menu

二の腕が太くなる原因は?確実にブルブル贅肉を落とせる3つの簡単筋トレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度ついてしまうと、なかなか取れないと言われている二の腕の贅肉。「振袖肉」なんて呼ばれ方もしていますが、そのブルブル贅肉、さっさと対処しないと定着しちゃいますよ!今こそ、二の腕のお肉をとるために動き出そう!そのためにできるコトをご紹介します。

二の腕が太くなる原因とは?

二の腕痩せ 贅肉をとりたい

①脂肪のせい

二の腕には脂肪がつきやすいとされています。お菓子などの糖質を摂りすぎている、高カロリーなものが好き。それなのに、普段から運動をしない。そんな人は、脂肪が原因で二の腕が太くなっていいます!

②セルライトのせい

むちむちのお肉とはちょっと違い、代謝の悪さが原因でなることが多いセルライト。二の腕がボコボコしている、押すと白っぽく変化してなかなか元に戻らない。むくみやすく、冷え症である。こんな女子は、セルライトのせいで二の腕が太くなっている可能性大。しかも、セルライトも放置すればするほど、溜まっていくのです!

③たるみのせい

二の腕のたるみは、筋肉を鍛えていないせいで起こりがち。筋肉を鍛えていないせいで、脂肪がたまりやすくなり、たるみが起こります。二の腕をつまんで皮膚が伸びやすい人は、もしかしたらたるみで二の腕が“成長”しているのかも!?

「姿勢が悪い」「キツイブラジャーをつけている」などの理由でも、二の腕は太くなることがあります。要注意ですね!

二の腕を細くするにはどうしたらいい?

二の腕痩せ スリム体型

二の腕を細くするには、筋肉を鍛えるのがベストです。なお、鍛えるべきは上腕三頭筋です。腕に力を入れて、こぶができるのは上腕二頭筋です。二の腕を引っ張った時に下にぐにーっと伸びるのが上腕三頭筋。ここを鍛えれば、だいぶスリムになりますよ!
上腕二頭筋を鍛えるとムキムキになりますが、上腕三頭筋を鍛えるとだいぶ体が引き締まります。シルエットもほっそりして見えるのでおすすめです。

二の腕を細くする方法「壁で腕立て伏せ」

①二の腕を細くするのにいいとされているのが、壁を使った腕立て伏せ。まず、壁に向かって肩幅くらいに腕を開き、壁に手を突きます。脇は開きすぎず、軽く締めましょう。

②壁に向かって腕立て伏せをします。ゆっくりと肘を曲げ、曲げた状態で数秒キープします。最長で5秒ほどキープしましょう。肘は外側に曲げないように注意します。

③また数秒かけてゆっくり元の状態に戻します。これを10回ほど繰り返します。

続行してだいぶ慣れてきたと思ったら、壁と体の距離を徐々に離すのもおすすめ。それだけで難易度がアップします!

二の腕を細くする方法「椅子スクワット」

①体重をかけても動かないタイプの椅子(コロコロなどがついていないタイプの椅子)を用意します。そして、椅子に背中を向けて立ちます。そのまま、体を沈めていき、椅子のヘリに両手を置いて、腕で体を支えます。膝が90度の角度に曲げ、すねと背筋は椅子の背もたれ同様、地面に垂直の角度にします。太ももは地面に平行になるようにしましょう。

②脇はしめたまま、二の腕を意識して、ゆっくりと腰を落とします。今度は肘が90度になるまで腰を落としていきましょう。背筋は伸ばし、肘は開かないように意識します。90度まで肘を曲げ、腰を落としたら、あごを上げましょう。肩甲骨を寄せているのを意識しながら、10秒ほどその姿勢をキープします。

こうやって肩甲骨を意識することで、脂肪が燃焼しやすくなります。

二の腕を細くする方法「腕ひねり」

①まず、両腕を上にあげます。まっすぐ上げましょう。

②上げた手の拳を握ります。グーの形にして下さい。できるだけ硬く握ります。

③握った拳を内側にひねり、次に外側にひねるという動作を繰り返します。腕をひねる時には、これ以上ひねれないというところまで頑張ります。

④このひねる動作は30回ほど連続して行います。腕がだるくなっても、我慢して続けましょう。なお、テレビを見ながらなど、“ながら運動”としてやってもいいでしょう。

慣れてきたら、回数を増やします。1日5セットくらいを目標にして、毎日続けるようにしましょう。

冷えた二の腕は温めよう

体は冷えてしまうと、脂肪をつけて温めようとします。なので、ダイエットをするなら冷えないようにするのはとても大事。体を温めましょう♪温めたほうが筋肉もつきやすくなります。長袖を着るようにする、露出度の高い服装は避けるといったほかに、入浴で温めるようにする、サポーターをつける、湯たんぽやカイロで温めるなどといった行動もおすすめです。

まとめ

二の腕は、放置していても細くなることはありません。まれに体重の減少に伴って細くなることもありますが、運動で痩せないと、細くてもしまりのない、だるんとした印象の腕になってしまいます。これは、筋肉や皮膚がたるんでいるからにほかなりません。キレイな二の腕になりたいなら、面倒かもしれませんが運動も続けるようにしたほうがいいですね。肩甲骨や腕の筋肉をしっかり鍛えると、バストアップや肩こりにも効果絶大です♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)