menu

冬に悪化するガサガサ背中の乾燥の原因は?入浴法と食事を変えて予防しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節になると、どうしてもお肌が乾燥しがち。さらに、厚着をすることも増えてきます。こんな季節に気になるのが、背中の乾燥。「かゆい」と思ったままに適当にガリガリ引っかいていると、肌が荒れて露出が少なくなる夏場には、人には見せられないようなザラザラ背中になってしまった……なんてことにもなりかねません。自分から見えない部分は、チェックが甘くなりがちです。だからこそ、冬場から背中の乾燥対策を心がけましょう!

背中が乾燥する理由とは?

背中の乾燥

季節が下がると、空気が乾燥します。すると、体のあちこちが乾燥してきて、かゆくなってしまうのです。刺激にも敏感になりますので、ウールなどの素材に肌が反応してしまうこともあるでしょう。
ただでさえ、背中は乾燥しやすいパーツです。他の部位と比べると皮脂腺が少ないので、潤いがなくなりやすいのです。でも、顔や手、足に比べると背中は衣服で覆われているところでもあります。それなのに乾燥するの?と不思議に思う人もいるかもしれません。ですが、衣服に覆われている背中のほうがかゆくなってしまう、というのはよくあることなのです。

そして、意外と見過ごされがちなのがお風呂が原因の乾燥。冬場になるとお風呂に入る機会が増えますが、肌を洗いすぎ・浴槽に浸かりすぎのせいで、肌の乾燥に拍車がかかることがあるんですね。

また、アトピーなどのアレルギーをお持ちの方や、ストレスによる肌の不調、病気のせいで肌が乾燥してしまう人もいるそうです。

お風呂に入り方には注意が必要

お風呂に入る時には、まず、絶対に洗いすぎないことが大事です。熱いお湯につかるのが好き!という人もいますが、これは肌に刺激が強すぎることがあります。体は温まっても、かゆくなっちゃう可能性大なんですね。また、洗浄力が強いボディソープを使用するのも避けましょう。肌の弱い人は、天然由来のボディソープや石鹸などを使用するといいですね。
また、長風呂も体質に合わなければ危険です。肌に必要な皮脂まで流れ落ちてしまうので、長湯は乾燥の原因になるのです。ぬるいお湯に、10分から15分ほど入るほうがいいでしょう。

お風呂に入りながら保湿したい人は、入浴剤を利用するのもおすすめです。天然由来のもの、保湿成分が入っているものなど、肌に優しいものを選びましょう。

そして、お風呂上がりにもケアをしていきます。お風呂から出たら、顔だけでなく首や腕、足、背中にも化粧水や保湿クリーム、オイルなどを塗って、肌を保湿しましょう。お風呂から出て時間がかかると、保湿をしてもあまり意味はありません。お風呂から出てすぐに、肌を労わるようにしましょう。

体の内側から肌の調子を整えよう

背中の乾燥 予防

肌の調子は、食べるものにも左右されます。キレイな肌を保ちたいなら、食べ物を変えるのもいいでしょう。たとえば、ビタミンA。皮脂腺や汗腺がうまく動くように助けてくれるのです。また、ビタミンB群もおすすめ。代謝を改善してくれる、肌の再生能力を高めてくれる作用があるそうです。さらに、アンチエイジングにもいいビタミンCも食べましょう。コラーゲンの生成も助けてくれます。さらに、血行を良くしてくれる・抗酸化作用があるビタミンEもたっぷり摂取しましょう。

ビタミンAが多く含まれている食品

鶏のレバー、うなぎ、たまご、ニンジン、しそ、ほうれん草、カボチャ、春菊、ホタルイカ、すじこ

お勧めの食べ方は、「加熱して、油と一緒に摂取する」「ビタミンEが多く含まれている食べ物と一緒に摂取する」というもの。また、野菜の場合にはタンパク質と一緒に摂ることもおすすめします。

ビタミンB群が多く含まれている食品

ビタミンB群には、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンが含まれています。

ビタミンB1:玄米、胚芽米、豚肉
ビタミンB2:レバー、うなぎの蒲焼、たまご、納豆
ビタミンB6:バナナ、ナッツ類、マグロ
ビタミンB12:牛や鶏のレバー、牛乳、魚介類
ナイアシン:マグロ、カツオ、ブリ、牛乳、コーヒー
パントテン酸:牛乳、たまご
葉酸:緑黄色野菜、レバー、たまご
ビオチン:殆どの食品に含まれていて、普通に暮らしていれば不足することはありません。

特に、肌荒れを奉仕したいならビタミンB2を中心に摂取することをおすすめします。

ビタミンCが多く含まれている食品

赤パプリカ・黄パプリカ、パセリ、豆キャベツ、ゴーヤ、ピーマン、レモン、ユズ、柿、キウイ、イチゴ

ビタミンEが多く含まれている食品

ナッツ類(アーモンド)、ヘーゼルナッツ、オリーブオイル、モロヘイヤ、いくら、鯛、うなぎの蒲焼

なお、モロヘイヤは青汁で摂取してもいいでしょう。

まとめ

反対に、辛いものやアルコールはかゆみを強めることがありますので、できれば避けたほうが無難です。背中の皮膚を健康に保つために、できることを今日からしていきましょう!つやつや背中をキープして、キレイを目指しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)