menu

下半身太りの原因は「骨盤のズレ」かも?1分でわかる、治せる!正しい姿勢の作り方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上半身はスリムなのに、下半身は痩せない。これってなんで?とお困りの女性も多いのではないでしょうか。実は、骨盤のズレが下半身太りに大きな影響をもたらすことがあるのです。
骨盤が前後に傾いていると、筋肉の使い方にもムラが出てきます。そのせいでお腹やお尻、太もものラインが崩れる原因にもなるでしょう。リンパが滞って代謝が悪くなり、スタイルが崩れるともされています。

簡易チェックできる!あなたの骨盤、どちらに傾いている?

3D medical illustration of the pelvis bone

骨盤の前後の傾きチェック方法

まず、自分の骨盤が前後に傾いていないか調べてみましょう。簡単に診断できる方法があるそうです。
まず、壁際に後頭部、お尻、かかとをくっつけて立ちます。そうして、腰と壁の間の隙間を測定します。この時には手をさしこむだけでOKです。
骨盤の位置が正しいならば、その隙間は平たいこぶし(第二関節を曲げた状態の握りこぶし)が入る程度ですが、前に傾いている骨盤の場合、普通の握りこぶしが簡単にさしこめるはず。また、後ろに傾いているのならば、手のひらすら入ることはありません。

骨盤でポッコリお腹が戻る可能性も!

骨盤を正しい位置に戻せば、リンパの流れや血液の巡りも良くなります。そして、老廃物や毒素も押し流すことができるでしょう。内臓も正しい位置に戻ることで、ぽこっと出っ張ったお腹が元の位置に戻ることもあります。

骨盤を正しい位置に戻すには、まずは正しい姿勢を身に付けるべき!

それでは、骨盤を正しい位置に戻すにはどうしたらいいのでしょうか。正しい姿勢で立ち、座り、歩く。これだけで効果があります。
太ももの前やふくらはぎについていた無駄な筋肉もするっと落ちることでしょう。股関節の可動域も広がって、太ももの後ろ側やお尻についた贅肉もとれると言われています。

自己流のストレッチは要注意!

ただし、自己流のストレッチは注意が必要。特に、骨盤を反らす動作=骨盤を正しい位置に戻すということではありませんので、注意が必要です。腰を反らせる動作はクセになると体型が崩れる一因になりますから、正しい知識を持って骨盤を立て直しましょう。

骨盤を正しい位置に持ってくる、美しい立ち方とは

もっとも避けるべきなのは、「下を向きがち」「猫背」な状況です。
あごを上に上げて、前を向きましょう。肩甲骨のある部分を意識して、その肩甲骨を下に落とすイメージで立ちます。下に落とすと言われるとわかりにくいという人もいますが、力を抜いてリラックスしている状態であれば大丈夫です。
足の指先から、垂直に見たラインに腹部がくるような感じで、ちょっと前に重心をもたせるようにすると立ちやすいかも。お腹はだらっとせずに、ちょっと力を込めるような感じでいるほうがいいでしょう。ずっと立ち続ける場合には、足幅は肩幅より広めに開けるのがいいそうです。

骨盤を正しい位置に持ってくる、美しい座り方とは

NG行為として挙げられるのは「背もたれに寄りかかる」「お尻全体をべったりイスにつける」というもの。また、「猫背」もできるだけ改善したいところです。さらに、楽な姿勢ではありますが、膝をくっつけてつま先はバラバラの方向に向けているという姿勢も、体に良くないそう。肘の開きすぎも同様です。

できれば、背もたれにはできるだけ体を預けないようにしましょう。また、お尻でイスに座るのではなく、“太ももで座る”ようなイメージを持つのがいいでしょう。顔はできるだけ正面を向くようにすると、猫背になりにくくなります。肘を開きすぎないように脇はキュッと締めて、膝とつま先は同じ位置を向くようにします。ただし、腰を反らしすぎると負担がかかりますから、そこにだけは注意して下さい。PCモニターの位置などを調整して、自分にベストな配置を見つけて下さい。

骨盤を正しい位置に持ってくる、美しい正座の仕方

seiza

正座(せいざ、正坐とも)は、正しい姿勢で座ること、およびその座り方、特に膝を揃えて畳んだ座法(屈膝座法)である。部屋では履物を脱ぎ、に座る日本人の伝統的な生活文化の一形態である。(引用:wikipediaより)

正座をする時にも、正しい座り方であれば下半身に負担がかかりにくいもの。大切なのは、かかとに全体重をかけないことです。また、背筋を伸ばすのが面倒だからと言って背中を丸めたり、肘を横に張りだして体のバランスをとったりするのもダメ!楽そうな姿勢をとればとるほど、実は体を疲れさせているのです。

大事なのは、太ももの裏に体重を乗せて座ることです。手は膝の上に出し、腕の内側がなるべく前を向くようにします。胸を前に出すイメージも忘れないで。
そうすることで、普通に座るよりも楽に座り続けることができるでしょう。

内股は重心が崩れやすいため注意が必要

これ以外にも気を付けたいのが、いわゆる女性らしいしぐさ。「内股」の歩き方はいかにも女性らしいイメージがありますが、重心のバランスが崩れてしまう可能性があります。足の親指だけに体重をかけず、全部の足指で地面を踏むイメージを忘れないようにしましょう。

まとめ

美しい姿勢を身に付けて、骨盤を正しい位置に戻すことができたならば、基礎代謝量も増えて痩せやすい体質になれるはず。また、肩こりや腰痛も改善しやすくなるでしょう。冷え症にも効果が出てくるかと思います。意外と簡単に身に付けられる正しい姿勢。頑張って継続すれば、それだけで減量できちゃうかもしれませんよ!?

ネットの声

40代女性

骨盤矯正は前から興味がありましたが、しっかり取り組んだこともありませんでした。
子育ても落ち着いて余裕が出てきたから、そろそろかなと思っています。近くに整骨院があるので言ってみようと思っていましたが、まずはこの方法で自分でやってみます。

30代女性

自分の骨盤の大きさにちょっと愕然としています。
これ試したら少しは引き締まるかなぁ。。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)