menu

太もも・お尻を細くする♪下半身がむくみにくくなる14の生活習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下半身がむくみやすい・太りやすい女性にとって、見直すべきはまず生活習慣!運動や食事制限も大事だけれど、毎日の過ごし方を変えてみてはいかがでしょうか?

それでは、下半身がむくみにくくなる習慣をご紹介しましょう!

下半身がむくみにくくなる習慣とは?

姿勢を良くする

姿勢が悪くなると、骨盤が後ろに傾いてしまい、足が歪んでしまったりお尻が垂れてしまったり、体型が崩れる原因となります。背筋を伸ばすとヒップアップになるでしょう。

ヒールの高い靴をやめる

美脚アピールのためにヒールの高い靴を履くと、重心が前に偏ります。そのため、足が張って太くなってしまうことも。また、ヒップが下がる一因にもなるでしょう。8センチ以上のヒールには要注意!

下半身太り ヒール

座り仕事・立ち仕事が多い人は、まめに運動を

座っている時間が長い人は、血行が悪くなって脂肪がつきやすいとされています。同じく、立ちっぱなしの人も血行が偏りますので、下半身がむくみやすくなるそうです。たまにストレッチをすると血行が良くなりますので、おすすめです。

階段は「上に行く」時に使う

階段を上る時の筋肉の動作は、太ももからお尻にかけての筋肉を鍛えることができます。普段は運動をしない人も、階段を上るだけでエクササイズになりますよ!

ただし、階段を下る動作には要注意です。上に行く時に使う筋肉と、階下に行く時に使う筋肉は違います。降りる時に使用する筋肉は、足の前面に負担がかかりすぎてしまうそう。必要以上に足が太くなる可能性がありますので、下る時にはエレベーターやエスカレーターを使ってしまってOKです。

下半身太り 怪談

背もたれのある椅子には寄りかからない

背もたれのある椅子に座った時、つい寄りかかっていませんか?それを続けていると、お尻がぺったんこになってしまいます!さらに、骨盤も後ろにズレてしまうでしょう。椅子に座る時には浅めにこしかけるのがいいといわれています。お尻の筋肉を締めるように意識しながら、座りましょう。

下半身太り コンピュータ

椅子に座る時には膝を閉じる

座る時に膝を合わせると、内ももの筋肉が鍛えられます。それがクセになると、ますます内ももの筋肉が弱まってしまうそう。太ももの間に紙やタオルなどを挟むと、筋肉を鍛えることができます!

クッションを使って床に座る

硬い床に直接座ると、お尻が潰れてしまいます。特にフローリングはそのまま座るとお尻も冷えますし、そのせいで脂肪がつきやすくなるそうです。クッションなどを敷いてから座るようにしましょう。

家でも靴下を履く

熱い夏はつい素足で過ごしがちですが、足元を冷やしてはダメ!足元の冷えや、血行やリンパの流れを悪くしてしまいます。下半身太りをしたくないなら、靴下やルームシューズなどで体を守って下さいね。

下半身太り 靴下

靴のかかとやサイズを見直そう

靴のかかとがすりへったまま放置している女性がいますが、これはダメ!だらしなく見えてしまいますし、靴底がななめにすりへると、重心がますますズレてしまいます。そうすると、ふくらはぎや太ももも広がる傾向にあるそうですよ!
また、サイズが合わないのに我慢して履くと足がむくみやすくなりますので、インソールなどを利用してサイズを調整しましょう。

下着のサイズを見直そう

小さい下着は、血行を悪くしてしまいます。むくみだけでなく、たるみや垂れ、色素沈着の原因にもなるでしょう。お尻を潰したくない人はTバックをはくといいと言われています。ただし、冷えてしまうとやはり血行が悪くなりますので、その点には配慮しましょう。

カリウムを積極的に食べる!

カリウムはむくみを予防・改善するのにとてもいいとされている食べ物。ほうれん草やバナナ、トマト、わかめ・昆布、納豆などに入っています。特に、しょっぱいものを食べた後にはカリウムを食べましょう♪

下半身太り カリウム

小麦製品やお菓子は食べない

太りやすい糖質や脂質のとりすぎはもちろん、塩分は避けて通りたい食べ物です。塩分を摂ると、体が水を溜め込みやすくなります。すると、むくみが発生してしまうのです!
麺類は汁やソースなどにたっぷり塩分が入っていますので、要注意。また、パンも同様に塩がたくさん入っていることがありますので、気をつけましょう。主食ならばお米がベスト!ポテトチップスやせんべいなど、塩辛いスナックも避けて下さい。

まめに鏡でチェックする

自分の下半身も、まめに鏡でチェックするのがおすすめ。特にお尻などは自分からは見えにくいので、見ていないとどんどん垂れたり太ったりしてしまいがちです。色素沈着なども見逃してしまうことが多いものですが、それを放置すると、モテからどんどん遠ざかってしまいます。全身鏡で1日1回は体を見るようにしたいですね。

体にフィットした服も着るようにする

ゆったりとしたシルエットの服は、実はデブのもと!緊張感が失われて太りやすくなったという女性もいますので、注意が必要です。体にフィットした服も着るように心がけましょう♪

まとめ

「下半身をスリムに保ちたい」「下半身をスリムにしたい」女性は、ぜひ心がけてみて下さいね♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)