menu

ダイエットにいい緑茶のキレイになる飲み方とは?4つのちょい足し食材も入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人のお茶といえば「緑茶」だという人は少なくありません。この緑茶が、ダイエットにピッタリだというのも有名ですよね。1日5杯以上の緑茶を飲んでいる人は、死亡リスクが下がるという話もあります。肥満予防や脂肪燃焼効果だけではなく、認知機能が低下するリスクが低くなるとも言われているので、アンチエイジングにもイイ♪
見過ごしがちな緑茶のスーパーパワーに再注目です♪

緑茶は美容にイイ!

緑茶 カテキン

緑茶は本当に美容にいい飲み物です。その効果についてご紹介しましょう。

緑茶を食事中に飲むと、血液中のコレステロールを肝臓の中で処理する機能がアップします。そのため、脂質の吸収も抑制されるそう。内臓脂肪が減少しやすくなるので、痩せたい女子におすすめなんです。なお、濃い緑茶のほうが効果が高いんですって!

これ以外にも、アミノ酸であるテアニンがリラックス効果をもたらしてくれます。冷水で入れた緑茶は、ストレスを和らげてくれるでしょう。

緑茶は運動と組み合わせてもいいのです。緑茶を飲んでからウォーキングなどの有酸素運動を行うことで、体脂肪も減少しやすくなるでしょう。また、緑茶でうがいをすれば口臭の予防にもなります!緑茶に入っているカテキンは、口の中の細菌を増殖させないようにする効果が期待できるのです!殺菌作用も高いので、口の臭いもカットできるというわけです。

これ以外にもいろんな健康効果もあるんです。

・動脈硬化を予防する

緑茶に入っているカテキンは抗酸化作用があり、血液をサラサラにします。血管も柔らかくなりますし、悪玉コレステロールを抑制してくれるともされています。

・脳出血などのリスクが下がる

脳梗塞や脳出血の原因となる、 高血圧や動脈硬化を予防してくれます・

・ガンを予防できる

カテキンはガン細胞の増殖を抑制するとされています。抗酸化作用が、発ガンを促すとされる酵素の動きを抑制するのです。特に胃ガンに効果があると言われているのです。

緑茶に入っている有効成分って?

緑茶 キレイになる飲み方

緑茶には美容にも健康にもいい成分が含まれています。

①カテキン

ポリフェノールの一種です。抗酸化作用が高く、体脂肪燃焼効果はもちろん、血液を強く効果もあるんです♪血管を強くすれば、美肌効果もアップしますし、痩せやすい体質を作る第一歩にもなります。

②テアニン

緑茶の旨味成分のひとつです。脳の神経に働きかけ、興奮を抑制。眠りの質を向上させてくれるリラックス効果があるんです!

もうひとつ、カフェインも含まれています。こちらは利尿作用や目をぱっちり覚ましてくれる覚醒作用もあるそう。アルコールの代謝を良くしてくれるので、二日酔いにもいいとされています!

効果的な緑茶の飲み方は?

緑茶は1日4杯から5杯ほど飲むのがいいとされています。茶葉は1人なら2グラムを目安にします。ティースプーンならば1杯分です。お湯は100ミリリットルほど使用しましょう。まとめて淹れてもいいですね。浸出時間は30秒でOK!お茶は90度以上まで熱しましょう。

ただし、リラックスしたいならば水出し緑茶がおすすめ。テアニンの効果は水出し緑茶のほうが高く出るからです。
10度以下の水、もしくは氷水で抽出してもいいでしょう。1時間近くかけて緑茶を淹れれば、まろやかな味わいのお茶が楽しめます。

《水出し緑茶の作り方》

水出し緑茶を作る際には、100ミリリットルの水に対して3グラムの茶葉を用意しましょう。水は水道水で大丈夫です。茶葉をそのままポットの水の中に入れて、蓋をして放置します。そのまま1時間近く冷蔵庫において放置しましょう。色が出てきたら飲み頃です。茶こしを使い、水の中の茶葉を取り除きましょう。そのまま口をつけると雑菌が繁殖するかもしれませんので、コップに注いで飲むことをおすすめします。保存がききませんので、できればその日のうちに飲み切りましょう。

緑茶と組み合わせると美味しい♪おすすめ食材を紹介

①レモン

紅茶に入れるイメージがありますが、緑茶にも合うのがレモン。レモンにはビタミンCが入っており、抗酸化作用が高いのです。レモンの香りに入っているレモニンは、リラックス効果もあります。気分転換にも役立つでしょう。

②ショウガ

ショウガを熱い緑茶に淹れることで、効果がアップします。冷え症を改善する役割もありますし、殺菌作用は免疫力を高めるのに役立つでしょう。ショウガと相性のいいハチミツは疲れを癒してくれ、美肌効果も抜群です。一緒に入れて楽しみましょう♪

③梅干し

梅干しには、血糖値を下げてくれるだけでなく、中性脂肪値・コレステロール値を下げてくれる効果があるのです。他にもピロリ菌を抑制するので、胃がん予防に役立つという研究結果も報告されています。緑茶にそのまま入れるのではなく、潰しながら飲むと美味しくいただけます。

④乳酸菌飲料

台湾で人気の飲み方が、なんと緑茶に乳酸菌飲料を入れるというもの。渋い緑茶も甘みを増し、爽やかな飲み口になります。腸内の善玉菌も増え、便秘も改善しやすくなるでしょう。デザート代わりに食後に飲んでもいいですね。

まとめ

緑茶を飲むと、美人度をアップできる!お水もいいですが、緑茶も頻繁に飲むようにしたいですね。ただし、胃腸が弱い人が必要以上に飲むと胃酸過多や胸やけの原因になることがあるそうです。注意しながら飲んで、美人になろう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)