menu

顔のうぶ毛が濃いと損をする!正しい脱毛方法を実践しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛といえば、腕、脇、足、アンダーヘアーなど気にすべき点はいっぱいあります。でも、ひとつ忘れていませんか?
そう、顔のうぶ毛です。顔のうぶ毛が濃い人は、ちゃんと処理しないと「ヒゲが生えているみたい」なんて思われてしまうこともあります。また、顔色が悪く見える人は、もしかしたらうぶ毛を処理するだけで、きれいで明るい肌の色になれるかも!

しかし、肌を傷付けてしまったり、余計にうぶ毛が濃くなってしまうことのないように、ちゃんとケア方法を知っておきましょう。

■顔のうぶ毛を処理すれば、メリットがたくさん!

・顔の本来の色が見え、肌が明るくなる
・余分な角質が取り除かれるので、肌の保湿力が増す
・メイクのノリが良くなる
・ニキビ肌の人は、予防効果も期待できる

しかし、顔のうぶ毛をなくすことでニキビがなくなることなんてあるの?と思われる方もいるかもしれません。ですが、皮脂や汗などの老廃物がうぶ毛に絡んでしまい、毛穴を詰まらせることもあります。そういう原因でニキビができやすい人は、もしかしたらお肌の調子が良くなるかもしれません。

でも、うぶ毛を処理する時に肌を傷付けてしまってはダメ!

・何もつけず、そのままカミソリを肌に当てて処理する
(水で濡らしただけもNG)
・暗い場所で処理をする
・同じ場所をしつこく剃る

こういった行為は避けましょう。

■顔のうぶ毛処理の正しいやり方とは?

それでは、どうするのがうぶ毛処理にいいのでしょうか。

まず、乳液やマッサージクリームを使用するのがおすすめです。顔全体にクリームか乳液を薄く伸ばし、皮膚の上から下へカミソリを滑らせます。この時に、軽く撫でるようにしながら剃っていくのが基本です。 下から上に剃ると、肌が傷付くかもしれませんので注意しましょう。

頬やこめかみ、鼻のまわり、口元、アゴのラインを処理しましょう。
アゴの下・裏側も忘れずに剃ることをおすすめします。

その後はお湯で流すのではなく、蒸しタオルでクリームや乳液を優しくふき取るのがおすすめです。
さらに、その後は保湿を忘れないで。

ここでよかれと思ってマッサージをする人もいますが、処理した後の肌は敏感になっています。あまり刺激しないほうがいいでしょう。
また、顔剃りの後はメイクも避けたほうが無難です。

なお、気になるからと言って毎日処理するのはやりすぎです。
気になる人は1週間に1度くらい、それ以外の人は2~3週間に1度処理すれば十分です。
さらに、生理中はお肌が荒れやすいので、処理を控えたほうがいいという話もあります。心当たりがある人は気を付けましょう。

古いカミソリも買い換えましょう。
カミソリは浴室に放置せず、乾燥した場所で保管すべきです。除菌などもこまめに行いましょう。それでも切れ味が悪くなったら、面倒くさがらずに交換します。

顔のうぶ毛を処理して、目指せ!モテ肌!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)