menu

温めたタオルで毎日2回拭うだけ!完璧美肌になれるスチームタオル洗顔って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日続けてやりたいスキンケアはいろいろありますが、重要視すべきは「洗顔」。そこで、タオルとお湯さえあればできるスチームタオル洗顔が注目を集めています。

スチームタオル洗顔で朝・夜に肌を拭くだけで、つるつるでエイジング知らずの肌を目指しましょう!

スチームタオル洗顔の効果とは

スチームタオル洗顔 やり方

スチームタオルを使い続けると、肌荒れが治りやすくなるという話もあります。肌の調子を良くしたい人にはいいですね♪

①温熱効果で血行が良くなり、肌代謝が向上する

ホットタオルにしてそれを顔に当てると、肌がグ~ンと温まります。血行も良くなり、古い角質が代謝され、肌色がワントーン明るくなる!メイクの時にはもちろん、すっぴんの日もこれで安心です。

②ハリもあるふっくら肌が実現する

朝と夜、毎日2回顔を温め、蒸気を当て続けるとカチカチだった肌が柔らかくなってきます。肌が潤うと、ハリも出てきます。見た目にもがらりと変わりますから、テンションもアップ!

③化粧のノリが良くなり、美肌に近付く

肌がキレイになると、コスメの浸透率もアップします。化粧水や乳液もキレイになり、むくみも解消して顔全体にハリが出てきますよ!

スチームタオルの作り方

スチームタオルの作り方はとても簡単。ハンドタオルからフェイスタオルのサイズのものを選びましょう。タオルは、化学繊維よりも綿のほうがいいでしょう。

まず、タオルを二つ折りにします。それを端から巻いていき、巻物のような筒状にしていきましょう。
そして、そこに45~50度のお湯を中心部分に注ぎます。お湯が染み込んでいくのが感じられたら、今度は反対に持ち、反対側の中心部分にもお湯を湿らせます。外側まで浸透する前に、中だけお湯で濡らすイメージです。なので、いきなりドバッと注いではいけません。
ちなみに、お湯加減が分からない人は「肌にあてたタオルが『あたたかい』と感じる」程度にすることが大事。
最後に、タオルを外側から手のひらで握りしめるようにして、お湯をタオル全体にいきわたらせます。ただし、かたく絞りすぎのはいけません。柔らかく、手のひらを使って余計な水分を追い出します。

スチームタオル洗顔のやり方とは?

スチームタオル洗顔

スチームタオル洗顔は、朝と夜の1日2回行います。ここでの注意点は2つ。タオルは清潔なものを使いましょう。汚いものを使用すると、肌荒れの原因となります。また、タオルは1ヵ月に1度は交換するようにしましょう。肌当たりのいいタオルを選ぶのがポイントです。

朝のスチームタオル洗顔

ベストタイミングは、朝起きたらすぐ。寝起きで血行が鈍くなっている顔をあたためましょう!

①まず、温めたタオルは両手に広げます。そして、そのタオルで顔全体を覆い、包みましょう。顔を上に向けて、そこにタオルをかぶせるようなイメージです。そして、これを1回40秒ほど、肌の奥が温まるまで2回ほど繰り返します。

②同じタオルを使って、今度は顔を拭います。人差し指に軽くタオルを巻きつけて、皮脂がたまりやすいパーツをキレイにしましょう。小鼻のまわり、目元、口元などを拭います。この時に、ゴシゴシしないようにしましょう。

③タオルを三角の二つ折りに折ります。そして、その二つ折りした部分に人差し指を入れて通しましょう。そして、耳のまわりを拭きましょう。耳の前後、そしてその周辺を、円を描くようにしながら強めに拭いていきます。円を描く動作は10回ほど続けましょう。

④スチームタオルを持ち変えて、耳下から首筋まで、強めに拭いていきます。耳の裏や下からデコルテを、上から下にタオル越しに撫でましょう。

⑤スチームタオルを外して、両方の手のひらを使ってスキンケアをします。肌が温かいうちにケアをするのがポイントです。

夜のスチームタオル洗顔

スチームタオル洗顔では、メイク落としもできる!クレンジングも温かいタオルで行えば、汚れもスルッと落ちるはずです。

①まず、クレンジング剤とメイクを肌になじませます。クリームタイプやオイルタイプならばなじみやすいですね。反対に、肌をこするようなタイプは避けましょう。見た目にはわからなくても、肌に小さい傷がついてしまいます。

②用意していたスチームタオルを広げ、クレンジング剤ごと顔を拭います。顔を温めるようにゆっくりタオルを動かしながら、顔をキレイにしていきましょう。もしもタオルが汚れたら、すすいでキレイにしてもう一度!これを2回ほど繰り返します。

③朝同様、口元・目元・小鼻まわりをキレイに拭います。

④タオルを2つ折りの三角形にして、耳のまわりと首すじを拭いていきましょう。両方の耳を刺激しながら、首筋からデコルテまでをキレイにします。

⑤最後に、オイルを肌につけて手でなじませます。肌が湿っていて温かいうちに行うことで、オイルが肌の乾燥を防ぎ、もちもちの肌を実現してくれます。

まとめ

美肌以外にも、目の疲れや肩こり、リフレッシュにも向いているスチームタオル。パックの上から顔を温めると、浸透率がアップする!なんて話もありました。
キレイなお肌を目指したいなら、一度はやってみて損はありませんね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)