menu

「デオドラント剤」は制汗剤とどう違う?トラブルは?その効果とタイプまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に必需品となるのが日焼け止めですが、もうひとつ忘れてはいけないのがデオドラント。でも、デオドラント剤といってもいろいろな種類があります。目的に合わせてちゃんと選ぶためにも、その商品をそれぞれ知っておくべきでしょう。また、デオドラントも使用方法を間違うとトラブルになることがあるんです!それを防止する方法も合わせてご紹介します。

デオドラント剤って制汗剤とどう違う?

デオドラント剤は、臭いを抑えるのを目的にしています。肌の中にあるアポクリン腺、エクリン腺は汗を分泌する汗腺ですが、この汗が臭いの原因になることがあるのです。というのも、汗で雑菌が繁殖すると、その雑菌が臭いのもとになるから。でも、デオドラント剤を使用すれば、その最近の繁殖などを抑えることができるので、体臭も予防することができます。

でも、デオドラント剤と似たような働きがあるのが制汗剤です。この2つは厳密には違うのでしょうか?
そう、もちろん違います!制汗剤は、汗自体を出にくくするアイテムです。肌に直接塗る、もしくは吹き付ければ、毛細血管の先端が収縮して、汗腺から汗が出にくくなるように働きかけます。汗を吸収する「吸収剤」以外にも、汗を抑えてくれる収れん剤が入っているのです。

とはいえ、最近では制汗剤とデオドラント剤をひとつにした製品もありますので、はっきりと区別しにくいのもまた事実です。しかし、「汗臭さを消したい」「臭いがキツイので何とかしたい」場合には、制汗剤ではなくデオドラント剤を使用するようにすべきでしょう。

デオドラント剤にも種類がある!

デオドラント剤

デオドラント剤にも、さまざまな種類があります。その特徴や性質を調べてから、しっかり選びましょう。

①ロールオンタイプ

ロールオンと聞くとピンと来ないかもしれませんが、スポンジつきのノリのような形状をしています。薬剤をスポンジに染み込ませるようにして、そのスポンジ部分を直接肌につけていくものです。
このロールオンタイプですが、肌に密着してつけられるので、効果が高いという声あり!ただし、外でヌリヌリ……というのは人目を引きそうなのでやりにくいかもしれません。自宅で外出前までに使用するなど、タイミングは限定されます。
臭いが気になる部分に直接塗りこめるので、汗染みなども防止することができるそうです。しかしながら、「塗るのに時間がかかる」商品もあるそうですから、ワンポイントで使用する時に利用すると良さそうですね♪

②パウダースプレータイプ

スプレータイプは、いつでもどこでも利用できるイメージなので便利。お友達や恋人とも貸し借りができるように、直接肌にくっつけなくてもいいので、潔癖症の人にはこちらが向いているかもしれません。吹き付けると肌がサラサラになるもの気持ちいいですよね。ストッキングやタイツの上からも使用できるので、蒸れやすい部位にも気軽に使えます。

③ローションタイプ

ローションのようになっていて、手で直接伸ばしながら使用するタイプです。全身に使用したい時にはとても便利。汗をかきやすい場所にサッと使用できます。また、ローションタイプのデオドラントは使用感もいいとされています。

この成分が入っているデオドラント剤がおすすめ

デオドラント剤でおすすめなのが「ミョウバン」です。臭い自体を消してくれる作用はもちろん、酸性のミョウバンは臭いのもとになるアルカリ性のアンモニアを消臭してくれるとされています。また、ミョウバンを肌に塗りこむことで、雑菌の繁殖も抑えられるそう!臭いが気になる女子は、ミョウバンに注目です。

もうひとつ、最近注目されているのが「銀イオン」です。肌の表面のタンパク質に働きかけて、雑菌の繁殖を抑えてくれる作用があるでしょう。除菌スプレーなどにも利用されている銀イオンですが、体にも安全に使用できるのです。

デオドラント剤のトラブルとは?

デオドラント剤 ミョウバンや銀イオン

実はデオドラント剤でトラブルが起きたという話もあります。でも、トラブルってどんなものがあるのでしょうか?

実は、抗菌作用が強い商品を選ぶと、肌質が弱い女の子によっては体臭がひどくなってしまうこともあるのです!これは、抗菌作用で肌に必要な菌まで取り除かれてしまい、反対に悪玉菌の繁殖を許してしまうから。

またデオドラント剤を使用すると、場合によっては汗腺が塞がれてしまい、そのせいで毛穴詰まりが起きちゃうことがあるのです。すると、気になる部位からイヤ~な臭いが出てきちゃうだけでなく、かゆみや黒ずみの原因になってしまうこともあるのだとか。毛穴が塞がると、老廃物も体の外に出にくくなってしまいます。さまざまなトラブルの原因となることでしょう。

なので、敏感肌・乾燥肌の女性は、まずはパッチテストをしてみましょう。二の腕の内側など、目立たない部分にまずはデオドラント剤を使用してみて、肌質に合うかを調べてみてから使いましょう。

まとめ

デオドラント剤も、ちゃんと自分の肌質や目的に合わせて選びましょう。普段なかなか塗り直しができない人は、気軽に使えるタイプのアイテムを選ぶのがいいですよ!ちゃんと臭いを抑えて、いつでも爽やかに過ごしましょう♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)