menu

洗浄力が高いシャンプーはダメ?髪の毛を美しく保つシャンプーの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若く見られたいなら、お肌のお手入れと同じくらい気を付けたいのがヘアケア。ボサボサ・パサパサなのがモテないのはもちろん、どっと老けて見えてしまうんです。うねり髪や頭皮の乾燥を放置したら、どんどんモテなくなっちゃいますよ!そのために、まず気を付けたいのがシャンプーです。シャンプーの基本的な選び方を学んで、頭皮や髪の毛を美しく保ちましょう。

どんなシャンプーを選ぶといい?

ドラッグストアやスーパーに行くと、シャンプーは驚くほどたくさん販売されています。どのシャンプーを購入するか?は、かなり悩ましいですよね。価格?CMのカッコよさ?配合成分?口コミ?どれを基準にしても、候補が多すぎます。

なかには、「市販のシャンプーはダメ」「美容室で購入したシャンプーが一番いい」という意見もあります。でも、この意見は間違っています。値段も、高ければ高いほどいいというわけではありません。自分の肌質・髪質にあったものを選ぶことが、何より大事なのです。

洗浄力が高ければいいというわけではない!

洗浄力の高いシャンプーは、たしかに洗髪後すっきりして感じられます。でも、その分肌や髪が傷んでいる可能性もあります。シャンプーするたびに髪の毛がパサついているかもしれません!また、カラーリングやパーマ液で受けたダメージが酷くなる可能性もあります。放っておくと、薄毛の原因にもなりかねません。

この成分は避けよう!NGシャンプーについて知識を深める

正しいシャンプー 美人

シャンプーを選ぶなら、まずは成分をチェックしましょう。洗浄成分を調べることで、シャンプーの効果がある程度は判断できます。シャンプーでチェックすべきは、界面活性剤です。その界面活性剤のなかでも、気にしておくべき成分をご紹介しましょう。

それが「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」です。
『ラウリル』そして『硫酸』という成分は、ぜひ気にするべきアイテムです。こちらは石油系の合成界面活性剤であり、肌が弱い人には刺激が強すぎると言われています。皮膚への浸透力が高く、肌にアレルギーがある人には特におすすめできません。

また、肌にいいと言われているシャンプーも気を付けなければいけません。たとえば石鹸系シャンプーです。
頭皮には刺激が少ないですが、皮脂を取りすぎてしまう可能性は否定できません。薄毛の人は、ますます髪の毛がスカスカになってしまうかも。薄毛は男性だけの問題ではありません。現段階で髪の毛の寮が少ない、ぺったんこになりやすいとお思いの人は気をつけましょう。
さらに石鹸はアルカリ性という性質もあります。髪の毛のキューティクルも開きやすく、そのぶんダメージも残りやすいでしょう。石鹸カスが髪に絡まって残ってしまうと、ゴワゴワになって髪が荒れてしまいます。

正しいシャンプー

もうひとつ、肌にいいとされているのがアミノ酸系のシャンプーですよね。美容室やサロンで使用されているシャンプーも、アミノ酸系のものが多い印象です。肌にも優しく、髪の毛の調子も整えてくれるので、とても評判がいいでしょう。その一方で保湿力が高いので、しっかり洗わないといけません。洗浄力が少し低いという特徴もあるのが難点でしょう。皮脂が人より多く、髪の毛が脂っぽくなりやすい人は2回洗ったほうがいいとされています。

身だしなみに使用している人が多いというのが殺菌系のシャンプー。頭皮が臭いやすい人は必須アイテム!なんて声もありますが、肌荒れの可能性があります。臭いはおさまっても、肌の老化が加速する可能性は否定できません。乾燥肌はもちろん、フケが出てきてしまうかもしれないのです。

傷んだ髪の毛を改善するために欠かせないのが「シリコン」とされていますが、このシリコン、気軽にダメージヘアを改善することができるので、いろんなシャンプーに配合されていることが謳われています。ですが、シリコンによる髪の毛のケアは一時的な効果しかもたらしません。ずっと使い続けていると、もしかしたら髪の毛が逆に傷む原因にもなりかねないのです。つまり、少し使用するぶんにはいいですが、使いすぎると髪の毛に悪いということ。この適量が、素人にはなかなか判断液ないでしょう。
そもそも、シリコンは洗浄力の高いシャンプーに使用されることが多いので、それだけ危険なのです。ただし、人によっては合うという人もいますので、気になる人はお試ししてみても損はないかもしれません。

まとめ

自分にあったシャンプーを選ぶには、いろいろ試してみるしかありません。試供品などを上手に利用しながら、髪質が改善したのかどうかをしっかりチェックする必要があるのです。まずは、気になる商品を試してみましょう。そのうえで「もう少し保湿力が高いものがいいな」「洗浄力が強すぎて、頭皮が荒れているかも」などと確認しながら、購入し続けるものを決めて下さい。
なお、10代の頃は大丈夫でも、年齢を重ねるごとに髪の毛や頭皮のコンディションも変わります。「これじゃないとダメ」と思いこまず、買い替えを検討することも大事です。

自分で選ぶのが難しいという人は、信頼できる美容室や美容師に相談してみましょう。自分の髪質に合ったシャンプーを選んで、正しい洗い方をすれば髪の毛をきちんとケアすることができます!薄毛やくせっ毛も改善できますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)