menu

「巻き肩」も上半身太りを引き起こす!猫背を改善して痩せる方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背筋をピンと伸ばしているはずなのに、なんだか姿勢が良くなった感じがしない。それはもしかして、「巻き肩」なのかもしれません。デスクワークなど、座る時間が多い人がなりやすい巻き肩。この巻き肩を解消しないと、あなたはいつまでたっても痩せられないかも!?その症状の全貌や改善方法についてご紹介します。

巻き肩って何?

でも、巻き肩って何?どんなふうになっていることを指すの?という方のために、簡単に説明しましょう。
巻き肩とは、肩の関節が内向きになってしまった状態で筋肉がこわばってしまい、常に前に肩が軽く突き出しているようになってしまうことを指します。背筋を伸ばすと猫背を予防できる!と思われるかもしれませんが、巻き肩を改善しないと背筋が伸びきった印象は与えられません。肩が前側を向いていると、自然と背筋が丸く見えるのです。肩甲骨の動きも制限されるので、ダイエットにもよくないとされています。

どうして巻き肩になるの?

巻き肩は姿勢が悪い人が自然となりがちですが、最近注目されている原因が「スマートフォン」。スマートフォンを使っているうちに背筋が丸まり、自然と巻き肩になってしまうのです。

巻き肩になると、どんなデメリットがある?

巻き肩 スマートフォンのせい

巻き肩は、まず見た目年齢をあげ、第一印象を悪くします。猫背になってしまうので、「暗い」「オシャレをしていてもドンヨリして見える」など、老けて見られる原因となるのです。巻き肩は人目につきやすい欠点なので、ここを治すか治さないかでかなり印象が左右されます。

肩甲骨付近の筋肉を固いままにしていると、バストの垂れの原因にもなるそうです。また、代謝も良くならないのでエネルギー消費もうまくいかないでしょう。血行も悪くなるので、老廃物も溜まりやすくなります。ということは、ダイエットもうまくいきません。二の腕や胸元などが太りやすくなる人は、ここに原因があるかもしれませんね。

また、スマートフォンをいじりながら巻き肩の体制を維持していると、胸部が圧迫されます。そのせいで、うまく呼吸ができなくなるでしょう。その影響でも血行が悪くなりますので、ますます痩せにくい体質になります。肩こりや疲労感なども増しやすくなり、老けて見られるようになるかもしれません。

巻き肩のセルフチェック方法とは?

巻き肩をセルフチェックする方法はいろいろあります。

①仰向けに寝転び、両手を背中の下に入れてみましょう。この時に、変に肩が浮き上がるようならば巻き肩の可能性があります。

②まっすぐに立ち、脚は肩幅くらいに軽く開きます。両方の腕は体の側面に沿って自然に添えましょう。この時に、手の甲が前に向いてしまっている人は巻き肩かもしれません。

①鎖骨の少し下、バストトップと鎖骨下が交差するあたりを押してみましょう。そこを押して痛かったのならば、巻き肩の可能性大!

以上、3つのチェック法を試してみて、「もしかして私は巻き肩かも!?」と思った人は、どうしたらいいのでしょうか?

巻き肩を治す方法は?

巻き肩を治す方法

巻き肩を治すには、大胸筋や肩甲骨をほぐして鍛えることが大事。

まずは、コチコチになった大胸筋をほぐすことから始めましょう。ただし、むやみに腕を回したりするのは逆効果。肩まわしをしていてゴリッゴリッと音がする場合には、動かしすぎている可能性があります。こういう人は腕回しをしても大胸筋が柔らかくなることはありません。

腕回しではなく、ストレッチやヨガポーズをしながら体をほぐしましょう。

簡単にできるタオルストレッチ

スポーツタオルやフェイスタオルの両端を持ち、ピンとさせるように持ちます。この状態で両手を高く上げましょう。そして、ゆっくりと息を吐きながら、タオルが後頭部、首の付け根部分にくるように腕を下ろします。
この動きを何回か繰り返しましょう。また、上から下にタオルを持った腕を下げた後、体の右側面・左側面を伸ばすようにそれぞれ体を横に倒しながら、腕を伸ばして脇からウエストにかけてを伸ばすと、血行が良くなります。

巻き肩を治すヨガポーズ

背中に両手を回し、両方の手のひらを合わせましょう。指を上向きにするようにして、お祈りをするようなポーズを意識します。30秒ほどこのポーズを維持するだけで、肩甲骨のまわりの筋肉が柔らかくなるでしょう。毎日、スキマ時間にコツコツ続けてみましょう!

スマートフォンの持ち方も変えよう!

スマートフォンも、ただ持つだけではいけません。スマートフォンを持つ時には、体の正面にくるように持ちます。この時に脇はゆるめず、締めましょう。首はまっすぐ伸ばすことを意識します。どちらか片方に体重をかけながら画面を見てはいけません。逆に、画面に顔を近付けすぎたり、前のめりになって首を倒したり、脚を組んだままスマートフォンを見てはいけません。

まとめ

巻き肩になることと、太ることは意外にも強く関係しています。姿勢が悪い・巻き肩であると認識している人は、できるだけ改善するように努め、ストレッチなどのトレーニングで改善を目指しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)