menu

10分で100kcal消費できる!フラフープダイエットで脂肪燃焼♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジムに通わなきゃと思っているけれど、やはり億劫。お金もかけたくないし、ジムまで出かけるのも面倒くさい。そんな女子におすすめのダイエットが「フラフープ」です。フラフープは日本では、子供向けの玩具というイメージがあるかもしれません。ですが、そんなことはないのです。フラフープは、なんと「10分間続ければ、100キロカロリー消費できる」とされる有酸素運動なのです。消費カロリーが高く、気軽に続けられるのが魅力のフラフープ。気になる人は要チェックです♪

フラフープダイエットの効果とは?

フラフープダイエット

フラフープダイエットの効果は絶大です。というのも、フラフープは本来、エクササイズグッズなんです!その効果についておさらいしましょう。

①脂肪燃焼

有酸素運動なだけあって、脂肪を燃焼するのにぴったりなのがフラフープダイエットです。続ければ基礎代謝もアップ!スリムな体型になれるでしょう。
しかも、フラフープならば場所も選ばず、天気にも左右されません。テレビを見ながら、音楽を聴きながらやることもできるでしょう。

②体幹を鍛えられる

フラフープでは、効率的にインナーマッスルを鍛えることができます。体幹を鍛えれば、やはり代謝が上がるんです!効率的に筋肉を鍛えれば、筋肉量が増えてそれだけでも痩せやすい体になれるでしょう。

③骨盤矯正

現代女性の多くが、骨盤の位置がズレてしまいがち。でも、骨盤がズレると体型が崩れてしまうということ、知っていましたか?でもフラフープを続けると、骨盤の位置が矯正されます。でっぱっていた下腹が自然と元の位置に引っ込みやすくなるので、体型意地にも役立ちます。ウエストをくびれさせたい女子にもぴったり♪

④便秘解消

フラフープで下腹部が刺激され、便秘も解消します。お通じがなかなかないことが悩みの女性も、フラフープを続ければ刺激になりますし、筋肉が鍛えられ、便を押し出す力もつきます。

これ以外にも、普段から使用し続ければ腰痛防止に役立つフラフープ。しなやかでスリムな体が欲しい人にはおすすめ!

フラフープの選び方

フラフープはダイエットや脂肪燃焼に役立つとされています。でも、フラフープにもいろんなタイプのものがあります。子供向けの玩具に近いものから、エクササイズフラフープもあります。
おすすめはやはり後者です。しかし、エクササイズ用のフラフープは高いのでは?と心配になる人もいるかもしれません。でも、そんなに高額ではないので、安心して購入しましょう。

値段よりも気にするべきなのは、身長やウエストサイズに合ったフラフープを購入することが大事です。普通体型の方は直径90センチから95センチのフラフープを選ぶといいそうですが、ぽっちゃり体型など、胴回りのサイズが気になる女性は専門店で購入するか、詳しく説明が記載されているサイトで購入することをおすすめします。

フラフープダイエットのやり方とは?

フラフープダイエット 脂肪燃焼

フラフープでダイエットするなら、最初から毎日やらなくても大丈夫。週に3~4回やるだけでも十分だという声もあります。なお、1回10分程度で大丈夫。もちろん、早く効果をあげたい人は朝10分、夜10分と1日合計20分やってもかまいません。

また、フラフープを回す時にも注意が必要です。体は緊張させず、適度にリラックスします。足は肩幅程度に開きましょう。どうしてもストンとフラフープが落ちてしまう人は、足の幅をちゃんととれていない可能性があります。また、フラフープを右回しにする時には右足を半歩前へ、左回しにする時に左足を半歩前に出すことで、安定してまわしやすくなります。そしてフラフープを回す時には、その回転に合わせて腰を動かすとすぐ落ちてしまいますので、腰を前後させて、フラフープがうまくまわるようにしましょう。膝を少し曲げると、回転させやすくなります。

今までフラフープをやったことがない人は、少しずつチャレンジしてみましょう。10分間回し続けられない人は、途中で休憩を挟みながらやってみて下さい。
とはいえ、ダラダラやってもその効果は得られません。右回し・左回しと交互に続けることはもちろん、回している最中に「ちょっとつらいな」と思うくらいの気持ちでやりましょう。

フラフープダイエットの注意点

フラフープをする時に気を付けたいことはいくつかあります。たとえば、腰が痛い時にはフラフープを行うべきではありません。腰痛がますますひどくなる可能性があります。フラフープをしている途中に腰がグキッと痛みを感じたら、すぐに止めて下さい。
また、当初から飛ばしすぎないこと。フラフープを始めてから間もない時には、やりすぎないようにしましょう。
さらに、フラフープをする前やした後は、ストレッチをするようにしましょう。背筋や腹筋、アキレス腱などをしっかり伸ばすことをおすすめします。

まとめ

お気に入りの曲を聴きながらフラフープをすると、楽しみながらまわすことができます。その曲が終わるまで続ける……というのもいいですね。リズムに合わせてスリムになりましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)