menu

シアバターでパサ髪から脱却♡保湿力が高くて紫外線カットもできるってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パサパサ髪がなかなか治らない!シャンプーを変えたり、オイルを使用したり……でも望むような効果が得られないという人は、「シアバター」に注目してみましょう。
今回は「シアバターって何?」という初歩的な知識から、その驚きの効果までご紹介します。

シアバターとは?

シアバターとは、アフリカに生息するシアの木になる種子から集めて作られます。ナイジェリア、ガーナ、マリなどの国でとれるそうですが、その保湿力の高さは有名です。

シアバターは常温だと固形ですが、肌の上にのって温まるとオイル状になります。つまり、塗ることではじめてバターのようになるんですね。

シアバターはもともと、食用・薬として知られていました。効果の高さから、アフリカからヨーロッパへ広まっていったのです。ですが、当初は美容目的では使用されていませんでした。それでもその効果の高さから、どんどん人気が高まっていったのです。

シアバターの成分は、ほとんどがステアリン酸とオレイン酸。髪の毛の保湿やダメージヘアの改善だけでなく、頭皮を元気にしてくれ、髪の毛を保護してくれます。

ステアリン酸、オレイン酸の中身は?

ステアリン酸は、水と油を乳化させてくれる作用があります。シアバターをなめらかにしてくれ、さらには抗菌作用があるのです。常温だと固形を保てるのも、ステアリン酸の力です。

オレイン酸は酸化しにくいため、紫外線や油焼けを防止してくれます。常温では液体になりやすい成分でもあります。

この両方が含まれているシアバターは、普段は固形で保存ができますが、熱を加えると柔らかくバターのようになるのです。また、水分や栄養が蒸発しにくいようにしてくれるでしょう。

シアバターの効果とは?

シアバター ヘアケア

では、シアバターにはどんな効果があるのでしょうか。

①保湿効果

シアバターは保湿力が高いうえに、熱保護の能力に優れています。肌に塗れば、乾燥を防止することができるでしょう。保湿だけではなく、紫外線カットの作用も期待できます(ただし、真夏の日差しに耐えられるだけの作用はありませんので要注意)。
カチカチの肌、角質化した皮膚も柔らかくすると言われています。

②抗炎症作用

保湿力が高いシアバターですが、炎症を抑える力もあります。ニキビや吹き出物、肌の赤みにも効果的!塗るだけで肌が落ち着いてくるでしょう。肌のできた小さな傷、ヤケドなどにも効果があるという話です。

③アンチエイジング

肌の酸化=エイジングをストップさせる効果もあるシアバター。肌のシミやシワを事前に防止してくれます。

これだけじゃありません。シアバターはヘアケアにも使えるのです!

シアバターは髪の毛もキレイにしてくれる!

シアバター 髪の毛のぱさつき

顔や手足、ボディだけでなく、ヘアケアにも使うことができるシアバター。髪の毛に必要な潤いやなめらかさ、ツヤが出てきます。

シアバターでトリートメントをすると、髪の毛が自然とまとまりやすくなります。シアバターに含まれているオレイン酸は、肌や髪の毛とも相性抜群。髪の毛がまとまりやすくなり、パサつきが目立ちにくくなります。

また、髪の毛が傷みにくくなるという話もあります。コテやドライヤーの熱のダメージが蓄積したり、カラーリングが原因で傷んでしまったり……でもそんな時もシアバターが役に立つ!毛先にシアバターを塗り込めば、ツヤと潤いが蘇ります。実はシアバターは熱に対する耐性が高いのです。髪を乾かす前に、シアバターを塗り込むだけで仕上がりがだいぶかわりますよ!

さらに、シアバターは頭皮自体にもいい働きをもたらします。美しい髪の毛には頭皮ケアも欠かせません。頭皮マッサージする時に、シアバターを使うとイイのです。毛根に詰まった汚れもとれやすくなり、髪の毛の健康を実現させます。頭皮の乾燥、フケに悩んでいる人にも効果があるでしょう。

シアバターのトリートメント、どう使用する?

シアバターの効果を得るには、シアバター配合のトリートメントを使用すると便利です。お風呂に入っている最中に使用できるトリートメントと、お風呂上がりに使用するトリートメントをダブルで使用するといいでしょう。
つまり、洗い流すタイプと洗い流さないでそのまま浸透させるタイプを両方使用しましょう。

毛先を中心にケアをすると、しっとりした髪の毛が手に入ります!

これ以外にも、スタイリング剤として使用してみたり、シャンプーに加えてしっとり感を強めたりすることもできるでしょう。実際に購入してみて「髪がきしきしする」「パサつく」と感じたシャンプーも、シアバターを混ぜると使いやすくなることがありますので、ぜひ試してみて!

まとめ

ちなみに、シアバターは油脂ですので、酸化していくと劣化してしまいます。高温多湿を避け、直射日光の当たらない涼しく暗い場所で保存するようにしましょう。
今回はヘアケアに使えるものとして紹介しましたが、もちろんお肌にも使えます!ぜひシアバターを活用してみて下さい!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)