menu

1日100グラムのキノコを食べると痩せる!下腹がスリムになる「キノコダイエット」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の味覚といえば、サンマや焼き芋と並んで語られるのが「キノコ」。カロリーは低くて食物繊維にも富み、便秘改善にも役立ちます。ダイエットに効果的なので、普段の食事メニューに組み込むだけで痩せた!なんて声もあるんですよ。

キノコには、脂肪を分解し、吸収しにくくする作用があります。食物繊維が腸の動きを活発化してくれますし、油分を体の外に排出する手助けをしてくれるのです。それに加え、血糖値の急上昇をセーブして、血流を改善してくれます。免疫力もアップしてくれ、最近では肌の保水力を上げ、肌荒れを予防してくれる作用があることも明らかになりました。

では、キノコは毎日どのくらいの量を食べればいいのでしょうか?およそ1日100グラムから150グラム、市販されているパックならば1袋を食べるといいそうです。調理をする時には水で洗わないようにしましょう。また、加熱もしすぎないほうがいいです。

それでは、ここからはおすすめのキノコをご紹介します。

キノコダイエットに向いているキノコって?

キノコ ダイエット

①マイタケ

旨味が強く、いろんな料理へアレンジすることができるマイタケ。ご飯と一緒に摂ると、食後の血糖値の急上昇をセーブできます。また、免疫疾患がある人にも効果があるそうです。

②ブナシメジ

マイタケと同じく、メジャーなキノコです。最近では茶色のブナシメジだけでなく、白のブナシメジも販売されているそうです。白ブナシメジは動脈硬化の予防にいいとされています。

③エリンギ

独特のコリコリした食感が美味しいエリンギ。食物繊維の豊富さでは群を抜いています。中性脂肪値を抑えることができる働きがあります。

④シイタケ

キノコの代表格、シイタケ。世界三大キノコのひとつとされています。干しシイタケには、ビタミンDがたっぷり含まれています。

⑤エノキタケ

鍋に入れることが多いエノキですが、汁物にも相性抜群。油分を排出する成分「キノコキトサン」の含有量はトップクラスです。

⑥バイリング

ちょっと珍しいキノコもご紹介しましょう。中国の奥地で採取できる貴重なキノコです。美白効果があるトレハロースを含んでおり、女性におすすめ。白くて肉厚な外観も特徴的で、歯ごたえも柔らかいことで知られています。

⑦ヤマブシタケ

白い糸を丸めた、毛玉のような見た目がなんとも特徴的なヤマブシタケ。こちらも中国では非常に貴重なキノコとして知られています。脳梗塞をはじめとして、血栓症を予防してくれるそう。それ以外にも、認知症を改善する効果があるらしい、なんて意見もあります。

忙しい女性にもおすすめ!「冷凍キノコ」

キノコダイエット 痩せる

仕事と家事が忙しいから、なかなか頻繁にスーパーに行けない。宅配を利用するにしても、キノコがそこまで日持ちしないと思う……。そんな時には、冷凍キノコにすればOK!新鮮なキノコに含まれている食物繊維やビタミンを、そのまま凍らせちゃいましょう。買ってすぐに冷凍すれば、食物繊維やビタミンが摂取しやすくなるんですって!

冷凍キノコは、一般的なものであればどんなキノコでも対応可能。おすすめはシイタケやエリンギ、マイタケです。キノコの石づきは先に切り、食べやすい大きさに切りそろえてからジップロックなどに入れて冷凍します。

炒め物や煮物、スープ、カレーやシチューにおすすめ。火を通す調理法ならばなんでも利用できます。ただし、天ぷらなど、油を大量に使うものには向きません!

調味料代わりになる!時短料理にいい「塩キノコ」

忙しい人におすすめなのは、冷凍キノコだけじゃない!塩キノコもおすすめです。こちらはエノキタケ、シメジ、シイタケなどがおすすめ。キノコ300グラムに、酒を大さじ2、塩は小さじ1強ほど加えて作ります。

まず、キノコは石づきを切って細かく刻みましょう。そして、鍋にキノコを入れて必要な調味料(酒と塩)を入れて火にかけ、ふたをします。弱火で5分ほど加熱し、時々混ぜていきます。熱が通ったら、保存用の容器にキノコを移します。冷まさなくても大丈夫。熱いまま、容器に移しましょう。この状態で1週間は保存することができます。米に混ぜて炊き上げれば炊き込みご飯になりますし、納豆に混ぜるとそれだけでおかずになります。トーストの上に乗せてチーズをかけて焼いても、ピザ風で美味しいです。

キノコを調理する時の注意点

まずキノコを調理する時には、洗ってはいけません!水溶性の食物繊維が流れ落ちてしまうのです。汚れがついている場合には、濡らしたふきんやキッチンペーパーなどで表面を拭く程度に留めましょう。

また、キノコは意外にも傷みやすいもの。買ってから2~3日で消費しきってしまわないと、味が落ちてしまいます。なかなか消費できない場合には、干しておくこともおすすめ。干すことで旨味が強くなります。ざるにキノコを拡げ、風通しがいい場所に置いておきましょう。

まとめ

キノコを毎日食べ続ければ、無理なくウエストダウンすることも可能。便秘改善にも役立ちます。お通じが良くなれば自然と体重も減りますし、便秘薬を頼らなくても良くなるのは嬉しい!普段の料理の上にキノコをトッピングして食べても美味しく続けられますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)