menu

食べるだけで体脂肪が燃える!脂肪燃焼に役立つ10個の食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メタボ体型に悩んでいる女性は、運動をする習慣を身につけるのはもちろん、食生活も見直すべき!糖質や脂質をたっぷり摂取する生活を卒業して、バランスのいい食事をするようにしましょう。それにプラスして、積極的に食べたい食材やメニューをご紹介します♪

ブロッコリー

ブロッコリーには、脂肪の燃焼を助けてくれるテストステロンの働きをサポートしてくれる働きが期待できます。
食物繊維やビタミンC、ビタミンB群が豊富なので、便秘の解消にももってこい。美肌にもいいとされています。というのも、肌の粘膜を保護してくれるビタミンAや、シミ・ソバカスに効果があり免疫力を向上させてくれるビタミンC、ビタミンKやビタミンE、カロテンなども入っているのです。

アーモンド

ナッツは体にいいですが、そのなかでも注目はアーモンド。食物繊維も入っており、効率よく脂肪を燃焼させてくれるとされているのです。

リンゴ

体脂肪を燃やす食べ物 リンゴ

リンゴは果物のなかでも、栄養が豊富なことで知られていますよね!リンゴポリフェノールという成分が入っていて、これがコレステロールや体脂肪を減少させてくれる作用があるのです。また、フラボノイドが含まれているのも魅力的。体重を減らしてくれる作用が期待できます。食物繊維もたっぷりなので、食欲が落ち付きやすくなり、血糖値も下がりやすくなるとされています。食後に、中性脂肪が増加しにくくなる作用も期待できるので、おやつにぴったりです♪

グレープフルーツ

体脂肪 グレープフルーツ

グレープフルーツはビタミンCやペクチンを大量に含んでいます。コレステロールを低下してくれる作用があるので、痩せたい女の子にぴったり。それだけでなく、インスリン分泌を制御してくれ、血糖値の急上昇を避けてくれるそう。食事と一緒にグレープフルーツを食べると、脂肪が減ったという研究結果も出ています。

アボガド

体脂肪 アボガド

コレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸がたくさん入っているアボガド。食べ過ぎはもちろんNGですが、良質な脂肪を体にいれるのはいいことでしょう。アボガドに含まれている脂肪酸は内臓脂肪も減らしてくれますので、ウエストダウンにも役立ちます。また、ストレスの原因となるコルチゾールが体内で過剰に作られないようにしてくれる働きもあるでしょう。

オリーブオイル

代謝がとてもいいため、中性脂肪になりにくい脂とされています。酸化しにくいという性質もあり、脂質代謝や糖の代謝を活発にしてくれるでしょう。悪玉コレステロールを減らしてくれ、さらに善玉コレステロールを増やしてくれる効果を期待できます。
なお、同様の効果が期待できるのはココナッツオイルです。

赤身の肉

体脂肪 肉

良質な肉はダイエットの味方になってくれるといいますが、やはり赤身の肉がいい!L-カルニチンという成分が入っていて、脂肪を燃焼させてくれます。脂質をエネルギーに変換する時に必要になるので、ダイエッターはぜひ食べておきたいですね。植物性のタンパク質もヘルシーでいいですが、動物性のタンパク質は吸収しやすいと言われています。

ちなみに、赤身の濃い肉がいいとされていますから、鶏・豚・豚・羊の順におすすめとされているそうです。

ただし、肉をひたすら食べればいいというわけではありません。手のひら1枚分の赤身の肉を食べましょう。羊肉は手に入れにくいかもしれませんから、牛や豚でOK。焼肉やステーキなど、できるだけシンプルな食べ方がいいですね。

魚のなかでも、青魚が健康にも美容にもいいと言われている食べ物です。
DHAやEPAがたっぷり入っているサンマ、イワシ、ブリなどは積極的に食べたいものですね。サケやマグロ、サバなどを食べると、ウエストについた脂肪を燃やしてくれる働きが期待できるでしょう。特にサケはダイエットにいいと言われています。代謝をアップしてくれる作用があるからです。

ちなみに、マグロやカツオといった赤身の魚に入っているタンパク質は、消化に時間がかかるとされています。また、同様に含まれているカルシウムには、空腹ホルモン濃度を下げてくれる効果があるそう!

唐辛子

カプサイシンが入っている唐辛子は、代謝をアップさせてくれます。エネルギー消費量を増加させてくれ、体脂肪を燃焼させてくれる効果が期待できるのです。ダイエットにはもちろん、体重をセーブするためにも食べておきたいもののひとつです・

とはいえ、摂りすぎると体によくないと言われていますので、食べ方や量には注意が必要です。

緑茶

食べ物ではありませんが、おすすめの飲み物は緑茶です。緑茶は代謝を高めてくれる効果がありますので、運動前に飲むといいそう。脂肪燃焼を促進するパワーのあるドリンクです。カテキンでポリフェノールを摂取することで、炭水化物が自然と欲しくなくなるそうです。緑茶が苦手な人は、紅茶や烏龍茶でカテキンを摂取してもいいかもしれません。

まとめ

どれも、毎日のメニューに組み込みやすい食材ばかり!美味しく楽しく食事をしながら、脂肪を燃やしていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)