menu

歯の黄ばみや着色の原因は?予防出来る方法はこんなにある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モテ女子なら、白い歯を汚すような食べ物は避けて当たり前!いつもの習慣で過ごしていたら、歯がどんどん汚くなるかもしれません。キレイな歯をキープしたいなら、黄ばみや黒ずみの原因を遠ざけ、防止策をとるようにしましょう。しかし、歯が汚れる原因は果たして何なのでしょうか?また、予防できる方法はどれだけあるのでしょうか?今回は、歯の黄ばみや着色汚れの原因と予防策についてご紹介しましょう。

歯の黄ばみの原因とは?

歯の黄ばみ 美白

歯の黄ばみはそもそも「酸蝕症」という症状です。黄ばんだ歯は「酸蝕歯」とも呼ばれています。

というのも、実は、歯のエナメル質は酸に弱いのです。酸が歯の表面を溶かし、そのせいで歯の中にある象牙質が透け、歯が黄色く見えてきてしまうそう。見た目が悪くなるだけではありません。放置し続けると、知覚過敏や虫歯になる可能性もあります。

このような歯の黄ばみの原因は、いろいろあります。もっとも影響が大きいのは食品や飲料です。喫煙習慣でも歯が黄ばむことは多いですが、今回は歯を汚す食べ物や飲み物、そして食習慣について細かく触れていきます。

歯の着色汚れが起きる食べ物って?

歯の黄ばみ コーヒー

・コーヒー

コーヒーの“黒”を作っているクロロゲン酸は、歯の着色汚れの原因になりやすいものです。ちなみに、コーヒーを飲みながら喫煙していると、余計に歯が汚くなりやすいとされています。この組み合わせはやめるか、ちゃんとケアをするのかどちらかを選びましょう。

歯の黄ばみ 紅茶

・紅茶

紅茶はコーヒーよりも安全だと思っていませんか?そんなことはありません。紅茶にはタンニンという成分が入っていますが、これが唾液中のカルシウムなどと結びつき、ステインに変化することがあります。紅茶の茶渋もとっても頑固ですよね。これが歯にくっついたら……?やはり、気をつけなければいけません!

・緑茶

コーヒーもダメ、紅茶もダメ。じゃあ、緑茶は?なんと、緑茶も歯の汚れの原因となりがちです。緑茶に入っているカテキンも、歯の着色汚れの原因になるそうです。コーヒーなどと比べるとまだその効果はゆるやかかもしれませんが、歯磨きは欠かせませんね!

なお、ココアや烏龍茶といった色の濃い飲み物も要注意です!

歯の黄ばみ ワイン

・ワイン

歯を黄ばませる原因となる飲み物として、有名なものといえば「赤ワイン」。それはポリフェノールが入っているからです。ステインのせいで歯が黄ばんじゃった!という女子も少なくないのではないでしょうか。
でも、危険なのは赤ワインだけでなく、白ワインも同じです。白ワインは酸性度が高く、歯のエナメル質を溶かすとされているのです。歯磨きを怠れば、あっという間に歯が黄色くなってしまいます。

・スポーツドリンク

スポーツドリンクは健康的なイメージがありますが、酸性度が高いものも多く、飲みっぱなしは大変に危険です。飲んだらすぐに歯を磨く!位の危機感が必要かもしれません。

・柑橘系の飲料、お酒

オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどは、歯の表面を溶かしてしまう可能性があります。甘いジュースをたっぷり飲んだ後、歯磨きを怠り続けると、虫歯だけではなく歯の黄ばみの原因になりかねません。
また、果実酒にも要注意です。これは柑橘系ではありませんが、梅酒で歯が変色したという話もありますので、お酒を飲んだら歯磨きしないで寝る……なんてことはないようにしたいですね。

歯の黄ばみ チョコレート

・チョコレート

チョコレートもまた、ポリフェノールが豊富。しかも、ワインと組み合わせていただくことも多い食べ物です。でも、この組み合わせは白い歯の天敵です。同時に楽しみたい人は注意が必要なのです。

・カレー

歯の着色汚れを招く食べ物といえばカレーです。でも、カレーは白いシャツやテーブルクロスなどにこぼしてしまうと、そのシミはなかなか取れませんよね。それは歯も同じです。しっかり歯を磨かないと、歯が汚くなるんです!

・ブルーベリー

ブルーベリーに入っているポリフェノールは、歯を黄ばませる原因になります。抗酸化作用の高さは魅力的ですが、歯を白く保つには向いていない食べ物でしょう。他にもクランベリーなど、ベリー類は歯の着色を招きやすいと言われています。

歯の黄ばみ レモン

・レモン

レモンの原液を摂取し続けると、歯の表面を溶かしてしまいます。歯磨きをするようにして、レモンも摂りすぎに注意すべきでしょう。

・ケチャップ

ケチャップのシミもなかなかとれませんよね!ケチャップもまた、ステインの原因になりやすいと言われています。

・しょうゆ

これもビックリ!しょうゆは大豆からできていますが、その大豆に含まれているイソフラボンはポリフェノールの仲間なんです。だからしょうゆの摂りすぎは色素沈着になってしまうでしょう。

・ソース

ソースそのものもステインと結合しやすいですが、入っている保存料も歯には良くないものが多いとされています。エナメル質も傷付きますし、歯の着色汚れにつながるという情報もあります。

・大豆製品

しょうゆ同様、イソフラボンがたっぷりなので歯が汚くなる可能性があります。納豆なども食べる際には注意が必要かも!?

歯の黄ばみ 緑黄色野菜

・緑黄色野菜や野菜ジュース

ほうれん草などの色の濃い野菜でも、ポリフェノールが豊富なものは歯を黄ばませる可能性があります。また、野菜ジュースなどに加工しても同様。毎朝スムージーを飲んで健康的に過ごそう!という心意気は大事ですが、その後に歯をキレイにしないと、汚い歯になってしまうかもしれません。

・ニンニク、ネギ

ニンニクにはイオウが入っています。温泉の湯にも含まれていることが多いイオウですが、この成分が歯の黄ばみの原因になることがあります。ニオイのもとになるのはもちろん、歯が汚くなるなら歯磨き必至!

歯の黄ばみ 着色料

・お菓子

人工着色料が入っているお菓子は危険です。カラフルな色がつけられている飴やグミ、ゼリーなどは要注意!歯にもくっきりとその色が残ってしまうかもしれません。

・ビタミンCなどのサプリメント

サプリメントのとりすぎも、歯のエナメル質を溶かす可能性が大きくなります。

ちなみに柑橘類の中で酸性度が最も高いのはレモン。炭酸飲料ではワイン、黒酢、コーラの順に酸性度が高いとされています。

歯の黄ばみを促進させる食習慣とは?

歯の黄ばみ 食習慣

チビチビ食べ・チビチビ飲み

飲むのが遅い人や味わって食べたいという方は、飲食をゆっくり行うもの。でも、コーラやコーヒーをゆっくり飲むのはトラブルのもとになります。たとえば、時間をかけてコーラを飲むことで、歯のエナメル質はどんどん溶けていきます。

コーヒーやコーラを頻繁に飲む

コーヒーやコーラ、赤ワインなどをそれだけ頻繁に飲んでいると、やはり歯の黄ばみが促進しやすくなるのです。

レモンを直接齧る

爽やかなイメージがある「レモンを直接齧る」という行為。でも、これも歯を酸にさらしているんです!直接ガリッと齧るのはやめましょう。

酢を飲む

美容やダイエット目的で大量の酢を飲むと、歯を溶かします。飲み方のルールはちゃんと守りましょう。

うがい薬を頻繁に使う

うがい薬の中には、歯を黄ばませる成分のものも入っています。あまりに頻繁に使用すると、歯の黄ばみがひどくなってしまうかもしれません。

温泉のお湯を飲む

健康にいい温泉の湯は、たまに「飲料用としても利用できる」とあります。しかし、酸性の温泉だった場合、歯がとんでもないことになるかもしれません。飲む時にはご注意を!

歯の黄ばみを予防するには?

歯の黄ばみ 予防

・食前食後に、水で口をゆすぐ

口の中をできるだけ中性に保つことが、歯をキレイにする秘訣です。だからこそ、食後だけでなく食前にも歯をゆすぐようにしてみてはいかがでしょうか?
特に、ワインや紅茶、コーヒーなどを飲んだ後に水でうがいをするだけでも汚れを防ぐことができます。また、喫煙した後もうがいをするといいそうです。

・食後にちゃんと歯磨きをする

食事をしてから30分後に歯磨きをすると、唾液の影響で口の中が酸性やアルカリ性から中和され、中性に近い状態になるそう。そのタイミングで歯磨きをするといいそうです。
食後すぐに歯磨きをするといいという説もありますが、食事をした後は口の中が酸性に傾いています。そのまま張り切って歯磨きをすると、口の中のエナメル質が傷付きやすくなるそうですから、時間をおいてから磨きましょう。「さっさと磨かないと虫歯が心配」「歯はスムーズに磨きたい」という人は、よく口をゆすいでから優しく磨くことをおすすめします。歯ブラシも柔らかいものを選びましょう。

また、酸性度が高い食べ物を味わった後は、お茶などを飲んで口の中に残っている酸を中和することも大事です。お茶はステイン汚れの心配のないものを選びましょう。

・定期的にホワイトニング歯磨きで磨く

歯の黄ばみが気になる人、歯が黄ばむ食べ物が好きな女の人はホワイトニング歯磨きでキレイにしましょう。ただし、研磨剤の入っている歯磨きを頻繁にしすぎると歯が傷付いてしまう可能性があります。
ある程度間隔をあけながら歯を磨くようにしましょう。

・鼻呼吸を心がける

呼吸をする時、口で息をしている女性は意識して鼻呼吸をするようにしましょう。口で呼吸をすると、口の粘膜が乾燥しがちになります。そうすると、歯も変色しやすくなるでしょう。

・濃いコーヒーや紅茶、緑茶は避ける

濃いコーヒーを眠気覚ましに飲む人もいますが、歯が汚れる原因のひとつになります。コーヒーはアメリカンに、紅茶も薄めにして飲むといいそうですから、歯を汚したくない人はぜひ気を付けて!

まとめ

歯を黄ばませないためには、原因となる食べ物や飲み物をできるだけ避けること。また、タバコを吸う人は禁煙するか、歯磨きを丁寧にするようにしましょう。
また、歯についた汚れはうがいなどでこまめに落とし、ホワイトニング専用歯磨き粉で時々ケアをすることも忘れないようにしたいですね!

歯の汚れが気になる女の子は、今こそその汚れをケアして、キレイな歯を手に入れましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)