐々に代謝がダウンしていく30代にもなると、夏太りを経験する人は40パーセントはいるとされています。しかも、夏は太りやすいだけではなく、一度太ると痩せにくくなります。普通のダイエットでもそうですが、これには季節的なコトも関係しています。まず、秋になると、食べ物がおいしくて食べ過ぎてしまいますよね。さらに冬になると、忘年会や新年会、クリスマス、お正月など集まりの機会も増えます。そのせいで、体重の増加が止まらないという人も多いでしょう。だからこそ、夏に太ると体重の増加に歯止めがかけにくくなるんです!なので、夏太りする原因とその対策を学んで、夏太りしにくい体を目指しましょう!

 

夏太りする原因とは?

夏太り 原因

夏太りする原因は、大きく分けて3つあります。

①運動量が減少する

太りやすくなる原因のひとつといえば、やはり運動不足。夏になると、エアコンが効いた部屋でゴロゴロするのがいい、外に出て運動をしたくない!と思う女の人も多いようです。ですが、そのままでは運動量は低下して、基礎代謝もどんどん悪くなります。積極的に体を動かさないことで、どんどん太りやすい体質になるのです。

②基礎代謝が低くなる

基礎代謝が高くなるのは、やはり気温が低くなる冬。夏はなかなか気温代謝が高くなりません。なので、夏は自然と代謝がダウンするとされているのです。

③カロリーの摂りすぎ

夏になると「スタミナをつけて、夏バテをしないようにしなくては!」と思い込みがち。でも、基礎代謝が低くなっているのにカロリーが高いものを食べても、体は消費しきれません。カロリーが高いものに合うのはアルコール!と、お酒をグビグビ飲むのもNG。夏に美味しい生ビールなども、飲みすぎると体を冷やしてしまいます。

気軽に食べられるそうめんはヘルシーだよね!という意見も、間違いです。そうめんには油が練り込まれている銘柄もあり、そういったものはローカロリーではありません。つるつると食べられる麺類は決してヘルシーなものではないのです。そばやうどんも、のどごしが良すぎて食べ過ぎちゃうという人は要注意です。

また、そのわりに野菜などを食べない人も多いので、血糖値が急上昇して太りやすい体質になってしまうのでしょう。

④冷たいものを食べ過ぎる

アイスクリームなどの冷たい食べ物、冷えた炭酸飲料などの飲み物を食べ過ぎると、内臓が冷えて代謝が悪くなります。夏だからと言って冷たいものを食べすぎると、逆に太ってしまうでしょう。

 

夏太りを解消するには?

夏太り 対策

夏太りを解消するには、何をすればいいのでしょうか?

①運動する

暑いからといって、運動しないのはやっぱりダメ。適度に体を動かすことで、クーラー病も改善して血行も良くなります。自然にかく汗と運動でかく汗は違いますので、できるだけ運動するようにしましょう。ただし、無理のない範囲でやることが大事です。継続できる運動をすることが、痩せるためには欠かせません。スイミングや屋内でもできるスポーツなどをすることで、夏でも無理なく続けやすいかもしれませんね。

②しっかり眠る

夏になると、ついついアクティブになって夜遊びしちゃう!夜更かしして遊んでしまう!でも、それで睡眠時間を削っていると、太りやすい体質になります。脂肪を燃焼するには、5時間以上は寝たほうがいいでしょう。寝付きにくいという人は、ひんやりと感じられるような寝具などを利用して、就寝しやすくしましょう。

③脂肪燃焼効果がある食べ物を選ぶ

トウガラシやショウガ、ニンニクなどの食べ物や、発酵食品などを進んで食べるようにしましょう。脂肪が燃えやすい体質作りになりますし、血行も良くなります。

 

まとめ

夏になって太ってからでは遅い!原因と対策をしっかり学んでから、夏太りしないようにしましょうね♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)