menu

「痩せ順」を知れば部分痩せが楽になる!部分痩せを実現するのに必要なことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットするなら、まず知っておくべき知識があります。栄養のこと、脂肪のこと、そして「痩せる順番」も知っておきましょう。痩せる順番とは、ダイエットをした時に脂肪が落ちやすい部位のこと。これを把握しておくだけでも、ダイエットがやりやすくなります。

体には、脂肪がつきやすい部位・つきにくい部位があります。比較的ダイエットで痩せやすい場所・そうでない場所があるということです。そのことを知っておけば、より痩せやすくなるでしょう。「ここのお肉がなかなか落ちないの、なんで!?」とイライラしなくてすみそうですね。

体が痩せていきやすい部位とは?

一般的に、痩せやすい・痩せにくい部分は肝臓を目安にするとされています。肝臓から近ければ近いほど痩せにくく、遠ければ痩せやすいとされています。

そのため、手首や足首、腕は最も痩せやすいとされており、次にふくらはぎや肩、上腕のお肉が落ちやすいとされています。太もも、胸、顔、そしてお腹やお尻の順にお肉は落ちにくくなります。

つまり、太ったらまずお尻やお腹にお肉がつくのは当たり前ということですね。
お腹やお尻、顔のお肉を落としたいなら、ダイエットを長期的に頑張る必要があります。でも、顔のお肉はどうして落としにくいのでしょうか?それは、頭部を守るため。頭部には脳みそがありますし、急激に痩せにくい部分とされています。ふくらはぎは比較的痩せやすいと言われていますが、これはむくみがヒドイ女子に限定されます。むくみがとれて細くなる人もいますが、脂肪がむっちりついている場合にはダイエットが必要になるでしょう。

部分痩せはどうしたら成功する?

部分痩せ 痩せる順番

多くの女の子が「胸のお肉は落としたくないけれど、顔痩せしたい!」「お腹だけでもぺったんこになりたい!」など、部分痩せを望んでいるもの。
まず、部分痩せをしたいなら、運動をすることが大事です。その部分だけ筋力を鍛えるようにすれば、スリムになれる可能性が高まります。ですが、部分痩せダイエットでは体重が落ちる効果は期待できません。

食事制限では部分痩せはできません。キレイなスタイルを維持したい・痩せたいとお思いなら、気になる部位を重点的に鍛えることをおすすめします。

有酸素運動をすれば、キレイに痩せる

有酸素運動を続ければ、キレイに痩せることができます。有酸素運動にはウォーキングやジョギング、自転車に乗るサイクリング、水中ウォーキングなどがあります。これらを続けると、内臓脂肪が燃えやすくなるんです!昔は有酸素運動は20分以上続けないと効果が出ないと言われてきましたが、最近ではそこまで続けなくてもいいとされています。つまり、20分以上の運動は必要ですが、こまぎれにしても大丈夫だとされているのです。

なので、毎日ちょこちょこと運動するようにするだけでも効果がアップしそうですね♪

部分的に痩せたい時には、マッサージもいい

部分痩せ スリムになりたい

脂肪がコチコチになってしまっている場合、マッサージを施すのも効果的です。マッサージをすることで、血行が改善します。血行が良くなると、脂肪も落ちやすくなるでしょう。なので、お風呂の中でマッサージをするのもいいですね。ただし、マッサージは即効性があるものでありません。こつこつ続けることで、効果が出てくるものです。気長にマッサージを続けましょう。

湿布を貼るダイエットもおすすめ

部分痩せダイエットに効果があると言われているのが湿布です。湿布は筋肉痛のところに貼るイメージがありますが、実は部分痩せを助けてくれるアイテムのひとつ!貼るだけで、脂肪燃焼効果を強めてくれるんです。

ふくらはぎや二の腕、下腹なども気になる部位に湿布をぺたっと貼るだけで、気になる部分が細くなります。痩せたい場所に貼り付けて、継続的に、かつ長時間湿布を貼り続けます。お風呂に入る時以外は、基本的に貼りっぱなしにするといいかと思います。ただし、ケガしているところには貼ってはいけません。また、かぶれやすい肌質の人も注意が必要でしょう。

顔の部分痩せはどうしたらいい?

多くの女の子が悩みがちな顔の部分痩せ。「小顔になりたい」という子は、何をしたらいいのでしょうか。その理由は脂肪やむくみ、たるみです。おすすめは顔面マッサージ。そして、顔筋トレーニングです。余計なお肉は落ちますしリフトアップにもつながります。塩分やアルコールのとりすぎでむくんでいる人は、食生活を見直してみて!そうすることで、キレイを取り戻すことができますよ♪

まとめ

部分痩せダイエットをしたいなら、まずは痩せやすい部位とそうではない部位を把握すること。お尻やお腹をスリムにしたいなら、長期的にダイエットをしましょう。時間はかかりますが、少しずつ細くなっていく実感を糧にダイエットを頑張りましょう♪
他にも、湿布やマッサージなどちょこちょこと追加でできるものもあります。そういうテクを利用しながら、モテ美女を目指しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)