menu

お風呂のせいで乾燥肌・肌荒れが起こる!?今知りたい!正しいお風呂の入り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂に入る習慣は、美肌にはとてもいいとされています。肌の皮脂や汚れを落とし、血行も良くなるでしょう。ですが、その入浴法が間違っているとしたら、肌がとんでもないことになってしまうかも……乾燥肌や肌荒れは、実は入浴が原因でも起こり得ることなのです。

たとえば、入浴中にタオルで肌をこすりすぎてしまう。このせいで、肌の色素沈着が起きてしまうこともあるんですよ!敏感肌の女性、乾燥肌の女性は、入浴法を見直してみましょう!

入浴するとどんないいことがある?

お風呂に入ると、いいことがたくさんあります!たとえば、毛穴が開き、汚れが落ちやすくなるという点。肌をこすらなくてもいいので、ダメージが少なくなります。また、血行が良くなって肌に栄養がいきわたりやすくなり、美肌効果も代。肌の荒れやくすみなども改善しやすくなります。

その一方で、デメリットもあります。たとえば、入浴する時間を間違えたり、温度設定を誤ると乾燥肌の原因となります。また、水道水が肌に合わない人もいるので、そのせいで肌荒れが起きてしまう可能性もあるでしょう。

それでは、どんな入浴法に気を付ければ、私たちは美肌になれるのでしょうか?

石鹸で洗うのは1日おきでもいい

入浴法

毎日、体を念入りに洗うのは実は間違っていた!?体には皮脂分泌が多い部分、そうではない部分が分かれています。たとえば、胸の上部分や両脇、肩甲骨中心の背中周りなど、皮脂腺が多いところは毎日洗っても大丈夫です。ですが、二の腕や足は毎日洗うと乾燥を招くことがあるそうです。

タオルでなく、手のひらで洗う

タオルで洗うと、肌の弱い人はそれだけでダメージを受けてしまいます。特に、硬いタオルやスポンジはNG。手のひらで洗うと、肌トラブルの危険性が減りますよ。体の肌荒れ、ニキビ、アトピー性皮膚炎などに悩んでいる人は、手のひらで洗うのがおすすめ!

お風呂中のスマホは我慢

お風呂中にスマホを持ちこんで、ネットをしたりゲームをしたり……実はこれってダメなんです!本来はリラックスすることで副交感神経の活動が優位になる時間に、スマホを見ることで交感神経が活発になります。すると、自律神経が乱れやすくなるでしょう。そのままだと血行が悪くなり、肌荒れやくすみの原因になるかも。
スマートフォンは我慢して、ゆったり時間を過ごしましょう。

お風呂には入浴剤を入れよう

入浴 ビタミンC

わかしたばっかりのお風呂はたしかに気持ちがいい!でも、肌に悪いこともあるのです。水道水に入っている塩素のせいで、肌が荒れてしまう女の子もいるんですって。
そんな時に役立つのはやっぱり入浴剤。日本の入浴剤には、塩素が除去できるものも多く含まれています。たとえば「グルタミン酸」や「アスコルビン酸」。このアスコルビン酸、実はビタミンCなんですよ。

なので、塩素自体が気になるならビタミンCの粉末を入れたり、みかんやゆずを加えてもいいそう。粉末なら浴槽にビタミンCの粉末を0.2~0.3グラム入れればいいそうです。フルーツは半分にカットして浴槽に入れればOKですが、人によっては果汁でかぶれる可能性もありますので、要注意。

ビタミンCの粉末は、ドラッグストアなどで300グラム1000円で購入できます。1回1円で使用できるので、かなり経済的ですね!
もっとこだわりたい人は、塩素が除去できるシャワーヘッドなどを併用してみてもいいかもしれません。

入浴後に体を洗ったほうがいい!?

体をキレイにしてから入浴したいという人もいるでしょうが、体を洗うと肌のバリア機能が失われてしまいます。入浴すると、そのせいで肌がカサカサになってしまう人も、体を洗うのは、入浴後のほうがおすすめです。

肌がふやける前に、お風呂から上がろう

長くお風呂に入っていると、肌がシワシワになります。でも、この状態も肌のバリア機能が低下している状態。そのままでいると、お風呂のお湯の中に、セラミドなどの脂質が流れ出してしまいます!皮脂が必要以上に失われてしまうので、乾燥肌の原因になるんですよ。

髪の毛と体を乾かすのは手早く!

お風呂上がりはお肌もしっとりしていて、リラックスタイムとして有効活用したい!という人も多いはず。でも、体や髪を乾かすのは手早くやりましょう。10分後には、肌の水分量は元通りになります。それどころか、体を濡れたまま放置していると、乾燥肌が進行しちゃいます。

浴室にいるうちに、保湿ケアをしておくのがベスト。湯船から出たらまずタオルで水分を拭き取り、セラミドを含有した化粧水や乳液でケアをしましょう。とりあえず、化粧水だけでも塗ってケアを先にしておくのが大事です。

また、ドライヤーは高温ではなく低温を選び、顔に風を当てないようにしながら乾かしましょう。

まとめ

入浴法にこだわることで、お肌をキレイにできるだけではありません。予期せぬ乾燥やトラブルからお肌を守ることができるのです!キレイなお肌を手に入れたいなら、自身の入浴法について再考してみて下さいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)