menu

あなたのぽっこりお腹は内臓脂肪?皮下脂肪?タイプ別・脂肪の減らし方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをしたい女子が、まず気をつけておくべきなのが「内臓脂肪」と「皮下脂肪」。この2つ、なんとなく同じものだと思っていませんか?実は、全然違うものなのです!
その性質を理解しておかないと、ダイエットもうまくいきません。だからこそ、内臓脂肪と皮下脂肪の違いをしっかりと理解して、その落とし方を理解しておきましょう。

 

内臓脂肪と皮下脂肪は何が違う?

ざっくり分けると「内臓脂肪」はお腹の内臓のまわりにあるもの。「皮下脂肪」は、肌の下についている脂肪です。両方とも脂肪ではありますが、つく場所、そして性質が違うとされています。

でも、どうしたらこの2つを見分けられるの?と思われるかもしれません。この2つを簡単に見分けられる方法があるのです。まず、姿勢をまっすぐにして立ちます。その状態で、お腹にぐっと力を入れて下さい。その状態で、おへそのまわりのお肉をつかんでみましょう。その時に、つかめたのが皮下脂肪です。内臓脂肪は、その状態ではつかむことができません。

 

内臓脂肪についておさらいしよう

脂肪の種類 皮下脂肪 内臓脂肪

“メタボ=内臓脂肪”という印象がありますが、肝臓や腸のまわりにつく脂肪のことを指します。それだけではなく、肺についてしまうこともあるのだとか!内臓脂肪が増えすぎると、リンゴのような形のぽっこりお腹になってしまいます。そのため、「内臓脂肪型肥満」のことを『リンゴ型肥満』とも言います。内臓脂肪は、血行のいい内臓のまわりについているので、ちょっとご飯を食べすぎたり、運動をさぼるとすぐについてしまいます。その反面、落ちやすいという性質もあるんですって!

 

皮下脂肪についておさらいしよう

皮下脂肪は、皮膚の下についてしまう脂肪です。内臓脂肪はお腹周りにつきますが、皮下脂肪は全身の皮膚の下につくという特徴があります。一度、皮下脂肪がついてしまうと、とても落としにくいともされています。内臓脂肪はつきやすく落ちやすいですが、皮下脂肪はつきにくく落ちにくいのです。

 

皮下脂肪は、女性のほうがつきやすい

一般的に、男性は内臓脂肪がつきやすく、女性は皮下脂肪がつきやすいと言われています。男性の場合、男性ホルモンが筋肉量を増やそうと働きかけるあまり、内臓脂肪がつきやすくなる傾向があります。これは、筋肉を動かすためのエネルギーとして、内臓脂肪を体が蓄積しやすくなるから。そのため、男性は外見はスラリとしていても、“隠れ肥満”ののように内臓脂肪はしっかりついている人が多いのです。

女性に皮下脂肪がつきやすいのは、妊娠があるから。妊娠すると、お腹が大きくなっていきます。そうなると、子宮を守るために皮下脂肪がつきやすくなるのです。もともと、皮下脂肪が溜まりやすい理由はここにあります。

 

内臓脂肪の落とし方

脂肪の種類 運動

それでは、まずはスムーズに落ちやすい内臓脂肪の落とし方をご紹介しましょう。

①食事を見直す

やはり、糖質と脂質のとりすぎは内臓脂肪を溜め込みやすくなります。炭水化物を減らすことで、エネルギーを欲した体が内臓脂肪が燃やしていくのです。なので、炭水化物などの量は減らして、肉ではなく青魚を食べるようにしましょう。EPAやDHAを積極的に摂ることで、内臓脂肪を燃やすことができます。

②運動する

内臓脂肪は、体を動かすことで燃焼させることができるのです。そのなかでも、おすすめの動きはウエストひねり!ウエストをひねってねじる動作は、内臓脂肪を刺激できます。スピーディにやるのではなく、時間をかけてじっくり動かすことで、効率的に内臓脂肪を落とすことができるでしょう。

 

皮下脂肪の落とし方

①カプサイシンを摂る

皮下脂肪を落とすにも、食生活の改善が欠かせません。なかでも、唐辛子に入っているカプサイシンは脂肪をすぐに燃焼させる効果があります。特に、リパーゼという名前の脂肪分解酵素が活性化するので、痩せやすい体質になれそうです。摂取カロリーは無理のない程度に減らしましょう。

②運動する

脂肪燃焼には、運動はとても大事です。とはいえ、普段運動しない人が急にし始めても体に負担がかかるだけ。有酸素運動からはじめて、慣れてきたら筋トレをプラスしてみてはどうでしょうか?

③リンパマッサージ

セルライトができている人は、運動するだけでなく、マッサージをするのも大事です。皮膚の下に溜まったセルライトを、マッサージで潰していきましょう。そうすることでリンパが流れ、皮下脂肪も減少します。

 

まとめ

体型は、年齢と共に少しずつ変わってきます。美人で居続けたいならば、見た目年齢を引き下げられるように普段から努力しましょう。肥満は自分で生活環境を改めていかなければ、なかなか痩せられないのです。体重計を持っていない人は購入して、毎日はかるようにしましょう。また、ジムなどでプロのトレーナーなどに体型を測定してもらい、アドバイスをもらうと励みになりますし、何より効果的な意見をもらえます。「私は意志が弱くって」という人は、プロの手を借りる方法も試してみて下さいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)