menu

痩せたいのに痩せられない!太りやすい人の特徴とは?誰でも痩せられる3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太るのは一瞬なのに、痩せるのは何倍もの時間がかかります。「ダイエットするのって本当に大変……」でも、どうしても痩せられないなら、あなた自身に問題があるのかもしれません。

今回は、ダイエットに失敗してしまう傾向の高い人をご紹介します。

痩せられない人 なぜ痩せられない?

①栄養の摂り方が間違っている

ダイエット中だから痩せるために食事量を減らしているが、そのせいで必要な栄養が摂れていない人がいます。たとえば、春雨サラダや春雨スープに、水やお茶。白米は全部食べず、半分だけ残す。こういう食べ方は一見、ダイエットにいいように思えるかもしれません。ですが実際のところ、そんなことはないのです!ダイエットに必要なタンパク質やビタミン、ミネラルまで制限してしまうと、結局痩せやすい体質になることはできません。むしろ、太りやすい体質になってしまう可能性があるのです。

まずは栄養素に関して、正しい知識を身につけるべきでしょう。

②今までの自分のスタイルを変えない

いわゆる『頑固』なタイプの人は、ダイエットに成功しにくいと言われています。それはなぜでしょうか?
ダイエットをして痩せるためには、時間もお金も体力も必要です。ジムに通ったり、ヨガを習ったりするのも、やはりお金がかかります。たとえ無料レッスンを利用したり、自分で有酸素運動をしたとしても、スポーツウェアやシューズには絶対にお金がかかりますよね。時間だって必要です。自分の趣味の時間を削ったり、早起きしてダイエットに取り組まなければいけないかもしれません。
また、食生活を変えるのにも手間はかかります。外食をやめて自炊するなら、やはり時間がかかるもの。また、栄養を摂るために野菜をたっぷり購入すれば、食費も跳ね上がるかもしれません。
しかし、こういう変化を面倒くさがっていると、痩せることはできないのです。

自分のスタイルを崩したくない!と思うあまり、他の人の助言を聞き入れられない人も注意してください。ダイエットを3ヵ月、もしくは半年の我慢だと思いましょう。その間だけでも痩せるための努力をしてみよう、と思えば、変わるのも怖くなくなるはずです。

③“ダイエット難民”になっている

ダイエットに失敗しがちな人は、なんにでもすぐに飛びつき、すぐに飽きてしまうことが多いそうです。これは、「楽をして痩せられる方法」を探しているから。流行のダイエットに「流行っているから」とのっかったり、ユニークなダイエットに「これなら簡単そう」とひっかかったり。でも、ほとんどのダイエット法は継続してやることに意味があります。簡単に、楽に、すぐに痩せられるダイエットなんてほとんどありません。

まずは、続けることから始めよう!

それでは、ダイエットを続けるためのコツについてもご紹介しましょう。

痩せられない女の子向けダイエット

①足らない栄養はサプリを摂取して補う

栄養をちゃんと摂取するだけでも、体は健康になります。ちゃんと食事をして間食をやめるだけで、体重が減るのです。できれば自炊して摂取すればいいですが、それが無理ならサプリで補うのも手です。プロテインでタンパク質を摂取すること、さらにビタミンやミネラルを摂取するのもおすすめです。
プロテインというと、「筋肉を鍛えている人が飲むもの」「マッチョ御用達」というイメージがありますが、そんなことはありません。小腹がすいた時にプロテインを飲むだけでも、ダイエットにプラスになるという話があります。

②水をたっぷり飲む

水を飲みすぎるとむくむ、と言われていますが、それは間違いです。水をちょこちょこと飲み続けると、新陳代謝が促され、老廃物も体の外に押し出されます。特に、むくみやすい体質の人は水を飲まなくてはいけません。なお、水だけではそんなに飲めないという人はお茶を飲んでもOK。ただし、お茶よりも水のほうがベターです。

③睡眠時間をたっぷりとる

肥満傾向の高い人は、睡眠不足の女性が多いとされています。食事に気を付けているし、運動もしている。でも、痩せない。そこには、睡眠時間の少なさが関係しているのかもしれません。
まずは、ちゃんと布団で寝ましょう。ソファで寝ても疲れはとれません。また、換気をすることも大事です。空気清浄機を置いて、寝室の環境を整えましょう。掃除もまめに行い、寝具もちゃんと洗濯します。

そうすることで、寝つきやすくなるでしょう。ちゃんと睡眠をとれば、脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌されるようになります。深く眠ることができれば、約300キロカロリーが消費できます。ですが、浅い眠りならば90キロカロリーしか消費できないのだそうです。

まとめ

ダイエットで痩せられないのには理由があります。どうしても自分で理由がわからない人は、肥満外来を訪れてもいいかもしれません。肥満外来というとハードルが高いかもしれませんが、ダイエットについて悩んでいるなら正しい知識を得られるチャンスです。まずは自分の生活を見直し、すっきり痩せられる女性を目指しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)