menu

腸内環境に効果あり!厳選された5つの食べ物で我慢せずにウエストダウン♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱った腸を元気にして、お腹をペタンコにするには腸にいい食べ物を食べるしかない!一般的には「ゴボウがいい」「ヨーグルトが効く」という話もありますが、それ以外にも腸にいい食べ物はたくさんあるんです!下半身をスッキリさせるためにも、お腹にいい食べ物を選ぼう!

牛肉のなかでも、赤身肉がおすすめ

腸にいい食事 牛肉

お肉は腸内環境が悪くなると思われがちですが、幸せ物質のセロトニンを作り出すもとになってくれるとされています。セロトニンは、実は腸内で95パーセントは作られているそう。このセロトニンの材料になる必須アミノ酸のトリプトファンは赤身肉にたくさん含まれているんですよ。このセロトニンを食べてハッピーになることで、腸も元気になるのです。ストレスがたまると、腸の動きも悪くなりますから、感情の動きも腸と直結しているのですね。また、牛肉にはアラキドン酸という成分は入っていて、腸の免疫力を上げてくれるそうです。バランスよく、野菜なども食べるようにしましょう。

りんごは温めて食べよう

腸にいい食事 りんご ペクチン

便秘がちな女性をスリムにしてくれるのがりんごです。そのまま食べるのもいいけれど、腸内環境にいいりんごの食べ方は「温めて食べる」というもの!汚れた腸をキレイにお掃除してくれます。りんごの果肉だけでなく、その皮にも悪玉菌の繁殖を抑えてくれる成分がぎっしり。水溶性食物繊維の「ペクチン」も豊富に入っています。この水溶性食物繊維は、便自体を柔らかく、排出しやすくしてくれます。スムーズな便通を望むなら、りんごを食べるっきゃない!
りんご1個を食べれば、満腹感も得られます。

温かいりんごの作り方

1つのりんごを4等分して、レンジで2分ほど加熱します(600W)。シナモンやはちみつを好みでかけてもいいでしょう。甘味が増しますし、酸味は減りますので食べやすくなります。とろとろとした食感で、スイーツみたいにいただけます。

りんごを温めるとどうして腸にいいの?

りんごを加熱するとアップルオリゴペクチンが増えます。活性酸素を消してくれる力のある成分ですので、美肌効果もあります。腸内環境を整えてくれる「ペクチン」の作用も見逃せません。
また皮ごと過熱したりんごは、食物繊維の量が増加するそう。だから腸もキレイになるんですね。

やっぱりヨーグルトがお腹にイイ

腸にいい食事 ヨーグルト

腸内環境が良くなるヨーグルトですが、やはり食べると腸内環境が良くなります。ただし、2つのルールを守らなければいけません。特定の健康機能がついているヨーグルトを食べる際には、自分の目的に合ったものを選ぶこと。そして、毎日200グラムを食べ続けること。この2つを守りましょう!

それでは、ヨーグルトに入っている菌の作用について、簡単にご紹介します。

1073R-1乳酸菌

風邪・インフルエンザ対策になります。ウイルスをガードしてくれるので、冬の時期には欠かせないかも!?

LG21乳酸菌

ピロリ菌を減らし、胃腸の調子を整える働きがあります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因とされるピロリ菌を減少させたり、感染を予防する作用もあるとされています。

LGG乳酸菌

美肌効果が高く、アトピー予防にもいいとされています。腸内にいるビフィズス菌を増やしてくれるだけでなく、悪玉菌の働きを抑えます。腸内の老廃物の除去にもいいそうです。

ガゼリ菌SP株、ビフィズス菌SP株

内臓脂肪や皮下脂肪に働きかけます。ダイエットにぴったり!

乳酸菌シロタ株

腸内の悪玉菌の働きを押さえ、免疫力アップに役立ちます。

なお、ヨーグルトを食べ続けることで「便秘が改善した」「肌がキレイになった」と思ったら、それは相性のいい証拠。1週間を目安に、食べ続けてみて下さい。

納豆で腸内すっきり♪

便秘解消にいいのはやっぱり納豆!便秘改善と美肌にぴったりです。納豆はナットウキナーゼという成分が入っていますが、これが善玉菌の働きを助けてくれて、悪玉菌の繁殖をセーブしてくれます。

そこに腸にいいものをちょい足しするのもいいですよね♪

①ミネラルたっぷりな「ザーサイの漬物」
②食物繊維が豊富でヘルシーな「なめたけ」
③殺菌効果や整腸作用に優れた「らっきょう」
④乳酸菌がたっぷりの「キムチ」
⑤アンチエイジング効果もある「すりごま」
⑥コレステロールを減少させてくれる「ピーナッツ」
⑦体内の代謝を活発にしてくれる「わかめ」

こういったものを足して毎日食べるといいそうです。

食物繊維たっぷりのポタージュでお腹もほかほか

腸にいい食事 ポタージュ

食物繊維がたっぷり入ったポタージュは、冷え症の女性にもぴったり。しかも、夕食に食べれば胃腸を休ませることも可能です。食物繊維以外にも、β-カロテンやビタミンなどが豊富なので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
お腹を温めるならカップスープで食べてもいいですが、栄養素のことを考えると手作りしたほうがいいんですよ♪

まとめ

これ以外にも、腸内環境を改善してくれる便秘薬なども存在していますが、やはりお腹をスリムにするなら食事を重視したいもの。自分の食生活にマッチするものを取り入れてみて下さいね♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)